【必見】Broad WiMAXは田舎でも繋がる使える最安最速のWiMAX

WiMAXが田舎や地方で遅い、圏外、使えないというのは一昔の話です。

結論を先に書くと、田舎でも使えるWiMAXはBroad WiMAXで、基本的に使えますが念のためエリア確認をしてから契約すると安心です。

Broad WiMAXはエリアが広くauのLTEの電波も使えるので田舎でも使えない場所を探すのが難しいくらい電波が入り高速な通信速度でインターネットを使うことができます

WiMAXプロバイダは多くありますが、一番人気があるのは最速最安で使えるBroad WiMAXです。

初期費用無料、最新のWiMAX端末全機種無料、即日配送、初期契約解除制度で電波や入らない圏外のときに一方的に解約できるという他のWiMAXにないメリットが多くあるからです。

京条
伊達にユーザー満足度ナンバー1を獲得していません。

ここでは田舎でWiMAXを使うときに確認すべき項目と、田舎でのインターネット回線にBroad WiMAXが爆発的に選ばれている理由を詳しく紹介していきます。

目次

WiMAXが田舎や地方で遅い、圏外、使えないは一昔の話

WiMAXが田舎で遅い、田舎で使えないと言われていたのは一昔前の話です。

2019年現在は田舎でも人が住んでいる場所はつながらない場所がないくらい電波が整備されてWiMAXはよっぽど山奥の山間部でない限り電波が入って使えるようになっています。

ただし、都会に比べると田舎や地方の電波が弱いというのは事実ですが電波がなくて困る、使えないということはなくなりました

Broad WiMAXが田舎に強い理由は通常のWiMAX2+に加えてWiMAXの電波とau LTEの電波が使えるようになっているので

WiMAXの電波が弱い場所であってもauの電波がある場所であればどこでも繋がります

Broad WiMAXのWiMAX2+はWiMAXの人口カバー率が99%でau 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)に人口カバー率は100%なので繋がらない場所を探すのが難しいほどどこでも繋がります。

自動的にau 4G LTEの電波に切り替えはされないので手動切り替えは必要ですが、au 4G LTEの電波はスマホやiPhoneなどの携帯が使っている電波を使うので

人口カバー率100%のau 4G LTEの電波が繋がらない場所はありません

WiMAXルーターで使える3つの通信モード

WiMAXルーターで使える3つの通信モード
  • ハイスピードモード(WiMAX): WiMAXエリアで使える下り最大13.3Mbpsの回線
  • ハイスピードモード(WiMAX2+):WiMAXの上位版で下り最大1200Mbps(1.2Gbps)の高速回線
  • ハイスピードプラスエリアモード:au 4G LTE回線を使って通信をするモード
回線の種類 特徴
WiMAX2+
  • 回線速度が爆速
  • 都会に強い
  • 田舎・地下で電波が弱いところがある
  • データ容量使い放題の無制限
au LTE
  • 回線速度は十分に高速
  • 田舎や地方に強い
  • 地下でも繋がる
  • 山間部でも繋がる
  • 毎月7GBの通信制限がある

Broad WiMAXはWiMAXの電波がないエリアであってもau LTEの電波が使えます。

WiMAXの電波を使った場合は無制限の使い放題ですが、au LTEを使った場合は7GB/月以上のデータ通信をすると月末まで128kbpsの速度制限がかかるので使いすぎに注意が必要です。

京条
Broad WiMAXはWiMAXの電波での通信はどれだけ使っても速度制限されることはありません。
LTEとWIMAX回線 通信速度 通信回線 カバーエリア 通信制限
WiMAX 速い
(下り最大1200Mbps(1.2Gbps))
WiMAX/WiMAX2+ そこそこ広い 制限なし
au 4G LTE スマホと同じ
(下り最大100Mbps)
au LTE かなり広い 7GB/月まで

これが田舎に住んでいる人にBroad WiMAXが選ばれている理由でもあります。

自分の住んでいる田舎がWiMAXのエリアか確認する方法

Broad WiMAXはWiMAXとWiMAX2+とau 4G LTEの3つの電波が使えます。

京条
実際にWiMAXとWiMAX2+、au 4G LTEのエリアマップで電波がある地域が地図で確認出来るようになっているので確かめてみて下さい。
 比較項目 WiMAX WiMAX2+
エリア WiMAXのみ WiMAX

WiMAX2+

au 4G LTE

速度 下り最大 13.3Mbps

上り最大 15.4Mbps

下り最大 1200Mbps(1.2Gbps)

上り最大 10Mbps

地域 日本全国 日本全国
エリア 全国の90%以上をカバー 都市部中心に拡大

全国の99.9%をカバー

ポケットWiFiよりエリアが広い

エリアマップ WiMAXのエリアマップ WiMAX2+のエリアマップ

WiMAXルーターはWiMAXとWiMAX2+の2つの電波とau 4G LTEの電波の合計3つの電波を使ってインターネットに接続できます。

Broad WiMAXのWiMAXルーターはWiMAXとWiMAX2+の電波は自動切り替えされるので手動で切り替える必要はありません。

Broad WiMAXのサービスエリアを地図から確認する方法

Broad WiMAXのエリアは上記のエリアマップのリンク先から確認することができます

京条
下の画像はWiMAX2+のエリアを確認している時のマップですが、色がついているエリアはWiMAX2+の電波があることを表していて使えます
しまりすさん
全域で使えるってすごいね〜♪

東京都や千葉県、神奈川県は人が住んでいるエリアはWiMAX2+はどの場所であっても利用できます。

「LTE」のボタンを押すとau 4G LTEのハイスピードエリアプラスモードの電波がある場所がわかります。

Broad WiMAXのサービスエリアを住所を入力してピンポイントで確認する

Broad WiMAXのサービスエリアは地図(マップ)で確認する方法以外に住所をいれて検索ができるピンポイントエリア判定検索も利用できます。

WiMAX2+のエリアマップを開いたら「ピンポイントエリア判定」をクリックまたはタップして、住所を入力するか、住所リストからエリア判定をした住所を選んでいきます。

Broad WiMAXのピンポイントエリア判定は3つのステータスでわかる

Broad WiMAXのピンポイントエリア判定では、検索した住所にWiMAXの電波があるのか、利用できるのかを「〇、△、×(エリア外)」の3つのステータスで確認できます。

  • 判定が「〇」: ほぼ確実にWiMAX2+が使えるエリア
  • 判定が「△」: 使える可能性が高いエリア
  • 判定が「×(エリア外)」: 圏外の可能性が高い・使えない可能性の高いエリア。ただしau 4G LTEはほぼ確実に使える

Broad WiMAXのエリア判定が○の場合

僕は都内に住んでいますが、親戚が住んでいる愛知県名古屋市の中区栄でのエリアを住所を挿れてピンポイントで確認してみました。

結果は見事に「◯」で問題なく使えることがわかりました。

エリア判定が「◯」であれば電波の入りを心配する必要はありません。

エリア判定が「◯」でも後述している初期契約解除制度とエリアキャンセルの対象となるのでもし電波が入らなない、利用できないといったことが起きても安心です。一方的に解約できます。

Broad WiMAXのエリア判定が△の場合

たまに温泉旅行に行く岐阜県下呂市のWiMAXの電波の状態を確認してみました。

WiMAXの電波は△なので電波はありますが、建物の中や高い場所などは電波が入りにくく圏外になることがあるような状態でした。

京条
実際に下呂温泉に行ったときは波は△ですがWiMAXでのインターネットは使えています。

エリア判定が「△」でも後述している初期契約解除制度とエリアキャンセルの対象となるのでもし電波が入らなない、利用できないといったことが起きても安心です。一方的に解約できます。

Broad WiMAXのエリア判定が☓(エリア外)の場合

たまに出張に行く沖縄はWiMAXの電波が入らないことを現地で確認済みですが、実際にエリア判定の結果は「エリア外」となっていました。

京条
この状態でもBroad WiMAXはルーター側の設定でWiMAXからau LTEに切り替えればインターネットを使うことができたのでとても優秀です。

エリア判定が「☓(エリア外)」でも後述している初期契約解除制度とエリアキャンセルの対象となるのでもし電波が入らなない、利用できないといったことが起きても安心です。一方的に解約できます。

Broad WiMAXのエリア判定が☓の場合はLTEのエリアを確認してみる

京条
WiMAX2+のエリアがないことがわかってもまだ諦めるのは早いです。
しまりすさん
Broad WiMAXはau 4G LTEも使えるからだね〜♪

「LTE」のボタンを押すとau 4G LTEのハイスピードエリアプラスモードの電波がある場所がわかります。

Broad WiMAXのWiMAXルーターはWiMAX2+とWiMAXの電波に加えて、au 4G LTEの電波はauのスマホやiPhoneが使っている電波と同じ電波を使えるので

auの携帯電話が使える場所であればBroad WiMAXのWiMAXルーターは高速インターネットが使えます

Broad WiMAXの通信速度は田舎でも爆速

Broad WiMAXは都心でも100Mbpsを超えるくらいの高速通信ができて爆速ですが、田舎であっても電波が入れば爆速でインターネット通信ができます。

Broad WiMAXは光インターネット回線と比べてが半額以下なので、通信速度はあまり出ない?と思うかもれませんがそんなことはありません。

田舎であっても通常で50Mbps程度、混み合う通勤時間帯やお昼休みなどの時間でも30Mbpsを下回ることはありません

京条
通常インターネットを快適に使うには30Mbpsあれば十分といわれているの十分すぎる速度が出ます。

どの時間帯でも爆速で快適にインターネットが使えるのはBroad WiMAXだけです。

Broad WiMAXはau LTEの電波が使えるので田舎でも使える

Broad WiMAXが田舎に住んでいる人や田舎によく行く人に選ばれている理由は、WiMAXの電波だけでなくau 4G LTEの電波が使えるからです。

Broad WiMAXのWiMAXの電波もかなり整備されて今では田舎でも普通に繋がりますが、山間部に行って電波が悪い、つながらないということがあったりします。

そのような場合はBroad WiMAXのWiMAXルーターの設定画面を開いて「au 4G LTE」に切り替えを行うと

auで契約しているiPhoneやAndroidスマホを使っている人が使っているのと同じauの電波でインターネットが使えるので、基本的に人の住んでいる場所であればどこでも繋がるます。

WiMAXルーターで使える3つの通信モード

WiMAXルーターで使える3つの通信モード
  • ハイスピードモード(WiMAX): WiMAXエリアで使える下り最大13.3Mbpsの回線
  • ハイスピードモード(WiMAX2+):WiMAXの上位版で下り最大1200Mbps(1.2Gbps)の高速回線
  • ハイスピードプラスエリアモード:au 4G LTE回線を使って通信をするモード

Broad WiMAXは常に通信エリアが拡大されて電波改善がされている

Broad WiMAXは常に通信エリアを拡大する電波改善をしてくれているので

少し前に対応エリアでなくても3ヶ月程度でエリア内になったりします。

そのためau 4G LTEが入るエリアであればとりあえず契約してWiMAXの電波が来るまでau 4G LTEを使って待っている人も多くいます。

Broad WiMAXはau 4G LTEの電波であっても通信速度が爆速で快適に利用できるからです。

Broad WiMAXは自宅の固定インターネット回線としても利用できる性能があるので自宅のインターネット回線として使えば通信費を大幅に節約できます。

【必見】Broad WiMAXは自宅のインターネットとして使える

Broad WiMAXは使えない電波がない場合に一方的に解約ができる

Broad WiMAXが選ばれる理由は、田舎や山間部の場合で実際に使ってみたら電波が入らない、利用できないようなことが発生したい場合でも、

初期契約解除制度とエリアキャンセルの対象となるので安心です。一方的に解約できます。

Broad WiMAXをエリアキャンセルや初期契約解除制度は、

Broad WiMAXの初期契約解除制度を使うと解約時にかかる費用もなく、契約時にすべてのプロバイダだけでかかる約3,000円の事務手数料だけで解約することができます

京条

ありがたいことに月額料金の支払いも免除されます。

Broard WiMAXを利用&初期契約解除制度を使う場合の費用
  • 初期費用(事務手数料):約3,000円 ※むしろこれしかかからない
  • 月額料金:約3,411円→0円に免除(初期契約解除制度適用)
  • 端末代金:約20,000円→0円に免除(初期契約解除制度適用)
  • 違約金(契約解除料):約19,000円→0円に免除(初期契約解除制度適用)

Broad WiMAXは初期契約解除制度があるから安心

Broad WiMAXはユーザー満足度No1を獲得している人気のWiMAXですが、それにはいくつかの理由がありますが、

Broad WiMAXには契約8日以内であれば違約金なしで契約者の都合で解約できる「初期契約解除制度」があるからです。

もし、Broad WiMAX契約後に「電波が入らない、弱い」「速度がぜんぜん出ない」などのことがあれば「初期契約解除制度」を使って

違約金なしでBroad WiMAXを解約することができます。

京条
いわゆるクーリングオフと同様の制度が用意されていて安心して利用できるので人気になっているのです。

Broad WiMAXの初期契約解除制度とは、契約後8日以内であれば違約金なしで自分の都合で自由に解約できる制度です。

一定の範囲の電気通信サービスの契約について、契約書面の受領日を初日とする8日間が経過するまでは、電気通信事業者の合意なく利用者の都合のみにより契約を解除できる制度です。

参照(PDF):総務省資料 電気通信サービスの消費者保護ルールの見直し

Broad WiMAXの初期契約解除制度を使うと解約時にかかる費用もなく、契約時にすべてのプロバイダだけでかかる約3,000円の事務手数料だけで解約することができます

ありがたいことに月額料金の支払いも免除されます

申請方法

・Broadサポートセンターへ電話申告

Broadサポートセンター
0570-783-055

月~土 11:00~18:00

・指定の申請用紙に必要事項を記入し書面送付

送付先
〒141-0022 東京都品川区東五反田1-2-33-7F (株)LinkLife
申請用紙
初期契約解除申請書
申請期限 「Broad WiMAXルーター」を受領した日から起算して8日以内に電話または申請書発送
請求金額 事務手数料のみ

事務手数料はWiMAXルーターの発送やSIMカードの発行費用などなのでどのWiMAXプロバイダでもかかりますので必要なものだと思っておけばいいです。

他のWiMAXプロバイダなどでは19000円+WiMAXルーター代+解約違約金15000円などがかかったりするので

Broad WiMAXは月額料金が最安値というだけでなく、事務手数料だけで解約できるBroad WiMAXは利用者のことを考えてくれている良心的なWiMAXプロバイダなのです。

この初期契約解除制度を使って解約することを申し出ればBroad WiMAXは解約を拒否することはできず、違約金の請求をすることもできないように電気通信事業法令によって定められています。

そのためBroad WiMAXは契約後あっても解約できるので契約時も安心なのです。WiMAXルーターが届いたら自宅や外出先で使えるのか確認しておきましょう。

京条
速度が気になる方も通信速度計測をして確認しておくといいでしょう。

Broad WiMAXはエリア内であっても初期契約解除制度で解約できる

Broad WiMAXはエリア外であればWiMAXを契約した日から8日以内であれば解約違約金など一切なしで無料でキャンセル(解約)できることを説明しました。

しかし、エリア内であっても、初期契約解除制度があるので契約後8日以内にキャンセル(解約)を申請して、7日以内にWiMAX端末一式を送付したら違約金なしで解約できます。

京条

どのような理由であってもとりあえず申請さえすればキャンセル(解約)ができます。

【必見】Broad WiMAXは契約後8日以内はキャンセルできる!違約金なしで解約とキャンセル・クーリングオフする方法を手順を解説

Broad WiMAXはエリアキャンセルができるため使えなくても無料で解約できる

Broad WiMAXはエリアキャンセルができる安心のWiMAXです。

Broad WiMAXは契約して実際に使ってみで電波の入りが悪かったり、エリア外だったり、通信速度が遅かった場合は、

契約書面受領日またはサービス提供開始日のどちらか早い方から8日以内に申請することで違約金なしでキャンセルできる「初期契約解除制度」という安心の仕組みがあります。

そのため、実際に使ってみて、電波の入りが悪かったり、電波が弱かったり、エリア外だったなどの

いかなる理由であっても、WiMAXを契約した日から8日以内であれば解約違約金など一切なしで無料でキャンセル(解約)することができるのではじめてのWiMAXとして選ぶと安心です。

Broad WiMAXはエリアキャンセルができるから安心のWiMAX!詳細

Broad WiMAXは初期契約解除制度はエリア判定が△や☓でも適用範囲内

Broad WiMAXが選ばれる理由は、エリア判定が「〇、△、×(エリア外)」の3つのステータスのどのステータスであっても

初期契約解除制度とエリアキャンセルの対象となるので安心です。一方的に解約できます

そのため、エリア判定の結果がよくても悪くても、何らからの理由で解約したいと思ったら一方的に解約でき、

負担も初期費用の3000円以外かからないのでとても良心的な内容なっており選ばれているのです。

Broad WiMAXのエリアキャンセル・初期契約解除制度の注意点

Broad WiMAXをエリアキャンセルや初期契約解除制度でキャンセル(解約)する場合には1つだけ注意点があり、事務手数料3,000円は返金されません

Broad WiMAXをエリアキャンセルや初期契約解除制度は、

Broad WiMAXの初期契約解除制度を使うと解約時にかかる費用もなく、契約時にすべてのプロバイダだけでかかる約3,000円の事務手数料だけで解約することができます

京条

ありがたいことに月額料金の支払いも免除されます。

Broard WiMAXを利用&初期契約解除制度を使う場合の費用
  • 初期費用(事務手数料):約3,000円 ※むしろこれしかかからない
  • 月額料金:約3,411円→0円に免除(初期契約解除制度適用)
  • 端末代金:約20,000円→0円に免除(初期契約解除制度適用)
  • 違約金(契約解除料):約19,000円→0円に免除(初期契約解除制度適用)

月額料金や端末代金などは一切不要で、事務手数料はどのWiMAXプロバイダでもかかるので事務手数料の3,000円だけで解約できるWiMAXはBroad WiMAXしかありません

事務手数料だけで解約できるBroad WiMAXは利用者のことを考えてくれている良心的なWiMAXプロバイダなのです。

Broad WiMAXは回線工事や開通手続きが不要で即日で使える最短利用可能のネット回線

「Broad WiMAX」は即日配送で最短で即日利用開始ができる唯一のWiMAXプロバイダです。即日発送で、最短で翌日からすぐに使えます。

光回線の場合は回線工事や回線開通作業などもあるので申し込みをしてから最短でも1ヶ月程度かかりますがBroad WiMAXはすぐにインターネットが利用できるようになっています。

京条
そのため、ひとり暮らしの方や引っ越しをした人、光回線のインターネットが高いと思っている人に爆発的に選ばれています。

Broad WiMAXは、すべてのWiMAXプロバイダの中で申し込みから使用できるまでの時間が最短で「Broad WiMAXの公式サイトの専用申し込みページ」から申込みをしたら即日発送してくれます。

【即日発送】即日ですぐに使えるWiMAXは「Broad MAX」だけ

WiMAXは月額料金が一番安いBroad WiMAXを選ぶのが損をしない

WiMAXプロバイダは多くありますが、2019年現在一番性能が高くてコスパがいいWiMAXはBroad WiMAXです。

Broad WiMAXはどのWiMAXプロバイダと比べても月額料金最安値で解約金や違約金なし、初期費用無料、通信速度は最速クラス、端末代0円で自分が好きな端末を選べるという好条件のWiMAXプロバイダで「はじめてのWiMAX=Broad WiMAX」というほど選ばれています

Broad WiMAXは月額料金最安の安さでも高性能で、他のWiMAXプロバイダに劣っている部分はありません

Broad WiMAXは月額料金も2年間のトータルコストも最安なので、インターネット回線に詳しい人だけでなくはじめてのWiMAXを契約する人にも爆発的に選ばれているコストパフォーマンスNo.1のWiMAXプロバイダです。

各WiMAXプロバイダの月額料金比較

プロバイダ名 月額利用料(~24ヶ月目)
Broad WiMAX(ブロード ワイマックス)

※WiMAX業界最安値の月額料金

3,411円
(2か月間は2,726円)
UQ WiMAX 4,380円
(3か月間は3,696円)
GMOとくとくBB 4,263円
(2か月間は3,609円)
BIGLOBE(ビッグローブ) 4,380円
(2か月間は3,695円)
So-net WiMAX 4,180円
(2年間料金はそのまま)
@nifty(ニフティ) 4,350円
(2か月間は3,670円)

WiMAXプロバイダは全部で20社以上あり月額料金が安いメジャーなプロバイダを6社取り上げました。その中でもBroad WiMAXの月額料金は最安です。

しかも期間限定で今だけ初期費用無料キャンペーンをやっているのでさらにお得に高速インターネット回線を持つことができます。

まとめ: 田舎でも安くて高速のインターネットを使いたいときはBroad WiMAXが最強

Broad WiMAXが田舎に住んでいる人やよく田舎や山間部に行く人に選ばれている理由は、

「田舎でも使える仕組みが充実している」ことと「初期契約解除制度とエリアキャンセルがあり無料で契約後キャンセルができる」からです。

Broad WiMAXはエリアが広くauのLTEの電波も使えるので田舎でも使えない場所を探すのが難しいくらい電波が入り高速な通信速度でインターネットを使うことができます。

WiMAXプロバイダは多くありますが、一番人気があるのは最速最安で使えるBroad WiMAXです。

初期費用無料、最新のWiMAX端末全機種無料、即日配送、初期契約解除制度で電波や入らない圏外のときに一方的に解約できるという他のWiMAXにないメリットが多くあるからです。

今は、期間限定で初期費用が無料になるキャンペーンと最新のWiMAX端末が無料でもらえるお得なキャンペーンをやっているので契約するにはベストのタイミングです。

Broad WiMAXは今!期間限定で初期費用無料キャンペーン中

すべてのWiMAXプロバイダの中で「Broad WiMAX」が月額料金最安値で解約金も違約金もかからない爆発的に選ばているWiMAXですが、通常は初期費用が18,857円(税抜)かかります。

しかし、現在は期間限定で初期費用無料キャンペーンを実施していて「クレジットカードで決済」「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入する」の3つすべてを満たした場合は「Broad WiMAX」の初期費用を無料(0円)にすることができます。

「Broard WiMAX」は他のWiMAXプロバイダと同じで初期費用がかかります。

しかし、「Broard WiMAX」は契約時に下記の条件を満たせば初期費用が無料になります

初期費用が無料になっているかどうかは申し込みを確定する前の料金明細でわかるので確実に初期費用を無料にして申し込みができます。

「Broard WiMAX」の初期費用を無料にする3つの条件
  1. Broad WiMAX 専用申し込みwebページから申し込み契約をしていること
  2. クレジットカードで決済していること
  3. 契約時に「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入すること 端末が届いたらすぐにでも解約することが可能

Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーンを適用し18,857円の割引を受けるためには安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションを契約する必要があります。

この安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションは端末が届いたら解約することができるのですぐに解約しておけば月額料金最安値でずっと高速WiMAXインターネットが使えます。

この2つのオプションが不要であればすぐに解約しておくことでWiMAX業界最安値の月額料金でずっと使うことができるので大幅に節約ができます。

【保存版】Broad WiMAXの初期費用無料のオプションを解約する方法手順まとめ(端末安心サポート・MyBroadサポート)

京条
さらに最新のWiMAXルーター端末が無料になるキャンペーンもやっているのでどのWiMAXよりもお得です。
京条
どのWiMAXを選んだらいいのか迷っていたら月額料金最安で解約時も解約手数料や違約金が発生しないBroad WiMAXを選んでおけば間違いありません現状ベストな選択です。
タイトルとURLをコピーしました