【必見】Broad WiMAXがミニマリストに大人気で選ばれている理由

【業界最安値】Broad WiMAX(ブロードワイマックス)はミニマリストに節約できると大人気のWiMAXな理由は、月額料金業界最安値で使い放題のためネット回線の1本化ができて速度制限もないので

ノマドスタイルで固定回線を持たずに外出先で仕事をする人にも選ばれています。

Broad WiMAXは自宅の固定インターネット回線として使えるようになっているのでインターネット回線を一本化することで大幅に通信費を節約できます。

京条
ネット回線をBroad WiMAXにして、スマホの回線をLINEモバイルの格安SIMにすることで最大限無駄をなくしつつ節約できます。私はそうしています。

目次

Broad WiMAXは業界最安値のWiMAX

Broad WiMAXの月額料金は月額3411円(最初の2ヶ月間は2726円)で業界最安値の月額料金です。

僕はBroad WiMAXを10年以上使い続けていていろいろなWiMAXを契約したことがありますが一番安く利用できているのが「Broad WiMAX」です。

京条
月額1690円のLINEモバイルの格安SIMと組み合わせて通信費を大幅に節約しています。
しまりすさん
LINEモバイルは一番評判がいい人気の格安SIMだね

各ポケットWiFiの比較

ポケットWiFi 月額料金 制限 制限時の速度
光回線 約8,000円 制限なし 制限なし
Broad WiMAX 約3,400円 3日で10GB 1Mbps(1000kbps)

※18時〜2時の間

Y!mobile 約4,000円
Yahoo!WiFi 約4,100円 3日で3GB 128Kbps
ドコモ 約6,400円 月5GB
約8,100円 月8GB

128kbpsの速度制限はYahoo!のトップページを開くだけでも20秒〜30秒程度待たされる速度で動画なんてとても見れない状態になります。

京条
128kbsの速度制限があるポケットWiFiは何をするにもストレスが溜まるのでおすすめできません。

Broad WiMAXは速度制限に引っかかったとしても1Mbpsの速度ができるでほとんど速度制限の影響を受けること無くインターネットを利用できます。

各WiMAXプロバイダの月額料金の比較

WiMAXプロバイダは全部で20社以上あり料金が安い順に6社取り上げました。

その中でもBroad WiMAXの月額料金は最安です。月額料金が安くても性能はどのWiMAXプロバイダであっても同じです。

月額3,411円で月間データ使用量無制限(ギガ容量無制限)で最初の3ヶ月間は2,726円で利用できるのがBroad WiMAXだけの最大のメリットです。

プロバイダ名 月額利用料(~24ヶ月目)
Broad WiMAX(ブロード ワイマックス)

※WiMAX業界最安値の月額料金

3,411円
(2か月間は2,726円)
UQ WiMAX 4,380円
(3か月間は3,696円)
GMOとくとくBB 4,263円
(2か月間は3,609円)
BIGLOBE(ビッグローブ) 4,380円
(2か月間は3,695円)
PEPABO WiMAX(ペパボ ワイマックス) 3,609円
(2年間料金はそのまま)
@nifty(ニフティ) 4,350円
(2か月間は3,670円)

今現在コスパ最強のネット回線はBroad WiMAXです。Broad WiMAXを選んでおけば失敗することはありません。

京条
どのWiMAXを選んでも通信速度も速度制限の内容もWiMAXルーターの性能もすべて同じなので月額料金の安いWiMAXプロバイダを選ぶのが損をしません。ます。

キャッシュバックがあるWiMAXにはデメリットがある

WiMAXプロバイダには高額キャッシュバックを売りにしているプロバイダが多くありますが、

実はキャッシュバックは全員が受け取れるわけではなく受け取れいない人が大半で

炎上していることが多くあります。

僕は過去にキャッシュバックがあるWiMAXを何度か契約したことがありますが、

かなり気をつけていたにもかかわらずキャッシュバックを受け取れたことはありません。

そのため当サイトでは誰でも確実に安く利用できるBroad WiMAXをおすすめしています。

 

過去に悔しい思いを何度もしたのでここ数年は確実に誰でも最安値で利用できる

Broad WiMAXで落ち着いています。

キャッシュバックを受け取ると安く利用できるけどキャシュバックを受け取れないと高額な料金にになってしまう他のWiMAXを使っていないので複雑な手続きが必要なこともなく

最初から業界最安値の3411円で利用できるので損をすることがなくなりました。

Broad WiMAX以外でキャッシュバックがあるWiMAXプロバイダでキャッシュバックを受取場合は契約後するに受け取れるわけではありません。

京条
WiMAXプロバイダはキャッシュバックはできれば払いたくないので、わざと受け取りにくいような仕組みになっています。

WiMAXのキャッシュバックを受け取れていない人が多い理由
  • キャッシュバックの受け取り手続きが契約後11ヶ月と遅いので忘れる
  • キャッシュバックを申請出来る期間が1ヶ月と短い
  • キャッシュバックの手続きの案内メールがWiMAXプロバイダのメールアドレスに来るために気が付かない
  • キャッシュバックの申請期間が過ぎたらキャッシュバックは無効となる

「Broard WiMAX」はすべてのWiMAXプロバイダの中で月額料金が最安のWiMAXプロバイダです。契約時に18,857円(税抜)分の初期費用という形でキャッシュバックでうけとれて、その分月額料金が安くなっていますので確実に還元されるものを回収ができてWiMAX最安値でずっと使うことができます。

しまりすさん
僕の友達はキャッシュバック受け取れなかったってすごく悔やんでた〜♪けっこうキャッシュバックを受け取れない人多いみたいだね
京条
そうなんだ。キャッシュバックは契約後すぐに受け取れるわけではなく所定の期間に所定の手続きをしないと受け取れないから受け取れない人が続出しているんだ
しまりすさん
それならキャッシュバックがなくても最初から月額料金を安くしてくれている「Broard WiMAX」を選んでおいた方が安心だね〜♪
「Broard WiMAX」が選ばれている理由
  • Broad WiMAX: 契約時に18,857円(税抜)分の初期費用をキャッシュバック&月額料金最安
  • 他社のWiMAX: キャッシュバックはあるが決まった時期に特定の手続きが必要のため受け取れない人が大半

Broad WiMAXは使い放題で通信制限がない

Broad WiMAXには「ギガ放題プラン」と「ライトプラン」の2つのプランがあります。

「ライトプラン」は月7GB制限があるプランで7GB以上使うと月末まで128kbpsの速度制限がかかりますが、「ギガ放題プラン」は速度制限がない使い放題のプランになっています。

京条
「ライトプラン」にしてもほとんど月額料金は変わらないのでWiMAXを契約する9割の人が「ギガ放題プラン」を選択しています。

Broard WiMAXのプランの月間データ容量と制限
  • ギガ放題プラン: 月間データ容量の制限はなし(使い放題)
  • ライトプラン: 月間データ容量は7GBまで超えると月末まで128kbpsに速度制限

Broad WiMAXのデータ無制限は使い放題?

Broad WiMAXをはじめとするWiMAX2+のギガ放題プランは月額データ使用量無制限ですが、3日で10GB制限があります。

実際に10GBを使うには標準画質で47時間も連続で動画を視聴しなければなりません

3日は72時間ですが、一日の半分の36時間連続視聴しても速度制限がかからない内容になっており、かなり速度制限の内容は緩くなっていて普通に使っていれば速度制限にかかることはないので心配なしです。

速度制限中も1Mbps上限まできっちり速度が出る

実際に実際に私が使っているBroad WiMAXで昼間に3日で10GB制限がかかるように無駄に大容量のファイルをダウンロードしてわざと速度制限をかけて速度計測をした結果が以下になります。

Broad WiMAXは速度制限中でもきっちりと1Mbpsの速度がでているのでかなり快適に利用できます。他のポケットWiFiは128kbps(0.128Mbps)の速度制限の内容なので快適度が全く違います

docomo、au、SoftBankなどのスマホや他社のポケットWiFiでは速度制限がされると128kbpsで正直ストレスしかないのが現実ですが、Broad WiMAXは速度制限がされても1000kbps速度ができるのでYouTubeもストレスなく視聴ができます。

京条
3日で10GBの制限に達するには1ヶ月100GBくらい使わないと速度制限にかからないのでほとんどの人には関係のない内容です。
【保存版】WiMAX2+の3日10GB制限のすべてを詳しく解説

ミニマリストはBroad WiMAX+LINEモバイルが最強である理由

ミニマリストはネット回線にBroad WiMAXで通信費を節約して、さらにスマホの通信費もLINEモバイルの格安SIMにすることで大幅にスマホ代も節約できます。

大手キャリアのdocomo、au、SoftBankは基本の月額料金が高いのでどれだけオプションを外しても月額6000円〜8000円程度かかり少し電話を使うと10000円を超えたりします。

京条
僕はドコモを使っていた時は月額12000円くらいかかっていて負担でした。今は月額2500円くらいです。

しかし、大手キャリアのdocomo、au、SoftBankと同レベルの品質で月額料金が1/5〜1/3程度にできるLINEモバイルを使うことで大幅にスマホ代を節約できます。

自宅のインターネット回線としてBroad WiMAX、スマホの回線にLINEモバイルを使うことで大幅に通信費を節約できます。

SNSのTwitterやFacebook、インスタグラムでのデータ消費量を使用したデータ量してカウントしないカウントフリー機能があるLINEモバイルの格安SIMに乗り換えることで大幅にギガの消費(データ容量の消費量)を減らすことができます。

京条
このSNSのカウントフリー機能がある格安SIMはLINEモバイルだけで他の格安SIMにはカウントフリー機能はありません。そのためLINEモバイルの格安SIMが爆発的に選ばえています。

LINEモバイルはすべての格安SIMの中で月額料金が最安値クラスです。

下のプラン一覧はdocomoのものですがLINEモバイルの格安SIMと同じ10GBで比較してもても月額9500円かかります。

京条
LINEモバイルの場合は同じ10GBでも月額3320円で約三分の一にスマホ代を節約できます。

Broad WiMAXは外出先でも使えるのでBroad WiMAXルーターとWiFiで接続しておけばギガ消費はゼロにすることも可能です。

↑LINEモバイルの月額料金

LINEモバイルは10GBのプランを契約しても月額3220円に収まります。

ほとんどの人は3GBで足りるので月額1690円のスマホ代にできます。

また余ったデータ容量は翌月に繰越ができ、プラン変更も自由に無料でできるので最大限節約出来るようになっています。

>>LINEモバイルの公式サイトでもっと詳しく

Broad WiMAXを最安で契約する方法

すべてのWiMAXプロバイダの中で「Broad WiMAX」が月額料金最安値で解約金も違約金もかからない爆発的に選ばているWiMAXですが、通常は初期費用が18,857円(税抜)かかります。

しかし、「クレジットカードで決済」「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入する」の3つすべてを満たした場合は「Broad WiMAX」の初期費用を無料(0円)にすることができます。

簡単に初期費用の18,857円(税抜)を無料にできるので絶対に条件をクリアして初期費用を無料にして契約した後に「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の2つのオプションを即解約したほうがいいです。

京条
支払い方法が口座振替だったり「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」のオプションを付けないで契約すると初期費用がかかってもったいないので注意してくださいね。

Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーンを活用する

Broad WiMAXは2019年現在初期費用無料キャンペーンを実施しています。この初期費用無料キャンペーンは下記の3つの条件を満たした場合は、初期費用18,857円が無料になるキャンペーンです。

しまりすさん
ええっ!!初期費用18,857円が無料になっちゃうの!?〜♪
京条
そうなんだ。Broad WiMAXは初期費用無料キャンペーンをやっていて下記で説明している3つの条件を満たすと初期費用が無料になるんだよ!

具体的には、「クレジットカードで決済」「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入するの3つすべてを満たすと「Broad WiMAX」の初期費用を無料(0円)にすることができます。

この初期費用無料のキャンペーン適用は「確実に」適用できて無料にできます

クレジットカードで支払った場合は確実に適用できるので必ず忘れずに現在初期費用無料キャンペーンを適用させて、初期費用0円になっていることを確認して申し込みを完了させてください。

「Broard WiMAX」の初期費用を無料にする3つの条件
  1. Broad WiMAX 専用申し込みwebページから申し込み契約をしていること
  2. クレジットカードで決済していること
  3. 契約時に「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入すること ※端末が届いたらすぐにでも解約することが可能
【保存版】Broad WiMAXの初期費用無料にするために契約したオプションを解約する方法手順まとめ(端末安心サポート・MyBroadサポート)

「Broard WiMAX」は上記の3つの条件を満たせば、初期費用が無料になります。

インターネットからクレジットカードで契約して、契約時に2つの有料オプションを付けるのを忘れなければ初期費用無料は自動的に適用されます。

この2つの有料オプションは端末が届いたらすぐに解約できるので初期費用無料キャンペーンを適用させるために一時的につけるだけです。

STEP1. Broad WiMAXの公式申し込みページを開く

Broad WiMAXの申し込みページを開きます。

ページを開いたら画面横にある「お申込みをする」ボタンがあるのでそのボタンをタップします。

京条
この手順で申込みを進めると初期費用キャンペーンとルーター全機種無料キャンペーンが自動的に適用されます。

画面の一番下にも「WiMAXをお申込みする」ボタンがあるのでこちらのボタンかも申し込みができます。

STEP2.自分が使いたいWiMAXルーター端末を選択

まずは複数選択できるWiMAX端末から自分が使いたい端末を選択します。

ここではW03を選択していますが、WX04やw05、L01sなどの選択できます。

それぞれ特徴があるので自分が使いたい端末を選択します。

STEP3.契約プランを選択する

次に契約プランを選択します。Broad WiMAXでは、「ギガ放題プラン(月額データ容量無制限)」と「ライトプラン(月7GBまで)」の2つのプランが選択できます。

Broad WiMAXの契約者の約9割の人は「ギガ放題プラン」を選択しています。

Broard WiMAXの2つのプランの月間データ容量の比較
  • ギガ放題プラン: 月間データ容量の制限はなし
  • ライトプラン: 月間データ容量は7GBまで(超えると128kbpsに速度制限される)

STEP4.カラーやクレードル・オプションを選択する

WiMAXルーターの機種を選んだらルーターのカラー(色)やクレードルの有無、充電器の有無を選択します。

充電器やクレードルがなくても100均一で売っているMicroUSBの充電コードと充電器を購入すれば使うことができます。

 

またAndroidスマホの充電器と充電コードがそのまま使えるので持っている方は代用する事ができます。USB充電なのでパソコンにMicroUSBケーブルで接続するとパソコンから給電して充電も可能となっています。

Broad WiMAXのルーター契約時にクレードルは必要?詳細

STEP5.オプションの選択(初期費用無料にするのに重要

オプションの選択画面では、初期費用無料のするためには「My Broadサポート(月額907円)」と「安心サポートプラス(月額550円)」の2つのオプションを契約することで初期費用の18,857円が無料(0円)になります。

この2つのオプションは、初期費用無料になっていることを確認して契約手続きを完了したら契約後すぐに電話かインターネットから解約できますので一時的につけておくことがおすすめです。18,857円が無料(0円)になるのは大きいです。

「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」を選択する

初期費用が0円になっていることを確認して手続きを進めていきます。

京条
初期費用無料キャンペーンが正しく適用されている時は、右の初期費用の金額が0円になります。0円になっていることを確認してから手続きを進めて下さい。

参考:「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」を選択しなかった場合

参考に、ここで「My Broadサポート(月額907円)」と「安心サポートプラス(月額550円)」の2つのオプションを選択肢なかった場合は、初期費用が18,857円かかるように変わることが確認できます。

このようにBroad WiMAXは契約時に初期費用無料キャンペーンが正しく適用されているのかが契約完了前にわかるようになっています。とても良心的と言えます。

しまりすさん
初期費用無料キャンペーンが正しく適用できてなかったら初期費用の金額が18,857円になるからすぐにわかるね〜♪

STEP6.契約者情報と発送先情報の入力

契約者情報と発送先情報の入力です。

  • 契約者の氏名(漢字・フリガナ)
  • 生年月日
  • 住所(契約者と配送先)
  • 電話番号

を入力します。

STEP7.メールアドレスや支払い方法、発送希望時間の入力

メールアドレスとお支払い方法(クレジットカード情報)、配送希望時間の入力です。

メールアドレスとクレジットカードの番号を間違えないようによく確認して入力します。

STEP8.契約申し込み内容の最終確認

最後に、説明事項の確認と同意をして、

申し込み内容の最終確認をします。

下記のように契約内容が一覧で表示されますので内容に間違えがないか確認します。

もし内容に間違えがったら「内容を変更する」ボタンから修正します。

下記の契約者情報と発送先情報の入力情報に間違いがないかも確認します。

  • 契約者の氏名(漢字・フリガナ)
  • 生年月日
  • 住所(契約者と配送先)
  • 電話番号

入力と選択した内容に間違いがないかをよく確認して、間違いがなければ最下部にある「この内容でお申し込みをする」ボタンをタップします。

STEP9.契約申し込みの手続き完了

この画面が表示されたらBroad WiMAXの契約申し込み手続きは完了です。

必要な手続きはすべて完了していますでルーターが送られてくるのを待つだけです。

手続きを完了したら、契約申し込み画面で入力したメールアドレスに確認メールが送られてくるので内容を確認しておきましょう。

STEP10.WiMAXルーター端末の発送

契約申し込み手続きをしてからしばらく待っているとWiMAXルーター端末の発送連絡メールが送られてきます。

わたしの場合は、契約申し込み手続きをしてから3時間後に発送されました。

STEP11.WiMAXルーター端末の初期設定をして利用開始(完了)

WiMAXルーター端末が送られてきたら、同封されている初期設定手順書を見ながら、本体に同封されているSIMカードを本体に挿入して電源を入れます。

Broad WiMAXのWiMAXルーターは工事不要、開通手続き不要でSIMカードを入れたらすぐにWiMAX2+の高速インターネットが使える画期的なWiMAXなのであとは好きなだけ高速インターネットを楽しみましょう。

一度、どれくらい速度が出ているのかiPhoneやAndroidスマホ、iPadやタブレット、パソコンの速度計測アプリやサイトで速度計測をしてみると面白いです。

こんなに速度がでちゃうの!?って驚くと思います。

【保存版】Broad WiMAXの初期費用の18,857円を無料にする方法手順

外出先でも使うならモバイルルーターがおすすめ

Broad WiMAXを自宅だけでなく外出先でも使いたい場合は手のひらサイズのモバイルルーターがおすすめです。

Broad WiMAXのモバイルルーターは手のひらサイズで持ち運びがしやすくバッテリー内蔵なので電源がない外出先でもインターネットに接続できます。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)のモバイルルーターはモバイルバッテリーで充電ができます。

WX04やW05、W04,WX03、W02、WX02、W01、WX01などMicroUSBやUSB-TypeCで充電するWiMAXルーターはすべてモバイルバッテリーで充電することができます。

Broad WiMAXのモバイルルーターはUSBから給電するタイプなので、USB給電ができるモバイルルーターでも問題なく充電ができます。

大容量のモバイルルーターであればWiMAXルーターを1回だけでなく、数回フル充電できるので長期の外出であっても充電を心配する必要はありません。

モバイルバッテリーは家電量販店や通販の汎用品でOK

WiMAXルーターを充電するためのモバイルバッテリーは、家電量販店のヤマダ電機やヨドバシカメラ、エイデン、ケーズデンキなどの日本全国の家電量販店の店頭で売っているモバイルバッテリーで充電できます。

また、Amazonや楽天市場の通販で売っているどのモバイルバッテリーでも充電することができます。

モバイルバッテリーは同じ値段でもバッテリー容量が大幅に違ったりするので購入する時にはよく比較して見て下さい。

容量が少なくても軽くて小さいものや、本体は大きい代わりにバッテリー容量が大きいものなどいろいろありますのでよく比較することが重要です。

Broad WiMAXのルーターはモバイルバッテリーで充電可能!対応機種や条件など徹底まとめ

クレードルがあるとモバイルルーターをホームルーターとして使えるようになる

 

クレードルがあると無線LANに対応していないPC(パソコン)やゲーム機やテレビなどを有線LANでインターネットに接続できるようになります。

クレードルの裏側には有線LAN接続用のポート(ETHERNETポート)が用意されています。有線LAN接続用のポート(ETHERNETポート)にLANケーブルを接続し、

パソコン(PC)やプレーステーション(PS3やPS4)などのゲーム機に接続するだけで自動的に有線LAN接続経由でのインターネット接続ができます。

WiMAXルーターは複数の機種がありますが、それぞれのWiMAXルーター用に専用のクレードルが用意されています。

2台以上のパソコンを有線LANケーブルで接続したい場合は、家電量販店やAmazonなどで1000円〜2000円ほどで購入できる「スイッチングハブ」を間に挟むことでスイッチングハブのポートの台数だけ同時にインターネットに接続することができます。

こちらのスイッチングハブは少し高価なものですがこらくいの値段で永久保証で1000Mbps(1Gbps)まで対応しているスイッチングハブが購入できます。

有線LANと無線LANのWiFi接続とでは通信速度と安定度が異なるので安定してインターネットを使いたい場合もクレードルがあると快適にインターネットが使えますよ。

WiMAXはWiFi接続と有線LANで通信速度に差が出て変わる?

京条
有線LAN接続をしたい時や自宅の固定インターネット回線として使うことを考えている場合は、クレードルも一緒に購入しておきましょう。Broad WiMAXの申し込み画面の途中でクレードルの有無は選択できます。
自宅の中でWiMAXを有線LAN接続で使うと高速で快適に通信可能

Broad WiMAXは日本全国外出先でも使える

Broad WiMAXは契約したら日本全国どこに持っていってもWiMAXやWiMAX2+、au 4G LTEの電波がある場所であればどこでも使えます

今は人のいる場所ではBroad WiMAXでインターネットに接続するために必要な電波がない場所はないくらい電波の整備がされています。

そのため、出張や旅行などの出先でWiMAXルーターでインターネットを利用することが可能です。もちろん引っ越し先でもWiMAX利用できるので電源を入れればすぐに高速インターネットが利用できます

京条
WiMAXとよく比較されるSoftBank Airは契約した自宅のみでしか使えないのでミニマリストとしては不便であまり評判がよくありませんがBroad WiMAXは外出先でも場所を選ばずどこでも使えるのでミニマリストだけでなくノマドで仕事をしている人にも人気です。

internal-link【比較】Broad WiMAXとソフトバンクエアーを徹底比較【保存版】

WiMAXが繋がらないとか電波が悪いとか言われていたのはもう昔の話でよっぽど山間部でなければ今は繋がらない場所を探すのが難しいくらいビルでも地下でも繋がります。

WiMAXの電波が弱いエリアであってもauのスマホやiPhoneなどで使われている人口カバー率100%のau 4G LTEがWiMAXルーターの設定を変更するだけで使えるので繋がらないエリアはまずありません。

Broad WiMAXのWiMAXルーターは人口カバー率99%ですがau 4G LTEは人口カバー率100%なので全国カバー率100%といっても過言ではありません。

【必見】Broad WiMAXは契約すれば日本中どこでも使える!

ミニマリストにはBroad WiMAXでネット回線一本化がおすすめ

Broad WiMAXはバッテリー内蔵なので外出先でWiMAX2+の高速インターネットが使えますし、自宅にいるときはクレードルにセットしたり、WiFiで接続することで自宅のインターネット回線としても使えます。

Broad WiMAXで固定回線を契約しなくてよくなった

私はBroad WiMAXにする前は自宅の回線に光回線を別途契約していたのでけっこうな通信費がかかっていて負担になっていましたが、

今はBroad WiMAXで外出用のネット回線も自宅のネット回線も1本化できたので大幅にネット代を安くすることに成功しています。

ミニマリストにはBroad WiMAXなしの生活がもう考えられない

京条
私はネットヘビーユーザーでいろいろなポケットWiFiやWiMAXを使ってきましたが今はBroad WiMAXに落ち着いています。

Broad WiMAXはコスパ最高で最安の料金でデータ容量無制限の使い放題なのに、外出先でも使えてしかも通信速度は光回線並の速度ができるので満足しています。

Broad WiMAXは外出先でバッテリーが切れそうになってもモバイルバッテリーで簡単に充電ができますし、自宅に帰ってきたらクレードルにセットすることで自宅の固定回線としても使えるの重宝しています。

速度制限にかかってしまって困っている人や、最安でポケットWiFi(WiMAX)を持ちたい方、自宅の固定回線と外出先のネット回線を1回線にして通信費を節約したい方、

スマホの速度制限をなんとかしたい方にはBroad WiMAXが1回線あればすべて解決するのでぜひ使ってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました