Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事がお役に立ちましたらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(*^^*)

【必見】Broad WiMAXの5つのデメリットと短所!

Broad WiMAX (ブロードワイマックス)はメリットがどのWiMAXよりも多いく月額料金が最安、初期費用無料、最新のWiMAXルーターがどれでも無料、通信速度最速で今一番選ばれているWiMAXですが、デメリットや欠点というものが5つ存在します。

Broad WiMAX (ブロードワイマックス)の5つのデメリットは、

1.「契約時に高額な初期費用がかかる」2.「有料オプション加入の条件がある」3.「ライトプランの速度制限が厳しい」4.「サポートの電話が繋がらない」5.「解約時に契約解除料がかかる」です。

しかしこれらのBroad WiMAXのデメリットはここで紹介している対策をすることで確実に回避をすることができます。

ここでは知らないで失敗しないようにBroad WiMAXのデメリットや短所、欠点、その対策についてお役に立てるよう詳しくまとめました。

ここでまとめているデメリットは他のWiMAXでも共通しているデメリットでもあるので契約前にはよく読んで知っておいてくれると嬉しく思います。

スポンサーリンク




Broad WiMAXの5つのデメリットと短所・欠点とは

Broad WiMAXはメリットも多いですが、5つのデメリット(欠点)があります。これらの欠点は契約前に知っておくことでデメリットを回避することができます。

Broad WiMAXの5つのデメリットと欠点
  1. 契約時に高額な初期費用がかかる
  2. 有料オプション加入の条件がある
  3. ライトプランの速度制限が厳しい
  4. サポートの電話が繋がらない
  5. 解約時に契約解除料がかかる

Broad WiMAXのデメリット1.高額な初期費用がかかる

Broad WiMAXは普通に申し込みをすると、初期費用として18,857円がかかります。

他のWiMAXでは初期費用は無料なのがほとんどなので初期費用がかかるのは大きなデメリットです。

【真実】Broad WiMAXは初期費用がかからないで無料

しかし、現在Broad WiMAXは期間限定で簡単な条件を満たすことで初期費用の18,857円を無料にするキャンペーンを実施しています。

Broad WiMAXの最新キャンペーンまとめでも詳しく解説していますが現在も実施中なので下記でまとめている「Broard WiMAX」の初期費用を無料にする3つの条件を満たすとで確実に初期費用の18,857円を無料にすることができるので必ず適用させましょう。

簡単に書くと、インターネットからクレジットカードで契約して、契約時に2つの有料オプションを付けるのを忘れなければ初期費用無料は自動的に適用されます。

「Broard WiMAX」は他のWiMAXプロバイダと同じで初期費用がかかります。

しかし、「Broard WiMAX」は契約時に下記の条件を満たせば初期費用が無料になります。初期費用が無料になっているかどうかは申し込みを確定する前の料金明細でわかるので確実に初期費用を無料にして申し込みができます。

「Broard WiMAX」の初期費用を無料にする3つの条件
  1. Broad WiMAXの初期費用無料申し込みページから申し込み契約をしていること
  2. クレジットカードで決済していること
  3. 契約時に「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入すること ※WiMAXルーター端末が届いたらすぐに解約することができる

「Broard WiMAX」は上記の3つの条件を満たせば、初期費用が無料になります。

インターネットからクレジットカードで契約して、契約時に2つの有料オプションを付けるのを忘れなければ初期費用無料は自動的に適用されます。

「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションは端末が届いたらすぐにでも電話または、スマホやiPhone、パソコン(PC)から「Broard WiMAXお客様サポート」にログインして解約することができます

解約は、電話(0570-022-561)または、「Broard WiMAXお客様サポート」から簡単に解約することが可能です。

Broad WiMAXのデメリット2.有料オプション加入が条件

Broad WiMAXは契約する時に有料オプションの加入や契約が必須という口コミを見かけます。

これは半分本当で半分不正解です。

Broad WiMAXは有料オプションに加入しなくても契約できます。ただし期間限定でやっている初期費用無料キャンペーンを適用させるには「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の2つのオプションを付けないと初期費用無料が適用されないので加入必須と思われていることがあります。

「Broard WiMAX」の有料オプションの加入と契約
  • 初期費用無料を適用させないで契約: 有料オプションの契約は不要
  • 初期費用無料キャンペーンを適用させて契約: 有料オプションの契約は必要

※有料オプションは端末が届いたらすぐにでも解約することが可能

この「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の2つの有料オプションはWiMAXルーターが届いたらすぐに解約することができるようになっています。

この解約手続きを忘れたまま2年ほど使ってしまった人の口コミでは「無駄な有料オプションの料金が毎月かかった」となっていたします。WiMAXルーターが届いた時にすぐに解約手続きを忘れないですればデメリットではなくなるので忘れずに手続きをしましょう。

Broad WiMAXのデメリット3.通常プランの速度制限が厳しい

Broad WiMAXには月額データ使用量が無制限だけど3日で10GB制限のある「ギガ放題プラン」と月間7GBまでのデータ使用量の制限がある「ライトプラン(通常プラン)」の2つがあります。

「ギガ放題プラン」は速度制限がかかる時間帯は18時〜26時(AM2時)までなので日中の昼間は速度制限はかからなく、速度制限がかかっても速度制限が緩いので速度制限中も1Mbps(=1000kbps)の速度がでます

しかし、「ライトプラン(通常プラン)」の速度制限は厳しく月に7GB以上の通信をするとどの時間帯であっても月末まで128kbpsの速度制限がかかります。

なのでWiMAXを契約するほとんどの人が「ギガ放題プラン」を選択しています。

Broard WiMAXのプラン別 速度制限の詳細
  • ギガ放題プラン: 18時〜26時(AM2時)まで1Mbpsに速度制限
  • ライトプラン(通常プラン): 月末まで24時間 128kbpsに速度制限

※速度制限中の速度制限がかかる時間帯と通信速度

速度制限がかかってない状態であれば440Mbpsの通信速度です

WiMAXは断然「ギガ放題プラン」の方が速度制限が緩くライトプランと比べても月額数百円しか料金が変わらないのでこちらを選択したほうが快適に使えます。

実際WiMAXを契約する9割以上の人が「ギガ放題プラン」を選択している実績があります。

Broad WiMAXのプランは「ギガ放題プラン」を選択すべき

WiMAXには「ギガ放題プラン」と「ライトプラン」があることを説明しましたがこの2つのプランでは絶対に「ギガ放題プラン」を選択するべきです。

「ギガ放題プラン」と「通常プラン(ライトプラン)」では月額料金の差はほとんどないですが、「ギガ放題プラン」は「通常プラン(ライトプラン)」にある7GB制限も128kbpsの速度制限もありません

「ギガ放題プラン」は7GB/月を超えてインターネットを使いまくっても月末まで快適に使えますが、「ライトプラン」は月末まで128kbps制限されるので快適度が全く違います。

Broad WiMAXは契約後でもプラン変更が無料で自由にできる

Broad WiMAXは契約後でもプラン変更ができるWiMAXです。

そのため最初はライトプランではじめたけど月7GBではぜんぜん足りなかった場合は、「ギガ放題プラン」に変更することができますし、「ギガ放題プラン」ではじめたけど月7GBも使わない月や月7GBでも毎月足りることが分かったら「ライトプラン」に変更することができます。

このようにBroad WiMAXは他のWiMAXと違ってプラン変更が自由にできることと月額料金が最安で使えることで爆発的な人気があります。

https://twitter.com/cvoSE5roadking/status/959786338231902209

Broad WiMAXのデメリット4.サポートの電話が繋がらない

Broad WiMAXのサポート(057078305または057078305)は電話が繋がりにくいという口コミをよく見かけたりしますが、これは本当です。

実際に土日などにかけると30分ほど待たされることがありなかなか繋がりません。

「ただいま電話が混み合っています。しばらく立ってからおかけ直しください。」という自動音声が流れた時は、混み合っているため下記の時間帯で電話をかけるようにしましょう。

Broad WiMAXの解約の電話が繋がらない時の2つの対策
  • 土曜日や日曜日にはBroad WiMAXサポートの電話は避ける
  • 平日の昼休みの時間帯のBroad WiMAXサポートの電話は避ける

主に混み合うのはこの2つの条件のときなのでこれらの2つの時間帯を避ければ問題なく繋がり解約できます。

Broad WiMAXもちゃんと電話がつながりやすい時間を告知してくれています。

土日の昼の時間帯の場合は30分以上待たされる場合があるので注意してくださいね。

Broad WiMAXのカスタマーセンター窓口の電話の混雑予想

Broad WiMAXのサポートのカスタマーセンター(サポート窓口)電話

火曜日~土曜日の14:00~17:00が繋がりやすくなっております。

リンクライフのカスタマーセンターの混雑傾向にある時期や曜日

Broad WiMAXのサポートのカスタマーセンターの混雑時間
  • 毎月1日〜3日
  • 毎月20日〜25日
  • 毎週 月曜日(月曜が祝日の場合は火曜)

【重要】Broad WiMAXの運営会社はリンクライフ!カスタマーセンターの電話番号と問い合わせ先&解約方法

Broad WiMAXのデメリット5.契約解除料がかかる

Broad WiMAXは他のWiMAXと同様に決められた月に解約しないと解約手数料(契約解除料)がかかります。これはどのWiMAXでも同じです。

しかし、Broad WiMAXだけは良心的なWiMAXプロバイダなので無料で解約できる解約月(契約更新月)が用意されており、解約月に解約すると違約金も契約解除料も無料で解約できます。

Broad WiMAXの解約月(契約更新月)2年契約の場合は25ヶ月目と49ヶ月目、3年契約の場合は37ヶ月目と73ヶ月目に解約をすれば解約手数料(契約解除料)は無料(0円)になりかかりません。

この契約更新月の仕組みもあるのでBroadはユーザー満足度ナンバー1を獲得ていているWiMAXともいえます。

Broad WiMAXは契約更新月に解約すると0円で解約できる

Broad WiMAXは良心的なWiMAXプロバイダなので負担額0円で解約できる契約更新月が設定されています。

この契約更新月に解約すれば最大19,000円かかる契約解除料が0円になりルーター端末やSIMカードの返却なども不要で無料で解約することができます。

Broad WiMAXを解約月(契約更新月)に解約すべき3つの理由
  1. 解約手数料(契約解除料)が無料(0円)で解約できる
  2. WiMAXルーターやSIMカードの返却が不要(いらない)
  3. 解約してすぐにBroad WiMAXを再契約しても各キャンペーンが適用される
京条
Broad WiMAXは初期費用無料キャンペーンで初期費用が0円になるだけでなく解約時も0円で解約できるはじめやすく乗り換えもし易いWiMAXなのです。

Broad WiMAX 2年契約の場合の契約解除料

契約開始からの利用月数契約解除料
0~12ヶ月目19,000円
13ヶ月目~24ヶ月目14,000円
25ヶ月目(更新月)0円
26ヶ月目以降9,500円

Broad WiMAX 3年契約の場合の契約解除料

契約開始からの利用月数契約解除料
0~12ヶ月目19,000円
13ヶ月目~24ヶ月目14,000円
25ヶ月目~36ヶ月目9,500円
37ヶ月目(更新月)0円
38ヶ月目以降9,500円

【超重要】Broad WiMAXは契約更新月(解約月)での解約は違約金も契約解除料も無料

Broad WiMAXの5つのデメリットと短所・欠点まとめ

Broad WiMAXの5つのデメリットと欠点
  1. 契約時に高額な初期費用がかかる
  2. 有料オプション加入の条件がある
  3. ライトプランの速度制限が厳しい
  4. サポートの電話が繋がらない
  5. 解約時に契約解除料がかかる

WiMAX2+の通信速度やエリアはどのWiMAXを契約しても品質は同じです。なぜならすべてのWiMAXはUQコミュニケーションの回線や設備、電波を使っているからです。

そのため月額料金が一番安いBroad WiMAXがトータルでやすくなり大幅に節約することができます。

スポンサーリンク