Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

当サイトはあなたのお役に立つために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

【必見】Broad WiMAXはVPN接続ができる最安最速のネット回線

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)はインターネットVPNであるPPTP/L2TP/SSTP/IKEv2/IPsec-VPN/SSL-VPN/OpenVPNのどの方式にも対応していて問題なく使えるWi-Fiです。

外出先から社内ネットワークに接続したり自宅のパソコンにリモート接続したり自宅のネットワークに外出先からアクセスして自宅や社内に入るときと全く同じように使うことができるというメリットがあります。

京条
ここではBroad WiMAXで使えるVPNの基本から使用できるVPNプロトコルの種類とそれぞれの違い、使い方までわかりやすく紹介します。

VPNとは何?

VPNはVirtual Private Networkの略で日本語訳では仮想専用線です。

京条
簡単に言うと専用線ではないインターネット回線を仮想的に専用線として使う技術です。
しまりすさん
専用線は利用料金が月に50万円とかするからVPNを使うと安く専用線を作れるんだ

インターネット回線は複数の人が回線をシェアして使っているため専用線ではなくシェア回線なので通常は自宅の回線や会社の回線のようにプライベート回線として使うことができません。

しかし、VPNを使うことでインターネット回線を専用線のように使うことができます。

ただし本物の専用線ではないので仮想専用線と言われています。

VPNを使うと2拠点間をプライベートなネットワークとして結ぶことができ、また通信内容が暗号化されるため、データの改ざんや盗聴などから守ることができます。

攻撃者や盗聴者は暗号化されているVPNで接続されている仮想専用線にアクセスすることも通信の内容を盗聴することもできません。

Broad WiMAXのWi-FiはVPNが繋がらない?

Broad WiMAXのWi-FiはVPNが繋がります

Broad WiMAXで現在販売されているルーターも過去に販売されていたBroad WiMAXのルーターもすべてVPNに繋がります。

Broad WiMAXはバッテリーが内蔵されている手のひらサイズのモバイルWi-Fiルーターと据え置き型のホームルーターの二種類がありますがどちらのタイプのWi-FiルーターでもVPN接続が使えます。

Broad WiMAXが対応しているVPNプロトコルの種類

Broad WiMAXで利用できるVPNプロトコルは以下の通りです。

Broad WiMAXにはVPNの通信(VPN接続)に制限がないのでどの方式であってもVPN接続をすることができます

この中で一般的によく使われるのはSSL-VPN、L2TP、IPsecの3つです。WindowsやMacOS、iPhoneやAndroidスマホも標準サポートしています。

Broad WiMAXで利用できるVPNプロトコル(VPN接続方式)
  • PPTP(Point-to-Point Tunneling Protocol)
  • L2TP(Layer 2 Tunneling Protocol)
  • SSTP(Secure Socket Tunneling Protocol)
  • IKEv2(Internet Key Exchange Version2)
  • IPsec-VPN
  • OpenVPN
  • SSL-VPN

Broad WiMAXのWi-FiルーターとWi-Fiで接続したiPhoneXSとAndroidスマホとPC(パソコン)でVPN接続ができるのを確認済みです。

Broad WiMAXのWi-FiルーターとVPNの関係とは

Broad WiMAXのWi-FiルーターとVPNってどんな関係?と思う方もいるでしょう。

結論から簡単に言うと、Broad WiMAXのWi-Fiルーターはインターネットの回線でVPNは離れた場所からインターネット回線を使って安全にネットワークにアクセスするための技術です。

なら、VPNを使わなくてもインターネット回線があれば接続できるのは?と気がつく方もいるかと思いますが、実はVPNを使わなくてもインターネット回線があれば同じ事ができます。

しかしVPNを使わないでそのまま接続すると、通信が暗号化されていないため入力した文字やパスワード、大事なファイルの内容などが他の人に盗聴されたり改ざんされたりすることがあり危険です。

しかしVPNを使うことで通信内容が暗号化されるため盗聴や改ざんの心配がなくなります。

京条
VPNは今はWindowsパソコンやMacだけでなくiPhoneやAndroidスマホでも標準で対応してるので設定するだけで簡単に使うことができます。

Broad WiMAXでVPN接続している人の口コミ

Broad WiMAXのWi-Fiルーターを使ってVPN接続をしている人はけっこう多くいます。実際にVPNを使っている人の口コミをまとめてみました。

他のWi-FiなどではVPNが使えないことがありますがBroad WiMAXはVPNがすべて使えます

京条
そのためVPN接続用のインターネット回線として契約する人も多いです。

Broad WiMAXでVPN接続の利用方法と例

Broad WiMAXでVPN接続の使い方と使用例をまとめました。

外出先から会社の社内LANに接続する

VPNを使うと使うと外出先から会社の社内LANに接続できます。

外出から社内LANのシステムを使いたい時や会社のパソコン(PC)にアクセスしたい時、共有フォルダにアクセスしたい時などにVPNで会社に接続すると会社内からアクセスしているのと同じようにアクセス出来ます。

京条
たとえば、福岡から東京本社の社内LANや共有フォルダ、パソコンにアクセスできます。
しまりすさん
社内システムも社内にいるときと全く同じように使えるよ

外出先から自宅のネットワークに接続する

VPNを使うと使うと外出先から自宅のネットワークにアクセスできます。

たとえば自宅に置いてあるパソコンにリモートで接続したり、NAS(共有ファイル用のハードディスク)やHDDレコーダーなどにアクセスできます。

また自宅の共有フォルダにもアクセスできるので自宅に戻らなくてもリモートで操作したり共有ファイルを見たり、手元のパソコンに自宅のパソコンやNAS上からファイルから転送することも可能です。

離れている2つの拠点間を同一LANとして接続する

VPNを使うと離れている2拠点間を同一のLAN、同一のネットワーク上にいるかのように接続することができます。

例えば福岡のLANと東京のLANの離れているLANネットワークをVPNを使うと同一ネットワークとして使うことができるようになります。

福岡のLANと東京のLANの間はインターネット回線を使っていますが暗号化されているため通信内容が暗号化されるため盗聴や改ざんの心配なく安全に利用できます。

Broad WiMAXはVPNサーバーのネット回線しても使える

Broad WiMAXはVPNサーバーのある会社や自宅のネットワークなどにアクセスする側の回線としても使えますが、VPNサーバー用のインターネット回線としても使えます。

例えば実家やひとり暮らしの部屋などのパソコン(PC)やネットワーク、HDDなどにアクセスするためのインターネット回線としてBroad WiMAXは問題なく使えます。

Broad WiMAXは月額3411円(最初の2ヶ月間は2726円)でデータ容量制限なしの使い放題です。

Broad WiMAXのWi-Fiルーターはクレードルを使うことで有線LANで接続することができ、スイッチングハブを経由すれば30台ほど同時にインターネットに接続できるので自宅の固定インターネット回線として十分な性能です。

Broad WiMAXは今!期間限定で初期費用無料+ルーター無料キャンペーン中

すべてのWiMAXプロバイダの中で「Broad WiMAX」が月額料金最安値で解約金も違約金もかからない爆発的に選ばているWiMAXですが、通常は初期費用が18,857円(税抜)かかります。

しかし、現在は期間限定で初期費用無料キャンペーンとルーター端末全機種無料キャンペーンを実施していて

「クレジットカードで決済」「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入する」の3つすべてを満たした場合は「Broad WiMAX」の初期費用を無料(0円)にすることができます。

「Broard WiMAX」は他のWiMAXプロバイダと同じで初期費用がかかります。

しかし、「Broard WiMAX」は契約時に下記の条件を満たせば初期費用が無料になります

初期費用が無料になっているかどうかは申し込みを確定する前の料金明細でわかるので確実に初期費用を無料にして申し込みができます。

「Broard WiMAX」の初期費用を無料にする3つの条件
  1. Broad WiMAX 専用申し込みwebページから申し込み契約をしていること
  2. クレジットカードで決済していること
  3. 契約時に「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入すること 端末が届いたらすぐにでも解約することが可能

Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーンを適用し18,857円の割引を受けるためには安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションを契約する必要があります。

この安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションは端末が届いたら解約することができるのですぐに解約しておけば月額料金最安値でずっと高速WiMAXインターネットが使えます。

この2つのオプションが不要であればすぐに解約しておくことでWiMAX業界最安値の月額料金でずっと使うことができるので大幅に節約ができます。

京条
2つのオプションをすぐに解約する方法は以下のページで詳しくまとめておきました。
【保存版】Broad WiMAXの初期費用無料のオプションを解約する方法手順まとめ(端末安心サポート・MyBroadサポート)

京条
さらに最新のWiMAXルーター端末が無料になるキャンペーンもやっているのでどのWi-Fiよりもお得です。