Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

当サイトはあなたのお役に立つために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

【必見】Broad WiMAXは長く使っても速度低下しないWi-Fi

Broad WiMAXは利用者数は年々増加していますが、それ以上の設備に投資して強化しているので速度低下しない優秀なネット回線です。

むしろBroad WiMAXは年々通信速度が上がっています

京条
エリアは年々確実にエリアが広くなっていて電波がなくて困るという場面に出くわしたことはありません。

Broad WiMAXは長く使っても速度低下しないWi-Fi

Broad WiMAXは利用者数は年々増加していますが、それ以上の設備に投資して強化しているので速度低下しません。

むしろ契約してから6年以上、2年ごとに解約と再契約を繰り返して使い続けていますが年々速度は速くなっていてWiMAX2+のエリアも広くなっているので繋がらないエリアが無いくらいです。

地下鉄の構内や地下街、高層ビルの中でも問題なくWiMAXの電波が入って使えるようになっています。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)は最安最速のWi-Fiでどこでもインターネットを使うことができますが、地下街や地下鉄などの地下でも繋がって使うことができます。 検証...
Broad WiMAXはWiMAX2+の電波を使ったインターネット回線なので、地下や高層ビルなどの高層階だと繋がりにくくなることがあります。 しかしBroad WiMAX(ブロードワイマ...

Broad WiMAXは年々通信速度が上がっている

Broad WiMAXは本家WiMAXといわれるUQ WiMAXの回線や電波を借りて運営しているWiMAXのため年々通信速度は上がっています。

UQ WiMAXは設備投資に膨大な資金を投入して日本全国どこでも繋がるようにエリア拡大をしたり通信速度アップに力をいれていて最大1200Mbpsの通信速度を達成しています。

Wi-Fiはdocomo、au、SoftBank、Y!mobileがそれぞれ販売していますが通信速度はWiMAXと比べるとかなり遅く、通勤時間帯の7時〜9時、17時〜22時くらいは通信速度が1Mbpsも出ないことはよくあります。

Broad WiMAXは回線や設備に十分な投資がされているので通勤時間帯の7時〜9時、17時〜22時の混み合う時間帯であっても速度低下をしないで常に高速な通信速度でインターネットが使えます。

京条
どんなときもWiFiなども出ていますがBroad WiMAXと比べるのが可愛そうなくらい速度は遅く通勤時間帯は1Mbpsくらいになっています。同一条件でBroad WiMAXは50Mbpsを超えています。

Broad WiMAXは年々対応エリアが広がっている

Broad WiMAXは年々エリア拡大に力を入れていて既に人口カバー率99.9%を達成しています。

それでもまだ電波が弱いエリアを毎月ものすごいスピードでエリア拡大と通信速度アップ改善をしているので使えば使うほど快適に使えるようになっていきます。

リアルタイムのエリア拡大情報 : WiMAXエリア拡大情報

Broad WiMAXはWiMAXに加えてau LTEの電波も使える

Broad WiMAXはWiMAXとWiMAX2+とau 4G LTEの3つの電波が使えます。

WiMAXルーターなのですが、iPhoneやスマホが使っている電波と同じau 4G LTEの電波も使えます。

京条
au 4G LTEの電波を使いたい場合はルーター本体側の設定画面から切り替えを行うだけで手続き不要で簡単に使うことが出来ます。追加料金も発生しません。

Broad WiMAXのWiMAX2+はWiMAXの人口カバー率が99%でau 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)に人口カバー率は100%なので繋がらない場所を探すのが難しいほどどこでも繋がります。

自動的にau 4G LTEの電波に切り替えはされないので手動切り替えは必要ですが、au 4G LTEの電波はスマホやiPhoneなどの携帯が使っている電波を使うので人口カバー率100%のau 4G LTEの電波が繋がらない場所はありません

Broad WiMAXのエリア確認方法

Broad WiMAXはWiMAXとWiMAX2+とau 4G LTEの3つの電波が使えます。

実際にWiMAXとWiMAX2+、au 4G LTEのエリアマップで電波がある地域が地図で確認出来るようになっているので確かめてみて下さい。

 比較項目 WiMAX WiMAX2+
エリア WiMAXのみ WiMAX

WiMAX2+

au 4G LTE

速度 下り最大 13.3Mbps

上り最大 15.4Mbps

下り最大 1200Mbps(1.2Gbps)

上り最大 10Mbps

地域 日本全国 日本全国
エリア 全国の90%以上をカバー 都市部中心に拡大

全国の99.9%をカバー

ポケットWiFiよりエリアが広い

エリアマップ WiMAXのエリアマップ WiMAX2+のエリアマップ

WiMAXルーターはWiMAXとWiMAX2+の2つの電波とau 4G LTEの電波の合計3つの電波を使ってインターネットに接続できます。

京条
WiMAX2+またはWiMAXのエリア内であれば基本的に高速インターネットが使えます。

au 4G LTEはWiMAX2+とWiMAXの電波が無いエリアで使える電波でWiMAXの電波がある場所だと基本的には使いません。

Broad WiMAXのWiMAXルーターはWiMAXとWiMAX2+の電波は自動切り替えされるので手動で切り替える必要はありません。

Broad WiMAXのサービスエリアを地図から確認する方法

Broad WiMAXのエリアは上記のエリアマップのリンク先から確認することができます。

下の画像はWiMAX2+のエリアを確認している時のマップですが、色がついているエリアはWiMAX2+の電波があることを占めしていて使えます。

東京都や千葉県、神奈川県は人が住んでいるエリアはWiMAX2+はどの場所であっても利用できます。

「LTE」のボタンを押すとau 4G LTEのハイスピードエリアプラスモードの電波がある場所がわかります。

au 4G LTEの電波はauのスマホやiPhoneが使っている電波と同じ電波を使用しているのでauの携帯電話が使える場所であればBroad WiMAXのWiMAXルーターは高速インターネットが使えます

持ち歩きや外出用の一番安いWiFiの比較

ポケットWiFiとBroad WiMAXと光回線の月額料金の比較
  • Broad WiMAX: 月額3411円(ギガ放題)※最初の2か月間は2,726円
  • Broad WiMAX: 月額2726円(ライトプラン)※2年間の総額を平均した月額料金
  • ポケットWiFi: 月額4263円
  • どんなときもWi-Fi: 月額3480円(25ヶ月目以降は3980円)
  • 光回線: 月額7000円〜8000円程度(一戸建て)
  • 光回線: 月額5500円〜6500円程度(マンション)

【必見】WiMAXとフレッツ光のインターネットはどっちが得?比較

WiMAXプロバイダは全部で20社以上あり、その中でもBroad WiMAXの月額料金は最安です。

下記に2年間(24ヶ月)使った時の月額料金の1ヶ月の平均の料金をメジャーなWiMAXプロバイダを含めて一覧表にしてみました。

各WiMAXプロバイダの月額料金と比較してみるとBroad WiMAXが2年間の月額料金もトータルコストも最安で一番安く利用できるWiFiであることがわかります。

各WiMAXプロバイダの月額料金比較

プロバイダ名 月額利用料(~24ヶ月目)
Broad WiMAX(ブロード ワイマックス)

※WiMAX業界最安値の月額料金

3,411円
(2か月間は2,726円)
UQ WiMAX 4,380円
(3か月間は3,696円)
GMOとくとくBB 4,263円
(2か月間は3,609円)
BIGLOBE(ビッグローブ) 4,380円
(2か月間は3,695円)
PEPABO WiMAX(ペパボ ワイマックス) 3,609円
(2年間料金はそのまま)
@nifty(ニフティ) 4,350円
(2か月間は3,670円)

「Broad WiMAX」がはじめてのWiFiとして選ばれている理由は、月額料金がすべてのWiMAXの中で最安値という理由だけでなく、

初期費用無料、月額料金最安値、解約手数料(契約解除料)と違約金無料となっていてデメリットが一切ないからです。

Broad WiMAXは今!期間限定で初期費用無料+ルーター無料キャンペーン中

すべてのWiMAXプロバイダの中で「Broad WiMAX」が月額料金最安値で解約金も違約金もかからない爆発的に選ばているWiMAXですが、通常は初期費用が18,857円(税抜)かかります。

しかし、現在は期間限定で初期費用無料キャンペーンとルーター端末全機種無料キャンペーンを実施していて

「クレジットカードで決済」「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入する」の3つすべてを満たした場合は「Broad WiMAX」の初期費用を無料(0円)にすることができます。

「Broard WiMAX」は他のWiMAXプロバイダと同じで初期費用がかかります。

しかし、「Broard WiMAX」は契約時に下記の条件を満たせば初期費用が無料になります

初期費用が無料になっているかどうかは申し込みを確定する前の料金明細でわかるので確実に初期費用を無料にして申し込みができます。

「Broard WiMAX」の初期費用を無料にする3つの条件
  1. Broad WiMAX 専用申し込みwebページから申し込み契約をしていること
  2. クレジットカードで決済していること
  3. 契約時に「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入すること 端末が届いたらすぐにでも解約することが可能

Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーンを適用し18,857円の割引を受けるためには安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションを契約する必要があります。

この安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションは端末が届いたら解約することができるのですぐに解約しておけば月額料金最安値でずっと高速WiMAXインターネットが使えます。

この2つのオプションが不要であればすぐに解約しておくことでWiMAX業界最安値の月額料金でずっと使うことができるので大幅に節約ができます。

京条
2つのオプションをすぐに解約する方法は以下のページで詳しくまとめておきました。
【保存版】Broad WiMAXの初期費用無料のオプションを解約する方法手順まとめ(端末安心サポート・MyBroadサポート)

京条
さらに最新のWiMAXルーター端末が無料になるキャンペーンもやっているのでどのWi-Fiよりもお得です。
京条
どのWiMAXを選んだらいいのか迷っていたら月額料金最安で解約時も解約手数料や違約金が発生しないBroad WiMAXを選んでおけば間違いありません