Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【重要】WiMAXはISPプロバイダの契約が必要ですか?詳細

結論を先に書くと、WiMAXはISP(インターネットサービスプロバイダー)との契約は不要です。

WiMAXを販売提供している会社は20社以上ありますが、ISP(インターネットサービスプロバイダー)との契約が必要なのか不要なのか気になるかと思います。

WiMAXを提供販売しているどの会社ISP(インターネットサービスプロバイダー)のインターネット接続サービスが含まれたサービスになっているのでISPの別途契約は不要です。

京条
フレッツ光などの光インターネット回線やADSLなどと違ってWiMAXはISPの契約は不要です。

ISP(インターネットサービスプロバイダー)もすべて月額料金に含まれているので月額料金がすべての支払金額になります。

また、WiMAXを販売提供している会社はWiMAXプロバイダと言われていますが、全てがUQ WiMAXの端末を販売している代理店なので、どの会社で契約しても通信速度やエリア、通信品質や通信制限の内容やWiMAXルーター端末の性能などはすべて同じになります。

そのため月額料金やトータルコストが一番安いBroad WiMAXを選択するのが現状ベストでデメリットのない方法で爆発的に選ばれているWiMAXプロバイダ(WiMAXの販売提供している会社)です。

WiMAXはISPプロバイダの契約は不要

冒頭でも説明しましたが、WiMAXはすべてのWiMAX会社で契約や申込をしたものはISP(インターネットサービスプロバイダー)の契約は不要です。

WiMAXはISP(インターネットサービスプロバイダー)込みの契約となっているため各会社からWiMAXの契約をするだけでISPも全て込みの内容となっています。

京条
別途契約するものは一切ないので、WiMAXルーター端末が自宅に到着したらすぐにインターネットに接続することができます。

WiMAXはルーターや追加機器などが不要

WiMAXを契約するとWiMAXルーターは無料(0円)で提供してもらえるので何も機器は必要ありません

たとえば、WiMAXで一番人気があるBroad WiMAXは最新のWiMAXルーターを無料(0円)で提供してくれるお得なWiMAXプロバイダなので、

契約申し込みをして自宅にWiMAXルーターが送られてきたら簡単な初期設定をするだけですぐに高速インターネットを使うことができます

インターネットを利用する機器を無料でもらえるので何か機器を追加で買う必要はありません。自分が持っているiPhoneやiPad、iPodやタブレット、パソコン(PC)など

WiMAXルーターにWiFi接続をすればすぐに最大に10台まで同時に高速インターネットが利用できます。

【必見】Broad WiMAXを使うには何か機器が必要ですか?

WiMAXはどの会社も速度やエリアなどは同じ

WiMAXは、UQ WiMAXやBroad WiMAX、GMOとくとくBB、@nifty、ペパボ ワイマックス、BIGLOBEなど複数のWiMAX会社があります。

UQ WiMAX以外の会社はすべてUQ WiMAXから回線やアンテナ、電波などを借りていているMVNOなのでどの会社を選んでも同じ電波と回線を使っているので、通信速度もエリアも速度制限の内容も、繋がりやすさなどもすべて同じです。

京条
異なるのは月額料金や初期費用、キャッシュバックの内容や解約時の契約解除料(違約金)の内容や、WiMAXルーター端末の価格などです。

WiMAXは料金の安い会社を選ぶと損をしない

WiMAXプロバイダ(WiMAXを提供販売している会社)は全部で20社以上あり月額料金が安いメジャーなプロバイダを6社取り上げました。

その中でもBroad WiMAXの月額料金は最安です。

どのWiMAXプロバイダで契約しても同じ電波と回線を使っているので、通信速度もエリアも速度制限の内容も、繋がりやすさやWiMAXルーター端末の性能などもすべて同じです。

京条
そのため月額料金が安いWiMAXプロバイダ(WiMAXを提供販売している会社)を使った方が損をしません。

各WiMAXプロバイダの月額料金の比較

プロバイダ名 月額利用料(~24ヶ月目)
Broad WiMAX(ブロード ワイマックス)

※WiMAX業界最安値の月額料金

3,411円
(2か月間は2,726円)
UQ WiMAX 4,380円
(3か月間は3,696円)
GMOとくとくBB 4,263円
(2か月間は3,609円)
BIGLOBE(ビッグローブ) 4,380円
(2か月間は3,695円)
PEPABO WiMAX(ペパボ ワイマックス) 3,609円
(2年間料金はそのまま)
@nifty(ニフティ) 4,350円
(2か月間は3,670円)

Broad WiMAXとUQ WiMAXのトータルコスト比較

では実際に月額料金もトータルコストも最安で人気ナンバー1のBroad WiMAX(ブロードワイマックス)と回線や電波を提供している本家WiMAXと言われるUQ WiMAXの2つのトータルコストを比較してみました。

Broad WiMAXの場合

初期費用 3,240円(税込)
機種代金 0円
回線料金 89,858円(税込)
オプション料金
(安心サポートプラス・1ヶ月分)
594円(税込)
合計 93,692円(税込)

UQ WiMAXの場合

初期費用 3,240円(税込)
機種代金 3,024円(税込)
回線料金 116,033円(税込)
オプション料金 0円
合計 122,297円(税込)

料金は当然ながらBroad WiMAXのほうが安くなり、1ヶ月単位の月額料金の差額は1,047円(税込)となっています。

また2年間使い続けた場合においては、差額が税込28,605円となり、Broad WiMAXの方がかなりお得になります。

京条
このように本家WiMAXのUQ WiMAXとBroad WiMAXは大きな料金の差がありますが、Broad WiMAXの月額料金が安いからといって通信速度やエリアに差はありません。

BroadWiMAXは、リンクライフ(Link Life)という会社が代理店となって販売しています。

どのWiMAXプロバイダ(WiMAXを提供販売している会社)を選んでもWiMAX端末の性能や通信速度もエリアも速度制限の内容も、繋がりやすさなども全く同じなので

特別な理由がない限り月額料金もトータルコストも最安で人気ナンバー1のBroad WiMAXを選択しておくのがベストで賢い選択です。

タイトルとURLをコピーしました