Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

当サイトはあなたのお役に立つために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

【必見】Broad WiMAXはセキュリテイ対策済みで安心安全

Broad WiMAXは回線もWiFiも暗号化されていてセキュリティ対策が万全なので他人に勝手に使われたり、電波を盗聴されたり、情報を盗まれることはありません。

Broad WiMAXは現時点で最強の暗号化方式である「WPA2」と「AES」に対応していて、現時点でデータの解読やパスワードの解読やパスワードの不正入手をすることは不可能になっています。

Broad WiMAXは63ケタ(16進数入力の場合は64ケタ)の強力なパスワードでも保護されています。また、SSIDというネットワーク名を隠すこともできるので安心して使うことができます。

Broad WiMAXはセキュリテイ対策済みの暗号化されたネット回線

Broad WiMAXは最新の暗号化技術で暗号化されているためセキュリティも万全です。

Broad WiMAXのWiMAXルーターの通信は強力なパスワードで守られており回線も暗号化されています。

そのため、パスワードを知らない他人は勝手に自分の回線を使ったりWiFiの通信内容を解読したり覗いたりすることはできません。

このパスワードは自分のWiMAXルーターの画面に表示することができるので忘れることはありませんが、WiMAXルーターを紛失した場合でWiMAXルーターのパスワード設定をしていないバアヒア勝手に自分のWiMAXルーターを使われてしまう可能性があります。

京条
紛失した場合は、回線の停止ができるので紛失時も安心な仕組みになっています。

Broad WiMAXのセキュリティはUQ WiMAXと同じレベル

Broad WiMAXは本家WiMAXといわれるUQ WiMAXの回線と電波を使っています。

そのためBroad WiMAXのセキュリティレベルはUQ WiMAXと同じです。Broad WiMAXは月額料金が最安値のWiMAXですがセキュリティはトップレベルとなっています。

またWiFiの電波も現時点で最強で絶対に破ることができないとされているTKIPやWPA2に対応しており強力に暗号化されています。

Broad WiMAXルーターを紛失した時はすぐに回線停止ができる

Broad WiMAXは紛失や盗難、なくした時に端末の利用の一時停止処置ができるようになっています。一時停止処置をすると回線が停止されてインターネットの利用ができなくなります

京条
もし一時停止処置をしたあとにBroad WiMAXルーター端末が見つかった場合は一時停止処置を解除してもらえます。

Broad WiMAXルーター端末の紛失時に怖いのが不正アクセスや犯罪に自分のルーターが使われるということですが心配する必要はありません。

WiMAXルーター紛失時のBroad WiMAXの一時停止処置の方法

Broad WiMAXのルーター端末を紛失や盗難、なくした時は下記のBroad WiMAXお客様サポート窓口に電話をして「一時停止処置をしてほしい」と伝えることで回線の一時停止をしてくれます。

Broad WiMAXお客様サポート窓口の詳細
  • Broad WiMAXお客様サポート窓口: 0570-002-561
  • 受付時間: 午前11時〜午後18時
  • 受付日: 月曜日〜土曜日(日曜日は非営業日)

ただし、一時停止処置をしてもそのまま端末が見つからずに翌月になった場合は、翌月の月額料金が発生してしまいます。

また、ルーター端末を見つけて利用を再開したい場合もこちらのBroad WiMAXお客様サポート窓口に電話をすることで再開することができます。

Broad WiMAXルーターを無くした紛失・盗難された時の対処方法手順

Broad WiMAXのセキュリティ対策と暗号化技術の詳細

Broad WiMAXの暗号化技術その1:「WPA2」

WPA2は現在すべての暗号化技術の中で一番強力で強度が高い暗号化技術で解読されていない最新技術になります。まず解読されてデータを盗まれたり覗かれたりすることがありません。

8文字以上63文字以内の半角英数字か半角記号もしくは64桁の16進数(0から9の数字とA~Fの英字の組み合わせ)でパスワードを決めることができ、Broad WiMAXルーターはすべてのルーターがこのWPA2に対応していて使用することが推薦されています。

WPA2で暗号化設定がされた状態で発送されてくるのでデフォルトのパスワードが使いにくい場合は自分のわかりやすいパスワードに変更すればすぐに使えるようになります。

このWPA2は解読にスーパーコンピューターでも数億年かかるとされていて解読することは事実上不可能です。

これだけ強力な暗号化技術ですが、iPhoneやiPad、Androidスマホやタブレット、Windows7以上のパソコンもWPA2に対応しているのでインターネットに接続したい端末でパスワードを入れるだけで簡単にWiMAXルーターのWiFiでインターネットの接続できるのでとても便利です。

Broad WiMAXの暗号化技術その2:「WPA-TKIP」

TKIPとはWPAという暗号化方式に使われる暗号化プロトコルで、後述するWEPの暗号化の脆弱性を改善した暗号化方式です。

接続する機器がWPA2に対応していれば使うことがありませんが、WPA2に対応していないゲーム機などはWPA-TKIPの暗号化方式で接続してインターネットに繋げることができます。

ただしセキュリティレベルはあまり高くなりので時間をかけれたら解読されてしまいます。

Broad WiMAXの暗号化技術その3:「AES」

AESとはWPA-TKIPの脆弱性を改善し、さらに強力に暗号化する方式になります。

この方式は基本的に解読されることはなくすべてのBroad WiMAXルーターはAESに対応しています。もちろんiPhoneやiPad、Androidスマホやタブレット、Windows7以上のパソコンもAESに対応しているので簡単に使うことができます。

解読されたりデータを盗聴されたりすることはまずありません。

Broad WiMAXの暗号化技術その4:「WEP」

WEPは暗号化技術の初期段階に開発された暗号化方式です。

実はセキュリティレベルは高くなくほんの数分で解読されてしまいますので、今は特別な理由はなければWEPを使う必要はなく解読不可能なWPA2に変わってきました。

しかし、一部のゲーム機などではWEPでないと接続できないものもあり、設定で変更することによりWEPの暗号化方式を使うことができます。

ただし、解読には特別な知識が必要なので普通の環境で使用する分には解読されたり勝手にWiMAXのインターネット回線にタダ乗りされたりすることがありません。

Broad WiMAXの暗号化技術その5:「SSIDを隠す」

Broad WiMAXルーターにはWi-Fi(無線LAN)でインターネットに接続する時に必要なSSIDというネットワーク名を隠すことができます。

じつはパスワードがわかっていてもこのSSIDがわからないと通信を傍受することも解読することもかってにタダ乗りしてインターネットを使うこともできません。

SSIDを隠すことはSSIDステルスとかESS-IDステルス機能とか言われますが、SSIDを隠していると自分のWiMAXルーターが発信しているWiFiを他の人がわからないようになるので不正に接続されたりアタックを受けたすることがなくなります。

SSIDを隠すのはとても簡単です。Broad WiMAXのルーターの設定画面をiPhoneやAndroidスマホ、パソコンから開いてESS-IDステルス機能(SSIDの隠蔽)の項目の使用するにチェックを入れればすぐにSSIDを隠すことができます。

セキュリティが万全なBroad WiMAXは最安値なのに安心

Broad WiMAXは現時点で最強の暗号化方式である「WPA2」と「AES」に対応していて、現時点でデータの解読やパスワードの解読やパスワードの不正入手をすることは不可能になっています。

Broad WiMAXは月額料金2726円という驚異的な安さで月額データ使用量無制限で使い放題です。セキュリティ面は万全なので思いっきり高速インターネットを楽しみめます。

京条
Broad WiMAXは特別な理由がなければ使い放題のギガ放題プランを選びましょう。

今だけ!Broad WiMAXは初期費用無料キャンペーンを実施中

すべてのWiMAXプロバイダの中で「Broad WiMAX」が月額料金最安値で解約金も違約金もかからない爆発的に選ばているWiMAXですが、通常は初期費用が18,857円(税抜)かかります。

しかし、現在は初期費用無料キャンペーンを実施していて「クレジットカードで決済」「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入する」の3つすべてを満たした場合は「Broad WiMAX」の初期費用を無料(0円)にすることができます。

「Broard WiMAX」は他のWiMAXプロバイダと同じで初期費用がかかります。

しかし、「Broard WiMAX」は契約時に下記の条件を満たせば初期費用が無料になります。初期費用が無料になっているかどうかは申し込みを確定する前の料金明細でわかるので確実に初期費用を無料にして申し込みができます。

「Broard WiMAX」の初期費用を無料にする3つの条件
  1. Broad WiMAX 専用申し込みwebページから申し込み契約をしていること
  2. クレジットカードで決済していること
  3. 契約時に「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入すること ※端末が届いたらすぐにでも解約することが可能

Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーンを適用し18,857円の割引を受けるためには安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションを契約する必要があります。

この2つのオプションは端末が届いたら解約することができるのですぐに解約しておけば月額料金最安値でずっと高速WiMAXインターネットが使えます。不要であればすぐに解約しておくことでWiMAX業界最安値の月額料金でずっと使うことができるので大幅に節約ができます

しまりすさん
僕も初期費用無料キャンペーンを適用して申し込んで端末が来たらすぐに解約したから〜18,857円(税抜)以上浮いちゃったよ〜しかも月額料金が安すぎてやばたん〜♪
京条
上手く乗り換えたね!それがベストな方法だよ。長く使ってもBroad WiMAX以上に月額料金が安いところはないから使っているだけで節約になるからお得とも言えるね。

どのWiMAXを選んだらいいのか迷っていたら月額料金最安で解約時も解約手数料や違約金が発生しないBroad WiMAXを選んでおけば間違いありません。現状ベストな選択肢です。