Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

当サイトはあなたのお役に立つために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

【徹底比較】どんなときもWi-FiとBroad WiMAXの違い

【比較】どんなときもWi-FiとBroad WiMAXの違い

「どんなときもWi-Fi」か「WiMAX」のどっちを選ぼうか迷っている方も多いと思います。

結論から先に書くと、通信速度で選ぶなら「WiMAX」、料金、速度制限、最低利用期間で選ぶなら「どんなときもWi-Fi」です。

「どんなときもWi-Fi」か「WiMAX」の比較
  • 通信速度: Broad WiMAXの勝ち
  • 通信エリア: どちらも同じ
  • 月額料金: どんなときもWi-Fiの勝ち
  • 速度制限: どんなときもWi-Fiの勝ち
  • 最低利用期間: どんなときもWi-Fiの勝ち

【比較】どんなときもWi-FiとBroad WiMAXの違い

どんな時もWi-FiとBroad WiMAXの月額料金、通信速度、契約期間、対応している電波、速度制限、端末の選択肢などを比較すると下記のとおりになります。

比較項目 どんなときもWi-Fi Broad WiMAX
月額料金 月額3,480円 月額3,411円(25ヶ月目以降4,011円)
通信速度 150Mbps 1200Mbps
契約期間 2年 3年
電波 4G(LTE) WIMAX,4G(LTE)
速度制限 なし(完全無制限) あり(直近3日で10GB以上で18時〜3時は1Mbpsに制限)
端末の選択肢 なし あり(最新の4つの端末が全て無料)
有線接続 できない できる

どんなときもWi-FiよりもWiMAXが優位のメリット

どんなときもWi-FiよりWiMAXのほうが優位なのは「通信速度」と「有線LAN接続」です。

自宅の固定回線として使う場合は、WiMAXのほうが通信速度もping値もよく優位となります。

1.WiMAXは通信速度が速い

「WiMAX」は「どんなときもWi-Fi」よりも通信速度が速いのが特徴です。「WiMAX」はWiMAX2+という1200Mbpsも出る高速な通信網を使っているので「どんなときもWi-Fi」よりも快適にインターネットが使えます。

「どんなときもWi-Fi」は基本的にdocomo、au、SoftBankの携帯電話の通信網を使って通信をするので専用回線のWiMAXには通信速度は負けます。

「WiMAX」は自宅の固定インターネット回線として使っても十分な性能ですが、「どんなときもWi-Fi」は通信速度があまり速いとは言えないので自宅の固定インターネット回線としては厳しいです。

2.WiMAXは有線LAN接続はできる

「どんなときもWi-Fi」は有線LAN接続が出来ないのでデスクトップパソコン(PC)やPS4やスイッチなどのゲーム機のインターネット回線として使うのは厳しですが、

Broad WiMAXは手のひらサイズのポケットルーターでもクレードルで有線LAN接続ができますし、ホームルーターには最初から有線LANポートが2口ついているので有線LAN接続が必要な場合はWiMAXのほうがメリットがあります。

有線LAN接続するとWi-Fiよりも通信速度も速くなり、ゲームで大事なping値も小さくなるのでゲームをやる場合は有線LAN接続は必須です。

3.通信エリアはWiMAXもどんな時もWi-Fiも同じくらい

「WiMAX」と「どんなときもWi-Fi」は通信エリアは同じくらいです。

  • WiMAX: WiMAXとauの4G LTEのエリアで通信できる
  • どんなときもWi-Fi: docomo、au、SoftBankのエリアで通信できる

という対応エリアになっていますが、auの人口カバー率は99%でdocomoやSoftBankのエリアに未対応でも使えるエリアは同じくらいだからです。

WiMAXの電波があるエリアであれば「どんなときもWi-Fi」よりも高速に通信できるのでWiMAXにしかないメリットもあります。

WiMAXよりもどんなときもWi-Fiが優位のメリット

1.「どんなときもWi-Fi」は月額料金が安い

「どんなときもWi-Fi」は2年契約ですが2年間ずっと月額3480円で利用できます。

WiMAXは月額料金が最安のBroad WiMAXの場合で、「24ヶ月目まで月額3411円」「25ヶ月目以降は4011円」になります。

月額料金は「WiMAX」よりも「どんなときもWi-Fi」のほうが安くメリットがあります。

期間 どんなときもWi-Fi Broad WiMAX
1〜2ヶ月目 月額3,480円 月額2,726円
3〜24ヶ月目 月額3,480円 月額3,411円
25ヶ月目以降 月額4,011円

「どんなときもWi-Fi」は2年契約で利用期間で月額料金は変わらないので契約月から解約付きまで月額3,480円で利用できます。

しかし、WiMAXで最安の月額料金で利用できるBroad WiMAXで比較してみても、最初の2ヶ月間は「どんなときもWi-Fi」よりも安いですが、それ以降は「どんなときもWi-Fi」よりも月額料金が高くなってしまいます。

月額料金重視で選ぶ場合は「どんなときもWi-Fi」のほうがメリットが大きいです。

2.「どんなときもWi-Fi」は速度制限が一切ない

WiMAXにはBroad WiMAXもUQ WiMAXも含めたすべてのWiMAXで3日で10GBの速度制限があります。

しかし、「どんなときもWi-Fi」は完全無制限で使えるので3日で10GBを気にしないで思いっきりインターネットを使うことができます。

比較項目 どんなときもWi-Fi Broad WiMAX
速度制限 なし(完全無制限) あり(直近3日で10GB以上で18時〜3時は1Mbpsに制限)
京条
といっても現在のWiMAXには3日で10GBがすべての利用者に適用されていますが問題に鳴っていないのはベビーユーザーでないとなかなか速度制限がかかるほどギガを使えないからです。

WiMAX2+の速度制限・通信制限の内容の完全まとめ

Broad WiMAXのWiMAX2+のギガ放題プランの通信制限(速度制限)の内容はとても緩く、

Broard WiMAXのギガ放題プランの速度制限
  • 3日で10GB以上使用: 18時〜26時(AM2時)まで1Mbpsに速度制限

Broad WiMAXの速度制限の内容

速度制限がかかる条件とタイミング 直近3日間で10GB以上のデータ通信をした場合※「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」のデータ量の合計が10GB
制限内容 3日間で10GBを超えた日の翌日の18時頃~翌2時まで
制限後時の最大通信速度 1Mbps(実測できっちり1Mbps=1000kbs出ることを確認済みです)

(ソース: Broad WiMAX WiMAX2+ 3日で10GB超過時の帯域制限について

Broad WiMAXの3日で10GB制限がかかる条件

Broad WiMAXを含むすべてのWiMAXにはギガ放題プランで3日で10GB制限があります。

この制限は直近3日間のデータ通信料(転送量)が10GBを超えた場合に翌日のAM18時から朝2時までの6時間の間だけ速度制限されます。

この速度制限は他のインターネットWiFiの終日月末までの速度制限の内容と比べるととても緩くなっていて大量にデータ通信をしても使いやすい回線となっています。

3.「どんなときもWi-Fi」は最低利用期間が2年で短い

「どんなときもWi-Fi」は契約期間(最低利用期間)が2年と短く、月額料金が月額3,480円で契約月から解約月まで一定です。

一方WiMAXはどのWiMAXプロバイダを選んでも契約期間は3年なので他の回線やWi-Fiに乗りたいと思ったときでも契約期間が残っていて乗り換えられない場合があります。

比較項目 どんなときもWi-Fi Broad WiMAX
契約期間 2年 3年

「どんなときもWi-Fi」は契約期間が短いのでWiMAXよりも自由度が高いと言えます。

契約期間(最低利用期間)未満で解約すると1万円程度の違約金がかかってしまうので短いほうがメリットがあります。

だいたい賃貸とかでも2年契約なので、それに合わせて新しいインターネットWi-Fiに乗り換えができるのでありがたいです。

どんなときもWiFiは通信速度が激遅で評判が悪い

どんなときもWiFiには契約後8日間だけ無料で返却できる仕組みになっていますがどうやらその期間だけは通信速度は速いのですが、その期間を過ぎると使えないレベルまで通信速度が遅くなるようで評判はとても悪いです。

京条
正直使えないレベルなのでわたしはおすすめできません。

どこでも繋がりますが通信速度は激遅のが現実です。しかも2年契約なので途中で解約すると違約金を取られます。

どんなときもWiFiは2年契約なので、25ヶ月目の契約更新月以外に解約すると19,000円~9,500円の違約金(契約解除料)がかかります。

契約月 契約解除料
0~12ヶ月目 19,000円
13~24ヶ月目 14,000円
25ヶ月目(更新月) 0円
26ヶ月目以降 9,500円

まとめ:どんなときもWi-FiとBroad WiMAXの違い

このように「どんなときもWi-Fi」と「WiMAX」ではそれぞれメリットがあるので通信速度で選ぶなら「WiMAX」、料金、速度制限、最低利用期間で選ぶなら「どんなときもWi-Fi」を選ぶようにしておけば間違いありません。

「どんなときもWi-Fi」か「WiMAX」の比較
  • 通信速度: Broad WiMAXの勝ち
  • 通信エリア: どちらも同じ
  • 月額料金: どんなときもWi-Fiの勝ち
  • 速度制限: どんなときもWi-Fiの勝ち
  • 最低利用期間: どんなときもWi-Fiの勝ち

基本的には自宅の固定回線やゲーム用のインターネット回線と使う場合はWiMAXがいいですが、それ以外であれば「どんなときもWi-Fi」のほうがメリットが多いので迷った時は「どんなときもWi-Fi」の方がおすすめです。

Broad WiMAXは今!期間限定で初期費用無料+ルーター無料キャンペーン中

すべてのWiMAXや置くだけWi-Fiの中で「Broad WiMAX」が月額料金最安値で解約金も違約金もかからない爆発的に選ばているWiMAXですが、通常は初期費用が18,857円(税抜)かかります。

しかし、現在は期間限定で初期費用無料キャンペーンとルーター端末全機種無料キャンペーンを実施していて

「クレジットカードで決済」「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入する」の3つすべてを満たした場合は「Broad WiMAX」の初期費用を無料(0円)にすることができます。

「Broard WiMAX」は他のWiMAXプロバイダと同じで初期費用がかかります。

しかし、「Broard WiMAX」は契約時に下記の条件を満たせば初期費用が無料になります

初期費用が無料になっているかどうかは申し込みを確定する前の料金明細でわかるので確実に初期費用を無料にして申し込みができます。

「Broard WiMAX」の初期費用を無料にする3つの条件
  1. Broad WiMAX 専用申し込みwebページから申し込み契約をしていること
  2. クレジットカードで決済していること
  3. 契約時に「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入すること 端末が届いたらすぐにでも解約することが可能

Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーンを適用し18,857円の割引を受けるためには安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションを契約する必要があります。

この安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションは端末が届いたら解約することができるのですぐに解約しておけば月額料金最安値でずっと高速WiMAXインターネットが使えます。

この2つのオプションが不要であればすぐに解約しておくことでWiMAX業界最安値の月額料金でずっと使うことができるので大幅に節約ができます。

京条
2つのオプションをすぐに解約する方法は以下のページで詳しくまとめておきました。
【保存版】Broad WiMAXの初期費用無料のオプションを解約する方法手順まとめ(端末安心サポート・MyBroadサポート)

京条
さらに最新のWiMAXルーター端末が無料になるキャンペーンもやっているのでソフトバンクエアーを含めたどのWi-Fiよりもお得です。