Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【税務調査】Broad WiMAXの領収書は料金明細で経費に認められた

先日税務調査が来たのですが、仕事用に使っているBroad WiMAX(ブロードワイマックス)の利用料金は「ご利用明細」の内容を印刷したもので問題なく承認されました

Broad WiMAXの「ご利用明細」は実際に請求された(支払った)料金が記載されるのでこの金額を経費として形状できます。

Broad WiMAXの「ご利用明細」は「Broad WiMAX サポートサイト」にログインすると簡単に契約してから現在までの料金明細を確認できるようになっていますので、確定申告前には印刷しておけば完璧です。

京条
正確に言えば、税務調査の連絡があったタイミングで印刷しておけば問題ありません。

ただし、そのBroad WiMAXの契約しているルーター端末が仕事用であることを証明できないといけないのでルーター本体に「仕事用」とテプラなどで記載して仕事用だと税務調査員にわかるようにしておくこととさらによいでしょう。

京条
仕事とプライベートで共用して使っている場合はせいぜい50%くらいが経費として計上できる範囲だという話でした。

Broad WiMAXは料金明細の印刷が領収書の代わりで経費として承認される

STEP1.Broad WiMAXサポートサイトにログインする

Broda WiMAXのサポートサイトのログインIDとパスワードは登録住所に送付された「Broad WiMAX2+ お申込み内容のお知らせ」に記載

Broda WiMAXのサポートサイトのログインIDとパスワードは登録住所に送付された「Broad WiMAX2+ お申込み内容のお知らせ」に記載されています。

もしログインIDとパスワードがわからないときはBroad WiMAXのサポートにメールまたは電話で問い合わせをすると教えてくれるので問い合をすれば大丈夫です。

Broad WiMAXの料金明細の確認はパソコン(PC)からもiPhone、iPad、Androidスマホ、Androidタブレットなどのどの端末であってもできるようになっています。

ログインをしたら「ご利用明細の確認」を開く

Broad WiMAX サポートサイトにログインをしたら「ご利用明細の確認」を開きます。

ご利用明細の確認を開くと料金明細が出てくる

ここで出てきた料金明細はBroad WiMAXを契約してから当月までに実際に請求された(支払った)料金が一覧で出てきます。

Broad WiMAXは領収書の発行は行っていない

Broad WIMAXはクレジットカードと口座振替の2つで支払いができますがどちらの方法で支払いをしていたとしても領収書の発行を行っていません。

基本的に他のWiMAXプロバイダも領収書の発行を行っているとことはありません。

しかし、Broad WiMAXは事業者や個人事業主に選ばれている理由は毎月の料金明細がネット上で確認ができてこの料金明細を印刷したものが税務署に経費として承認されるからです。

ソース: Broad WiMAXのお支払い方法について

Broad WiMAXは最安の月額料金でデータ無制限なので助かる

Broad WiMAXはすべてのWiMAXプロバイダとポケットWiFiの中で最安の月額料金です。

安かろう悪かろうではなく安くても仕事で使うのに十分な性能なのでもう10年以上Broad WiMAXを使っていますが経費が抑えられてとても助かっています。

Broad WiMAXはデータ容量無制限で使い放題なので仕事でどれだけ使っても遅くなることはないですし固定回線の代わりに使っていますが、外出先で仕事をするときもネット回線に困らないので助かっています。

Broad WiMAXは今!期間限定で初期費用無料+ルーター無料キャンペーン中

すべてのWiMAXプロバイダの中で「Broad WiMAX」が月額料金最安値で解約金も違約金もかからない爆発的に選ばているWiMAXですが、通常は初期費用が18,857円(税抜)かかります。

しかし、現在は期間限定で初期費用無料キャンペーンとルーター端末全機種無料キャンペーンを実施していて

「クレジットカードで決済」「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入する」の3つすべてを満たした場合は「Broad WiMAX」の初期費用を無料(0円)にすることができます。

「Broard WiMAX」は他のWiMAXプロバイダと同じで初期費用がかかります。

しかし、「Broard WiMAX」は契約時に下記の条件を満たせば初期費用が無料になります

初期費用が無料になっているかどうかは申し込みを確定する前の料金明細でわかるので確実に初期費用を無料にして申し込みができます。

「Broard WiMAX」の初期費用を無料にする3つの条件
  1. Broad WiMAX 専用申し込みwebページから申し込み契約をしていること
  2. クレジットカードで決済していること
  3. 契約時に「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入すること 端末が届いたらすぐにでも解約することが可能

Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーンを適用し18,857円の割引を受けるためには安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションを契約する必要があります。

この安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションは端末が届いたら解約することができるのですぐに解約しておけば月額料金最安値でずっと高速WiMAXインターネットが使えます。

この2つのオプションが不要であればすぐに解約しておくことでWiMAX業界最安値の月額料金でずっと使うことができるので大幅に節約ができます。

京条
2つのオプションをすぐに解約する方法は以下のページで詳しくまとめておきました。
【保存版】Broad WiMAXの初期費用無料のオプションを解約する方法手順まとめ(端末安心サポート・MyBroadサポート)

京条
さらに最新のWiMAXルーター端末が無料になるキャンペーンもやっているのでどのWiMAXよりもお得です。
京条
どのWiMAXを選んだらいいのか迷っていたら月額料金最安で解約時も解約手数料や違約金が発生しないBroad WiMAXを選んでおけば間違いありません
タイトルとURLをコピーしました