Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

当サイトはあなたのお役に立つために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

【失敗ゼロ】WiMAXのモバイルルーター・ホームルーターの選び方

結論を先に書くと、WiMAXルータ端末の選び方は、持ち運びをする場合でクレードルが必要なければ「W06」クレードルが必要であれば「WX05」ホームルーターでは「L02」を選べば間違いありません。

Broad WiMAXは現在キャンペーン中で『ルーター代金全機種無料』です。

【2019年10月最新】知らないと損!2019年10月はブロードマックスはデビュー以来一番お得なキャンペーンを実施中! 『18,857円の初期費用無料キャンペーン』『最新の全ルーター機種...
WiMAXのモバイルルーター・ホームルーターの選び方
  • 外出先でも使いたくて有線LAN接続もしたい: WX05
  • 外出先でも使いたいけど有線LAN接続は必要ない: W06
  • 自宅のみで使用する: L02

Broad WiMAXをはじめとするWiMAXではルーターをモバイルルーターではW06、WX05からホームルーターではL02、HOME01から選べます。

HOME01は在庫処分として選べるだけでL02は完全に上位互換で性能は上なのでHOME 01を選ぶ必要はありません。

またW06はセットのクレードルが販売されていないので有線LAN接続したいクレードルにセットして充電したい場合は「WX05」を選べば解決します。

京条
WX05には専用クレードルが用意されています。

ここではBroad WiMAXの場合でのルーターの選び方を紹介します。とくとくBB WiMAXやJP WiMAX、SO-net、UQ WiMAX、BIGLOBE WiMAXの場合でも同じ機種を販売しているので選び方は全く同じです。

京条
違いは月額料金とキャンペーンです。Broad WiMAXが性能は同じで一番安く利用できます。

Broad WiMAXで選べるルーター端末(全機種無料)

Broad WiMAXでは現在4つのルーターから選択することができます。手のひらサイズのバッテリーを内蔵したモバイルルーターは、WX05とW06の2機種、

自宅や事務所などの屋内で持ち運びをしないで使うホームルーターはHOME01とL02の2機種から選べるようになっています。

Broad WiMAXで選ばるWi-Fiルーター
  • WX05(モバイルルーター)
  • W06(モバイルルーター)おすすめ!
  • HOME01(ホームルーター)
  • L02(ホームルーター)おすすめ!
Broad WiMAXで選べるWi-Fiルーターの詳細なスペックと比較

WiMAXのモバイルルーターの選び方

Broad WiMAXをはじめとするWiMAXではモバイルルーターではW06、WX05の2つから選択できます。

この2つの選びかたは簡単で『クレードルが必要な場合』はWX05を、『クレードルが不要の場合』はW06を選択するようにすれば間違いありません。

クレードルや有線LAN接続をしたい場合はW06

理由は、WX06にはクレードルの設定がいないのでクレードルを使ってパソコン(PC)やPS4などのゲームと有線接続したりすることができません。

W06は有線LAN変換アダプタでもPS4と有線接続できない

有線LANポートがない、有線LAN接続ができるクレードルがない場合は、「有線LAN変換アダプタ」を使えばいいのでは?と思うかもしれません。

W06での有線LAN変換アダプタでの有線接続
  • W06は有線LAN変換アダプタでの有線接続はできない

この有線LANアダプタをW06に挿しても通信はできないので使えると思って購入しないように注意してください。

結論から先に書くと、W06のWiMAXルーターからクレードルがなくなった理由は有線LANの規格以上の伝送速度の性能になったからです。 W06は1237Mbps(1.2Gbps)の伝送速度...

クレードルや有線LAN接続が必要な場合はWX05

しかしWX05にはクレードル設定があるのでクレードルを使ってパソコン(PC)やPS4などのゲームと有線接続できます。

この理由から、Broad WiMAXではW06、WX05の2つのモバイルルーターの端末として選べるようになっています。

クレードルがいらない場合は、W06のほうがダウンロード速度が1.2Gbps(1200Mbps)と、WX05の440Mbpsよりかなり早いのでW06を選ぶほうがより快適に使えます。

しかし、WX05の440Mbpsでも通常の利用で困ることは一切ないのでWX05を選ぶ人も多いです。ゲームも4Kの動画視聴も余裕でできる通信速度です。

京条
逆に言えばW06が過剰に速度が速いとも言えます。

WiMAXのホームルーターの選び方

Broad WiMAXをはじめとするWiMAXではホームルーターではHOME01とL02の2つから選択できます。

WiMAXのホームルーターの選び方
  • WiMAXのホームルーター: L02を選ぶ

L02はHOME01の上位機種で性能は上なのでホームルーターではL02を選ぶようにしましょう。

WiMAXのクレードルの必要性と機能の詳細

road WiMAXルーターのクレードルが必要な人は「1.有線LAN機能が欲しい場合」「2.WiMAXルーターのアンテナを拡張して電波をつかみやすく速度アップしたい場合」「3.充電スタンド代わりの専用台が欲しい場合」

この3つのうちどれか1つでも当てはまればクレードルは必要です。

WiMAXのルーターのクレードルが必要な3つのケースやパターン
  • 有線LAN機能が欲しい。有線LANケーブルで繋いでネットがしたい
  • WiMAXルーターのアンテナを拡張して電波をつかみやすく・速度アップがしたい
  • 充電スタンド代わりの専用台が欲しい場合

クレードルがあると有線LANポートを装備しているためクレードルをWiMAXにセットすることで有線LANでも無線LAN(WiFi)でもどちらでもインターネットが使えるようになります

WiMAXのルーターのクレードルの有り無しによる接続の違い
  • WiMAXクレードルあり: 有線LANと無線LAN(WiFi)の両方でネット使える
  • WiMAXクレードルなし:無線LAN(WiFi)のみでインターネットが使える

有線LAN接続しかないパソコン(PC)や他の機器をインターネットに繋げたい場合にはクレードルは必須になります。

Broad WiMAXを契約申し込みする時にはクレードルがオプション扱いになっていてつけるかどうかを選択することができます。 結論を先に書くと、Broad WiMAXルーターのクレードル...

Broad WiMAXはルーター代が全機種無料のWiMAX

WiMAXプロバイダの中にはルーター代が有料であるプロバイダもあります。

京条
一見月額料金が安いように見えたりしますが、よく見るとルーター代が分割でかかったりすることがあるので注意が必要です。

Broad WiMAXはルーター代金全機種無料なのに月額料金が最安値のWiMAXです。そのため、一番人気があるWiMAXとなっています。

Broad WiMAXのWi-Fiルーター代金
  • Broad WiMAX: ルーター代金全機種無料
  • 他のWiMAX: 分割払いや一括払いでの購入が必要

Broad WiMAXはとても良心的なのでもし解約したとしてもWiMAXルーターを返却する必要はありません。

WiMAXルーターはSIMフリーのことが多いのでLINEモバイルなどの格安SIMを解約したBroad WiMAXのルーターにさすことでポケットWi-Fiとして使うことができることがで無駄がありません。

ただし、格安SIMをさして使った場合は使い放題ではなくデータ容量の制限が契約している格安SIMのプランのデータ容量となり、Broad WiMAXで契約していたときのような高速な通信はできないのと無制限で使えないので注意が必要です。

京条
せいぜい速度がでても10Mbps程度です(Broad WiMAXは1200Mbps(1.2Gbps))

Broad WiMAXは解約時にルーターの返却がいらない

Broad WiMAXは解約時にWiMAX端末やルーター機器の返却もSIMカードの返却も必要ありません。不要です。WiMAXルーター端末代の負担も発生しません

ただし、Broad WiMAXが設けている新規契約後「8日以内のキャンセル」の場合のみ機器の返却が必要になります。

京条
契約後8日を超えていた場合は、Broad WiMAXは返却物は一切ありません。

新規契約後「8日以内のキャンセル」の場合のみ返却が必要

ただし、1つだけで例外あって、Broad WiMAXを新規契約後「8日以内のキャンセル」の場合のみ機器の返却が必要になります。

京条
Broad WiMAXを普通に使ってきて解約する場合は機器などの返却は一切必要ありません。
しまりすさん
SIMカードの返却もいらないから解約時もスムーズだね
Broad WiMAXを8日以上使ってきたあとの解約時の返却物
  • 返却物なし(WiMAXルーター端末もSIMカードも返却不要)

※通常に使用して解約する場合は返却するものは一切ありません。

Broad WiMAXを新規契約後「8日以内のキャンセル」の場合の返却物
  • WiMAXルーター端末本体
  • SIMカード
  • USBケーブル
  • 充電器(付属していた場合)
  • 保証書
  • 外箱(化粧箱)

※通常に使用して解約する場合は返却するものは一切ありません。

Broad WiMAXは解約時に端末の返却や端末代の負担が必要?

まとめ:WiMAXのモバイルルーター・ホームルーターの選び方

いかがでしたか?WiMAXのルーター端末の選び方は実はとても簡単で、使い方に合わせて端末を選択すれば最高の性能で快適に使うことができます。

ホームルーターはL02を選んでおけば間違いありませんが、モバイルルーターはWX05とW06を使い方によって選ぶ必要があるのでこのあたりを検討してもらえば完璧です。

WiMAXのモバイルルーター・ホームルーターの選び方
  • 外出先でも使いたくて有線LAN接続もしたい: WX05
  • 外出先でも使いたいけど有線LAN接続は必要ない: W06
  • 自宅のみで使用する: L02

Broad WiMAXは今!期間限定で初期費用無料+ルーター無料キャンペーン中

すべてのWiMAXや置くだけWi-Fiの中で「Broad WiMAX」が月額料金最安値で解約金も違約金もかからない爆発的に選ばているWiMAXですが、通常は初期費用が18,857円(税抜)かかります。

しかし、現在は期間限定で初期費用無料キャンペーンとルーター端末全機種無料キャンペーンを実施していて

「クレジットカードで決済」「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入する」の3つすべてを満たした場合は「Broad WiMAX」の初期費用を無料(0円)にすることができます。

「Broard WiMAX」は他のWiMAXプロバイダと同じで初期費用がかかります。

しかし、「Broard WiMAX」は契約時に下記の条件を満たせば初期費用が無料になります

初期費用が無料になっているかどうかは申し込みを確定する前の料金明細でわかるので確実に初期費用を無料にして申し込みができます。

「Broard WiMAX」の初期費用を無料にする3つの条件
  1. Broad WiMAX 専用申し込みwebページから申し込み契約をしていること
  2. クレジットカードで決済していること
  3. 契約時に「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入すること 端末が届いたらすぐにでも解約することが可能

Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーンを適用し18,857円の割引を受けるためには安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションを契約する必要があります。

この安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションは端末が届いたら解約することができるのですぐに解約しておけば月額料金最安値でずっと高速WiMAXインターネットが使えます。

この2つのオプションが不要であればすぐに解約しておくことでWiMAX業界最安値の月額料金でずっと使うことができるので大幅に節約ができます。

京条
2つのオプションをすぐに解約する方法は以下のページで詳しくまとめておきました。
【保存版】Broad WiMAXの初期費用無料のオプションを解約する方法手順まとめ(端末安心サポート・MyBroadサポート)

京条
さらに最新のWiMAXルーター端末が無料になるキャンペーンもやっているのでソフトバンクエアーを含めたどのWi-Fiよりもお得です。