Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Broad WiMAXのクレジットカード払いと口座振替の請求日

Broad WiMAXをクレジットカードで支払っていた場合の請求日は初回の支払いも翌月以降の支払いも「クレジットカード会社によって異なります

たとえば三井住友VISAカードの場合は翌月10日または翌月26日が請求日で楽天カードの場合は翌月27日が請求日になります。

口座振替で支払っていた場合の請求日は当月の27日または翌月の3日が引き落とし日になります。

クレジットカード支払いでも口座振替でも締め日は月末です。

Broad WiMAXのクレジットカード払いの場合の請求日

Broad WiMAXの支払い方法としてクレジットカードを選んだ場合は、請求日は決済に使っているクレジットカード会社によって異なります。

基本的には、クレジットカード会社の締め日や請求日に従って引き落としがされます

そのため請求日は支払いに使っているクレジットカード会社によって異なります。

しまりすさん
それぞれのクレジットカード会社の請求日っていつなの~?♪
京条
クレジットカード会社ごとの請求日はこの記事の真ん中くらいでまとめています。

クレジットカードの仕組みは、Broad WiMAXへの支払いを立て替えてくれて請求日にクレジットカードの引き落とし口座として登録している口座から引き落としをしてをする仕組みになっています。

このようにクレジットカードは一時的に支払いを立て替える仕組みなので、締め日と請求日(口座からクレジットカード会社に支払いをする日)は異なります

クレジットカードの締め日と支払日の違い

クレジットカードには「締め日」と「支払日」の2つの日付があります。

簡単に締め日と支払日を説明すると以下のようになります。

クレジットカードの「締め日」と「支払日」の違い
  • 締め日: 1カ月で使用した金額が締め切られて支払い金額が決定される日
  • 支払日(請求日): 締め日で決定した金額が銀行口座からクレジットカード会社に支払われる日、請求される日
京条
また締め日に土日は関係なく、土日祝日であってもその日が締め日であれば支払い金額が決定します。

この支払日(請求日)に口座からクレジットカード会社に支払いがされるので口座残高が不足すると支払い「遅延扱い」になってしまうので注意が必要です。

主要なクレジットカードの締め日と支払日

Broad WiMAXの月額料金の支払日はクレジットカード会社によって締め日や支払日が異なります。

カード名 締め日 支払日
三井住友VISAカード 15日または月末日 翌月10日または翌月26日
ダイナースクラブカード 20日 翌月10日
アメリカン・エキスプレス 20日 翌月10日
楽天カード 月末日 翌月27日
JCBカード 15日 翌月10日
セゾンカード 月末 翌々月4日
ニコスカード 5日 同じ月の27日
ジャックスカード 月末日 翌月27日
オリコカード 月末日 翌月27日
ライフカード 5日 27日または翌月3日
DCカード 15日 翌月10日
イオンカード 10日 翌月2日

クレジットカードの支払日前日までには入金する

使っているクレジットカードの支払日に口座からクレジットカード会社に支払いがされるので口座残高が不足すると支払い遅延扱いになります。

クレジットカードの支払い遅延はクレジットカードヒストリー(クレヒス)というクレジットカードの利用履歴に「残高不足による支払い遅延」という履歴が残ってしまうので新しいクレジットカードの申し込みの時に審査に通らなくなったります。

京条
それだけで済めばいいですが最悪の場合はクレジットカードの利用停止や強制解約になる場合もあるのでとても重要なことなのです。

そのため、支払い遅延なく確実に毎月支払うためにクレジットカードの支払日前日までには引き落とし口座には入金しておきましょう

Broad WiMAXの口座振替の場合の請求日

Broad WiMAXの支払い方法として口座振替を選んだ場合は、当月の27日か翌月の3日に請求されますのでそのタイミングで口座から引き落としがされます。

Broad WiMAXを契約した初回の支払いは、初期費用(18,857円)と契約事務手数料(3000円)の23,606円(税込)を端末の受け取り時に代引きとして支払う形になっています。

初期費用(18,857円)はクレジットカード払いの場合は免除されるので口座振替は損をします。

【保存版】Broad WiMAXの初期費用を無料にする条件と契約申し込みをする方法手順

Broad WiMAXの契約初月の支払いは、端末を受け取った日から月末日めでの日割りの月額料金と2カ月目の月額料金が合わせて口座から引き落としされるので残高に注意が必要です。

また、口座振替の場合は口座振替手数料も別途かかるのでクレジットカード支払いよりも無駄な出費が増えます。

Broad WiMAXを口座振替で支払うと18,857円損をする

「Broad WiMAX」が月額料金最安値で解約金も違約金もかからない爆発的に選ばているWiMAXですが、口座振替での支払いを選んだ場合は、初期費用が18,857円(税抜)かかります。

しかし、現在は初期費用無料キャンペーンを実施していて「クレジットカードで決済」「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入する」の3つすべてを満たした場合は「Broad WiMAX」の初期費用を無料(0円)にすることができます。

そのため口座振替でしか絶対に支払えない理由がない限りクレジットカードで支払ったほうがお得になります。

京条
しかし、「Broard WiMAX」は契約時に下記の3つの条件を満たせば初期費用が無料になります。
「Broard WiMAX」の初期費用を無料にする3つの条件
  1. Broad WiMAX 専用申し込みwebページから申し込み契約をしていること
  2. クレジットカードで決済していること
  3. 契約時に「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入すること ※端末が届いたらすぐにでも解約することが可能

Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーンを適用し18,857円の割引を受けるためには安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションを契約する必要があります。

この2つのオプションは端末が届いたら解約することができるのですぐに解約しておけば月額料金最安値でずっと高速WiMAXインターネットが使えます。不要であればすぐに解約しておくことでWiMAX業界最安値の月額料金でずっと使うことができるので大幅に節約ができます。

【保存版】Broad WiMAXの初期費用無料のオプションを解約する方法手順まとめ(端末安心サポート・MyBroadサポート)

Broad WiMAXはクレジットカードで申し込むのがおすすめ

Broad WiMAXはクレジットカード支払いと口座振替の支払いの2つの支払い方法に対応しているWiMAXですが、クレジットカードでの支払いを選ぶと初期費用の18,857円(税抜)が無料になるので断然おすすめです。

internal-link【保存版】Broad WiMAXの初期費用を無料にして契約申し込みをする方法手順

「クレジットカードで決済」の有料オプションに加入するだけで初期費用が無料になります。この理由はクレジットカード払いは口座振替に必要な手続きや人件費が削減できる分割引しようという考えのもと実施されているキャンペーンです。

「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」はWiMAXルーター端末が届いたらすぐに解約することができるのでBroad WiMAXは断然クレジットカード支払いができればクレジットカードで契約するほうがお得になります。

京条
18,857円(税抜)は僕の2か月分のお小遣いなので当然ながらクレジットカード払いを選びました。
タイトルとURLをコピーしました