Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【必見】Broad WiMAXはデータ繰越ができる?繰越がある?

結論から先に書くと、Broad WiMAX(ブロードワイマックス)にデータ繰り越し機能はありません。

データ繰り越し機能はないのはWiMAXで共通です。

Broad WiMAXを始めとするすべてのWiMAXにはデータ容量無制限(使い放題)の「ギガ放題プラン」と月7GB制限のある「ライトプラン」がありますがどちらもデータの翌月繰り越し機能はありません。

WiMAXやポケットWi-Fiにはそもそもデータ繰り越しという制度や機能がないからです。

Broad WiMAXはデータ容量無制限(使い放題)の「ギガ放題プラン」が基本なのでデータ翌月繰り越しをする必要がないからです。

データ繰り越し機能があるのは大手キャリアのdocomo、au、SoftBankと格安SIM(MVNO)だけになります。

Broad WiMAXはデータ繰越機能の仕組みはない

Broad WiMAXにデータ繰り越し機能はありません。

そもそもすべてのWiMAXやポケットWi-Fiにはデータ繰り越し機能やデータ繰り越しの仕組みはありません

そもそもBroad WiMAXはデータ容量無制限(使い放題)の「ギガ放題プラン」が基本なのでデータ翌月繰り越しをする必要がないからです。

月7GB制限のある「ライトプラン」もありますが、契約する9割以上の人が「ギガ放題プラン」を選んでいることもありWiMAXやポケットWi-Fiにはデータ繰り越し機能やデータ繰り越しの仕組みはありません。

Broad WiMAXで選べる2つのプラン

 

Broad WiMAXには「ギガ放題プラン」と「ライトプラン」の2つのプランがあります。

ライトプラン」のほうが「ギガ放題プラン」より月額685円安いですがWiMAXを契約する9割の人が「ギガ放題プラン」を選択しています。

Broard WiMAXのプランの月間データ容量と制限
  • ギガ放題プラン: 月間データ容量の制限はなし(使い放題)
  • ライトプラン: 月間データ容量は7GBまで超えると月末まで128kbpsに速度制限

Broad WiMAXは契約後に月に1回自由に「ギガ放題プラン」と「ライトプラン」の料金プランを自由に変更ができます

あまりインターネットを使わない月はギガ放題プランからライトプランに変更した場合は月額700円の節約ができます。

逆に、ライトプランからギガ放題プランに変更した月には月額料金が700円上がります。

Broad WiMAXの料金プラン変更の方法
  1. Broad WiMAXのサポートサイトにログインする
  2. 「ご契約内容を変更」を選択する
  3. 変更したいプランを選択する
  4. 手続きを完了させる
【保存版】Broad WiMAX契約後に料金プラン変更をする方法

WiMAXやポケットWi-Fiにはデータ繰り越し機能がない

Broad WiMAXをはじめとするすべてのWiMAXやポケットWi-Fiにはデータ繰り越し機能やデータ繰り越しの仕組みはありません。

データ繰り越し機能があるのは大手キャリアのdocomo、au、SoftBankと格安SIM(MVNO)だけになります。

WiMAX・ポケットWi-Fi・格安SIMのデータ繰り越し機能
  • WiMAX: データ繰り越し機能はなし
  • ポケットWi-Fi: データ繰り越し機能はなし
  • 格安SIM(MVNO): データ繰り越し機能あり

Broad WiMAXはデータ容量無制限(使い放題)の「ギガ放題プラン」が基本なのでデータ翌月繰り越しをする必要がないからです。翌月も無制限で使い放題だからです。

データ繰り越し機能があるのは「格安SIM」

データ繰り越し機能やデータ繰り越しの仕組みがあるのは大手キャリアのdocomo、au、SoftBankと格安SIM(MVNO)です。

ただし、すべての格安SIM(MVNO)にデータ繰り越し機能やデータ繰り越しの仕組みがあるのではなく機能を持たいない格安SIMもあります。

回線種別 繰り越し機能 有効期限 消費順
NTTドコモ あり 翌月末まで 当月分から
au あり 翌月末まで 当月分から
ソフトバンク あり 翌月末まで 当月分から
Y!mobile なし
UQ mobile あり 翌月末まで 繰越分から
OCNモバイルONE あり 翌月末まで 繰越分から
BIGLOBEモバイル あり 翌月末まで 繰越分から
IIJmio あり 翌月末まで 繰越分から
楽天モバイル あり 翌月末まで 繰越分から
LINEモバイル あり 翌月末まで 繰越分から
DMM mobile あり 翌月末まで 繰越分から
nuroモバイル あり 翌月末まで 繰越分から
イオンモバイル あり 翌月末まで 繰越分から
mineo あり 翌月末まで 繰越分から

結論: 容量無制限のBroad WiMAXにデータ繰り越しは必要ない

Broad WiMAXはデータ容量無制限(使い放題)の「ギガ放題プラン」が基本なのでデータ翌月繰り越しをする必要がないからです。

月7GB制限のある「ライトプラン」もありますが、契約する9割以上の人が「ギガ放題プラン」を選んでいることもありWiMAXやポケットWi-Fiにはデータ繰り越し機能やデータ繰り越しの仕組みはありません。

Broad WiMAXは固定インターネット回線としても使える通信速度とデータ容量制限無しなので自宅の固定回線として使っている人も多くいます。

京条
最安最速の使い放題のWi-Fiが欲しい場合はBroad WiMAXを選んでおけば間違いありません。

Broad WiMAXは初期契約解除制度があるから安心

Broad WiMAXはユーザー満足度No1を獲得している人気のWiMAXですが、それにはいくつかの理由がありますが、

Broad WiMAXには契約8日以内であれば違約金なしで契約者の都合で解約できる「初期契約解除制度」があるからです。

もし、Broad WiMAX契約後に「電波が入らない、弱い」「速度がぜんぜん出ない」などのことがあれば「初期契約解除制度」を使って

違約金なしでBroad WiMAXを解約することができます。

京条
いわゆるクーリングオフと同様の制度が用意されていて安心して利用できるので人気になっているのです。

Broad WiMAXの初期契約解除制度とは、契約後8日以内であれば違約金なしで自分の都合で自由に解約できる制度です。

一定の範囲の電気通信サービスの契約について、契約書面の受領日を初日とする8日間が経過するまでは、電気通信事業者の合意なく利用者の都合のみにより契約を解除できる制度です。

参照(PDF):総務省資料 電気通信サービスの消費者保護ルールの見直し

Broad WiMAXの初期契約解除制度を使うと解約時にかかる費用もなく、契約時にすべてのプロバイダだけでかかる約3,000円の事務手数料だけで解約することができます

ありがたいことに月額料金の支払いも免除されます

WiMAXは月額料金が一番安いBroad WiMAXを選ぶのが損をしない

WiMAXプロバイダは多くありますが、2019年現在一番性能が高くてコスパがいいWiMAXはBroad WiMAXです。

Broad WiMAXはどのWiMAXプロバイダと比べても月額料金最安値で解約金や違約金なし、初期費用無料、通信速度は最速クラス、端末代0円で自分が好きな端末を選べるという好条件のWiMAXプロバイダで「はじめてのWiMAX=Broad WiMAX」というほど選ばれています

Broad WiMAXは月額料金最安の安さでも高性能で、他のWiMAXプロバイダに劣っている部分はありません

Broad WiMAXは月額料金も2年間のトータルコストも最安なので、インターネット回線に詳しい人だけでなくはじめてのWiMAXを契約する人にも爆発的に選ばれているコストパフォーマンスNo.1のWiMAXプロバイダです。

各WiMAXプロバイダの月額料金比較

プロバイダ名 月額利用料(~24ヶ月目)
Broad WiMAX(ブロード ワイマックス)

※WiMAX業界最安値の月額料金

3,411円
(2か月間は2,726円)
UQ WiMAX 4,380円
(3か月間は3,696円)
GMOとくとくBB 4,263円
(2か月間は3,609円)
BIGLOBE(ビッグローブ) 4,380円
(2か月間は3,695円)
So-net WiMAX 4,180円
(2年間料金はそのまま)
@nifty(ニフティ) 4,350円
(2か月間は3,670円)

WiMAXプロバイダは全部で20社以上あり月額料金が安いメジャーなプロバイダを6社取り上げました。その中でもBroad WiMAXの月額料金は最安です。

しかも期間限定で今だけ初期費用無料キャンペーンをやっているのでさらにお得に高速インターネット回線を持つことができます。

タイトルとURLをコピーしました