Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

当サイトはあなたのお役に立つために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

【検証】Broad WiMAXは鉄筋コンクリートの屋内で使えます

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)のモバイルルーターやホームルーター鉄筋コンクリートのマンションやビルであっても窓がある場所でWiMAX2+のエリア内であれば問題なく使うことができます

全面鉄筋コンクリートに囲われた部屋でない限りWiMAXの電波は窓や換気扇などの通気口、などから入ってくるので少しでも日光が入ってくる部屋であれば問題なく使えます

ただし、WiMAXルーターは窓際に設置したほうが電波レベルが強くなるので速度も速くなり回線も安定します。

実際に鉄筋コンクリートの物件でWiMAXを使っている人は何もしなくても普通に使えている人が大半ですが電波が弱い場合は窓際に置いたり、100均で売っている金属ボールをルーターの後ろに置いたりして問題なく使っています。

Broad WiMAXは鉄筋コンクリートの屋内でも使える

Broad WiMAXは全面を鉄筋コンクリートで囲われた屋内や地下でなければ問題なく使うことができます。

例えば、鉄筋コンクリートの高層マンションや高層ビルであってもその場所に窓や換気扇があれば窓や通気口から電波が入ってくるので窓際に持っていくことで問題なく使うことができます。

WiMAXは高層階への電波の対策済

Broad WiMAXは鉄筋コンクリートの高層化でもWiMAXが使えるように対策しています。

そのため高層階ビルの80階の高さである地上450mに達するスカイツリーや六本木ヒルズなどであってもWiMAXが使えるのです。

WiMAXは高層階だと繋がらないと言われていたのは2016年くらいのは話で今は高層階ビルやマンションであってもよっぽどコンクリートに囲まれた物件でないと使えないということはなくなりました。

参考:高層ビル上層階やタワーの取り組み|UQ WiMAX

鉄筋コンクリートの物件でも倉庫などでない場合は窓がない場所はほとんどないので普通に電波が入ってBroad WiMAXのWiFiルーターでインターネットが使えます。

京条
実際に高層マンションなどは鉄筋コンクリートで作られていることが多いですが問題なく使えることを検証済みです。
【必見】Broad WiMAXは高層マンションでも問題なく使える!検証結果

全面鉄筋コンクリートで使うのは厳しい

WiMAXは鉄筋コンクリートの高層マンションや高層ビルであってもその場所に窓や換気扇があれば窓や通気口から電波が入ってくるので窓際に持っていくことで快適に使えますが、

窓がない全面鉄筋コンクリートに囲われた場所や全面鉄筋コンクリートの地下などでは電波が入ってこないので使うのは難しいです。

京条
実際にそのような環境はほとんどないので問題にもなっていません

しかし、地下鉄のホームやデパートの地下などの人がいる場所の地下にはWiMAX用のアンテナが設置されているので問題なく使えます。

使えないのは全面鉄筋コンクリートで囲われたマンションや高層ビルの個室や人がいない全面鉄筋コンクリートで囲われた地下では電波が届かないので使えません。

実際全面鉄筋コンクリートで囲われた場所ではdocomo、au、SoftBankなどの携帯電話の電波も入ってこないのでその時点でWiMAXが使えないことがわかります。

auのLTE(4G)を使って通信をすることもできる

Broad WiMAXのルーターにはハイスピードエリアモードというWiMAXやWiMAX2+の電波が届かないエリアであってもauの4G LTE網を使ってネットに繋がるようになるモードが用意されています。

WiMAXのハイスピードエリアモードはWiMAXとWiMAX2+の電波のエリアの圏外になった時にWiMAXとWiMAX2+の電波よりもエリアが広く800Mhz帯という障害物に強いauの4G LTE網の電波を使って通信をするための通信モードです。

使用するau 4G LTE網はauのスマホやiPhoneが使用しているインターネット網と同じなのでauのスマホやiPhoneが繋がる場所であれば同じようにインターネットに繋がります。

WiMAXとauの電波の周波数と鉄筋コンクリートの通過性

WiMAXの周波数は2.5Ghz(2500Mhz)ですが、au LTE(4G)は800Mhzでかなり周波数が小さいです。周波数が小さくなるほど障害物を通過したりすり抜けたりする性質が強くなるので鉄筋コンクリートでも通過します。

逆にWiMAXの周波数は2.5Ghz(2500Mhz)は周波数が大きいので電波のエネルギー(強度)自体は強いのですが障害物に当たると跳ね返る特性があるので鉄筋コンクリートには弱いのです。

ハイスピードエリアモードは手動で切り替えた時のみ有効になるので勝手にハイスピードエリアモードになることはありません

Broad WiMAXは地下でも電波が入って使える理由

Broad WiMAXは地下鉄のホームや地下の商業施設などでは問題なく電波が入ってインターネットを使うことができます。

この理由は地下にアンテナを設置して使えるようにしているからです。

Broad WiMAXは地下鉄駅構内のホームにアンテナが設置されている

Broad WiMAXは日本全国の地下鉄構内のホームにWiMAXのアンテナを設置しています。

そのため地下鉄の駅構内(ホーム)でWiMAXは快適に電波が入り高速インターネットが使えます。

Broad WiMAXは地下鉄の走行中でも快適に高速インターネットが使える

また、WiMAXアンテナは各駅に設置されていて、アンテナがトンネル方向にもつけられているため、走行中の電車内であってもWiMAXの電波を掴んで高速インターネットを使うことができます。

通信速度も東京メトロも都営地下鉄も遅くて10Mbps程度で、速い時で60Mbps程度速度が出ていました。駅に近いほど速度が速い感じです。

そのため走行中の地下鉄の車内であっても高画質なYoutube動画やニコニコ動画などを快適に視聴することができます。

Broad WiMAXは地下鉄や新幹線・電車内や高速でも使える理由

Broad WiMAXを鉄筋コンクリートの部屋で快適に使う方法

1.WiMAXルーターを電波の入りやすい屋外や窓際に置く

鉄筋コンクリートの部屋でWiMAXルーター端末の表示が「圏外」表示だったりアンテナにバツ(☓)マークがついていた場合は、電波が弱い状態です。

まずは、圏外表示やりアンテナにバツ(☓)マークがついていた場合は、屋内や地下の場合は地上の屋外に移動してみてください。

また屋内の場合は、電波の入りやすい窓際に移動してみて下さい。これだけで電波状況はかなり変わり普通に使えるようになります。

京条
WiMAXルーターを窓際に置いておけば部屋の中はWiFiで繋がります♪
WiMAXが突然繋がらなくなった圏外になった場合の5つの対処方法

2.クレードルを使用する

クレードルの左右には実はアンテナが装着されています。WiMAXルーター本体をクレードにおくとこのアンテナが機能するようになるので鉄筋コンクリートなどの環境であっても電波の感度がアップします。

京条
結果、通信速度が速くなったり、通信速度が安定したり、通信が途切れなくなったります

ただし、このアンテナの効果を感じられるのは、電波の悪い場所や天候で使っていた場合のみです

クレードルを使わなくても本体のアンテナアイコンをみて電波状況がいい場合はクレードルを使っても、もともと電波状態がいいのでほとんど効果を感じることはありません。

クレードルを使うと、有線LANポートでインターネット接続できるようにもなり、有線LANと無線LANのWiFi、Bluetooth接続で同時にインターネットに接続できます。

3.WiFiの周波数帯を5Ghzに変更する

すべてのWiMAXルーターはWiFi(無線LAN接続)で使用する周波数帯をWiMAXルーターで設定や変更ができるようになっています。

デフォルトでは2.4GHzを使うようになっていますが、設定を変更することで5GHz帯も利用することができます

京条
実際に5GHz帯に変更するだけで通信速度が2倍になることも多く通信速度に悩んでいる場合は一度試してみるといいですよ。

ちなみに僕は常に5Ghzの周波数帯を使っていますが2.4Ghzの時の通信速度が75Mbpsなのに対して、5Ghz帯を使うだけで149Mbpsと約2倍の通信速度が出るからです。

Broad WiMAXの2.4Ghzと5GhzのWiFiの通信速度の違い
  • 2.4Ghz帯の時の通信速度: 75Mbps
  • 5Ghz帯の時の通信速度: 149Mbps

4.ハイスピードエリアモード(au 4G LTE)を使用する

ハイスピードエリアモード(au 4G LTE)はWiMAXとWiMAX2+の電波のエリアの圏外になった時にWiMAXとWiMAX2+の電波よりもエリアが広いauのLTE網を使って通信をするための通信モードです。

WiMAXの周波数は2.5Ghz(2500Mhz)ですが、au LTE(4G)は800Mhzでかなり周波数が小さいです。周波数が小さくなるほど障害物を通過したりすり抜けたりする性質が強くなるので鉄筋コンクリートでも通過します。

一言でいうと「WiMAXとWiMAX2+の電波が入らない場所でもauのLTEの電波なら届いているかもしれなから切り替えて使おう」ということです。

なぜならauのLTEは人口カバー率は99%だからです。

京条
「ハイスピードエリアモード」をどれだけ利用しても追加料金はかかりません。無料で利用できます。

ハイスピードエリアモードを使うかどうかの設定は自分のWiMAXルーターの設定を手動で切り替えることで利用できます。

↑WiMAXルーター「WX03」の通信モードの選択画面

5.100均の金属ボールで自作アンテナを作成する

WiMAXルーターの電波を大幅に改善して、通信速度を2倍ほどにする裏技としてDAISOやセリアなどで売っている100均の金属ボールを買ってきてボールの前にWiMAXルーターを置くだけで圏外だった電波表示がMAXになり、通信速度が2倍以上になります。

制作費は金属ボールだけで作るなら108円で、スタンドも買うと216円という破格の値段です。たった216円でものすごい効果があるのでぜひ試してみてください。

しまりすさん
何という衝撃的なWiMAXの電波改善の裏技〜♪

この金属ボールの前に置くだけで電波がよくなって通信速度が良くなる仕組みは、BSやCSのアンテナでも採用されている技術です。

周りの電波を反射鏡(この場合は金属ボール)でWiMAXルーターが置かれている場所に集めることで電波の送受信の感度を大幅に改善できます。

WiMAXで使う場合はこの応用で、金属ボールの角度などは気にする必要はなく窓側に向けて置くだけで十分な効果を発揮します。

Broad WiMAXは契約後8日以内であればキャンセルできる

Broad WiMAXには契約8日以内であれば違約金なしで契約者の都合で解約できる「初期契約解除制度」があり、

もし、Broad WiMAX契約後に「電波が入らない、弱い」「速度がぜんぜん出ない」「ラグが多酷くて使えない」などのことがあれば「初期契約解除制度」を使って

違約金なしでBroad WiMAXを解約することができます。いやゆるクーリングオフと同様の制度が用意されていて安心して利用できるので人気になっているのです。

鉄筋コンクリートの部屋で電波レベルが良くない、速度がいまいちなどのいかなる理由でも一方的にキャンセルできるのがありがたいことに月額料金の支払いも免除されます

Broad WiMAXは契約後8日以内であれば違約金なし(無料)で自分の都合で自由に解約できる制度なので安心してお試しもできます。

【必見】Broad WiMAXは契約後8日以内はキャンセルできる!違約金なしで解約とキャンセル・クーリングオフする方法を手順を解説

まとめ:Broad WiMAXは鉄筋コンクリートの屋内でも使える!大事なのはエリア

Broad WiMAXのモバイルルーターやホームルーターは鉄筋コンクリートのマンションやビルであっても窓がある場所でWiMAXのエリア内であれば使うことができます。

京条
Broad WiMAXで鉄筋コンクリートの屋内で使う場合に重要なことはエリア内であるかのほうです。

Broad WiMAXのエリアの確認方法

Broad WiMAXはWiMAXとWiMAX2+とau 4G LTEの3つの電波が使えます。

実際に引越し先や転勤先などの新住所となる場所がWiMAXとWiMAX2+、au 4G LTEのエリアマップで電波がある地域が地図で確認出来るようになっているので確かめてみて下さい。

WiMAX2+またはWiMAXのエリア内であれば基本的に高速インターネットが使えます。

au 4G LTEはWiMAX2+とWiMAXの電波が無いエリアで使える電波でWiMAXの電波がある場所だと基本的には使いません。

 比較項目 WiMAX WiMAX2+
エリア WiMAXのみ WiMAX

WiMAX2+

au 4G LTE

速度 下り最大 13.3Mbps

上り最大 15.4Mbps

下り最大 1200Mbps(1.2Gbps)

上り最大 10Mbps

地域 日本全国 日本全国
エリア 全国の90%以上をカバー 都市部中心に拡大

全国の99.9%をカバー

ポケットWiFiよりエリアが広い

エリアマップ WiMAXのエリアマップ WiMAX2+のエリアマップ

WiMAXルーターはWiMAXとWiMAX2+の2つの電波とau 4G LTEの電波の合計3つの電波を使ってインターネットに接続できます。

Broad WiMAXのWiMAXルーターはWiMAXとWiMAX2+の電波は自動切り替えされるので手動で切り替える必要はありません。

鉄筋コンクリートの場所でもWiMAXを使う5つの対策

全面鉄筋コンクリートに囲われた部屋でない限りWiMAXの電波は窓や換気扇などの通気口、などから入ってくるので少しでも日光が入ってくる部屋であれば問題なく使えます。

もし電波が弱い場合は、

鉄筋コンクリートの場所でもWiMAXを使う5つの対策
  1. WiMAXルーターを電波の入りやすい屋外や窓際に置く
  2. クレードルを使用する
  3. WiFiの周波数帯を5Ghzに変更する
  4. ハイスピードエリアモード(au 4G LTE)を使用する
  5. 100均の金属ボールで自作アンテナを作成する

のどれかの方法か複数組み合わせることで電波を改善してインターネットが使えるようになるので心配はいりません。

Broad WiMAXには契約8日以内であれば違約金なしで契約者の都合で解約できる「初期契約解除制度」もある優良なWiMAXプロバイダなので安心して契約してもらって大丈夫です。