Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【必見】Broad WiMAXは2重ルーター構成で使えるWiMAX!方法と注意点

Broad WiMAXのWiMAXルーター(WiFiルーター)は二重ルーター構成で使うことができるWiMAXです。

Broad WiMAXを自宅の固定回線として使う場合や外出時にWiMAXルーターを持ち運びにする場合には二重ルーター構成のほうがメリットがあることがあります

Broad WiMAXのWiMAXルーターのDHCP機能を使うネットワーク構成と二代目のルーターのDHCP機能を使った場合では挙動が代わりますのでそれぞれのメリット・デメリットも含めて紹介します。

Broad WiMAXは二重ルーター構成で使えるWiMAX

Broad WiMAXは二重ルーター構成で使うことができるWiMAXルーター(WiFiルーター)です。

接続機器に動的にIPアドレスを割り当てるDHCP機能を持っているので市販のルーターを経由してハブ代わりにしても使えますし、

市販のルーターのDHCP機能を使って市販のルーターからIPアドレスを接続機器に割り当てる方法でネットワークを分離して使うこともできます。

ルーターのDHCP機能
  • Broad WiMAXルーター: DHCPサーバー機能あり
  • 市販のルーター(二重ルーター): DHCPサーバー機能あり

※どちらのDHCPサーバーを使ってもネットワークを構築できる

この図はモバイルルーター+クレードルで有線LAN接続構成としていますが、ホームルーターでも同じネットワーク構成を構築できます。

京条
それぞれメリット・デメリットがあるのでそれぞれ紹介します。

モバイルルーターを使う場合はクレードルがないと有線LANでの接続ができないのでクレードルの購入が必要です。

京条
ホームルーター(据え置き型のルーター)の場合は有線LANポートが2ポートついているのでクレードルの購入は必要ありません。

↑ホームルーターにはLANポートが2つついているためクレードルを購入する必要がない。

WiMAXルーターと2重ルーター構成にするメリット

  • WiMAXルーターを取り外してもローカルの通信に影響がない
  • WiMAXルーターのDHCP機能を使わなくても良くなる
  • 接続ポートが多い機器を選ぶと接続できる機器を増やせる(最大253台

二重ルーター構成にして市販の二代目(二重側)ルーターのDHCPサーバーを使うことでWiMAXルーター側のネットワークと完全に切り離されますので

外出などでWiMAXルーターを取り外してもローカル側の機器の通信には影響を与えません。

ただし、Broad WiMAXルーターを経由してインターネットに接続していた場合はWiMAXルーターを取り外すとインターネットに接続できなくなります。

WiMAXルーターと2重ルーター構成にするデメリット

  • ルーターを1台購入する必要がある(二台目のルーター)
  • ルーターの設定の知識が必要になる
  • ポート開放をする時には2台分のルーターの設定が必要になる

Broad WiMAXルーターのDHCP機能を使う場合のネットワーク構成

Broad WiMAXのルーターのDHCP機能を使う場合のネットワーク構成は以下の通りになります。

2重構成の2台目のルーターはDHCP機能を使わないのでスイッチングハブの代わりとして使います。

WiMAXルーターのネットワーク設定

  • LAN側のIPアドレス: 192.168.100.1
  • サブネットマスク: 255.255.255.252
  • ゲートウェイアドレス: 192.168.100.254
  • DHCPサーバー機能: オン

2重ルーターのネットワーク設定

  • LAN側のIPアドレス: 192.168.200.1
  • サブネットマスク: 255.255.255.0
  • ルーティング: 192.168.100.254にルーティングする
  • DHCPサーバー機能: オフ

二代目(二重側)ルーターのDHCP機能を使う場合のネットワーク構成

二代目(二重側)ルーターのDHCP機能を使う場合のネットワーク構成は以下の通りになります。

Broad WiMAXのルーターのDHCPサーバー機能は使わないので設定画面からオフにしておきます。

接続機器にはBroad WiMAXのルーターからIPアドレスが割り当てされ、192.168.100.XXのアドレスが自動的に割り当てられます。

WiMAXルーターのネットワーク設定

  • LAN側のIPアドレス: 192.168.100.1
  • サブネットマスク: 255.255.255.252
  • ゲートウェイアドレス: 192.168.100.254
  • DHCPサーバー機能: オフ

2重ルーターのネットワーク設定

  • LAN側のIPアドレス: 192.168.200.1
  • サブネットマスク: 255.255.255.0
  • ルーティング: 192.168.100.254にルーティングする
  • DHCPサーバー機能: オン

接続機器には二代目(二重側)ルーターからIPアドレスが割り当てされ、192.168.200.XXのアドレスが自動的に割り当てられます。

Broad WiMAXルーターへルーティングする

二代目(二重側)ルーターのDHCP機能を使ってBroad WiMAXルーターとネットワークを分けて運用する場合には、二代目(二重側)ルーター側でBroad WiMAXルーターへルーティングする必要があります。

設定方法はルーターによって異なりますが、BUFFALOのルーターの場合は「デフォルトゲートウェイ」にBroad WiMAXルーターのゲートウェイIPアドレスを設定します。

Broad WiMAXの据え置きルーターと2台持ちも簡単でおすすめ

Broad WiMAXは実は2台持ちのルーターとして爆発的な人気があります。外出用のモバイルルーターと自宅用のホームルーターの2回線があると、

外出時でも自宅の機器はインターネット通信ができますし外出先からリモートで自宅のパソコン(PC)やレコーダー、NASなどに接続することができるので便利だからです。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)は2台持ちや2台目のWiMAX2+、複数台持ちするポケットWiFiと人気の理由は、

最安の月額料金、最新のルーター端末代金が無料(0円)、データ容量無制限で使い放題、初期費用無料キャンペーンがあるからです。

【超必見】BroadWiMAXが二台持ち二台目に選ばれる4つの理由

また、WiMAXを2台持ちをする理由はWiMAXに唯一存在する3日で10GBの通信制限を回避できるという理由もあるからです。

普通にBroad WiMAXの初期費用無料+ルーター無料申込ページから申し込みをすれば初期費用の18857円が無料の0円になって、最新WiMAXルーターが全機種無料で手に入ります。

Broad WiMAXを2台目の契約は初期費用無料とルーター無料が適用される

Broad WiMAXを2台目のWiMAXとして契約する場合や1台目もBroad WiMAXで契約していて2台目もBroad WiMAXで契約する場合でも

2台目やそれ以上の複数台契約の場合は、普通に以下のBroad WiMAXの申し込みページから同一名義で「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の2つの有料オプションをつけて契約すれば初期費用無料とWiMAXルーター代が無料で契約できます。

「Broard WiMAX」の初期費用を無料にする3つの条件
  1. Broad WiMAXの初期費用無料+ルーター無料申込ページから申し込み
  2. クレジットカードで決済していること
  3. 契約時に「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入すること ※端末が届いたらすぐにでも解約することが可能

WiMAXプロバイダには2台目の契約時は同一名義で契約するとキャンペーンが適用されない場合がありますが、Broad WiMAXにはそのような制約はないので

1台目も2台目もBroad WiMAXであっても普通に自分名義で契約して1台目と同じクレジットカードで契約すれば最大限お得に契約できます。

タイトルとURLをコピーしました