Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Broad WiMAXのポケットWi-Fiの機内持ち込みできる!

飛行機の機内に手荷物として持ち込みができるポケットWi-Fiは『Broad WiMAX』です。

海外旅行と国内旅行を含めて年間50回近く飛行機に乗っていますがBroad WiMAXのポケットWi-Fiの機内持ち込みは

「預ける荷物」ではなく「手荷物」として機内に持ち込むことで国内線も国外線も、なにも問題なく飛行機に乗れています。

この理由はWiMAXルーター(Wi-Fiルーター)にはリチウムイオン電池が内蔵されているので預け入り禁止物の対象となり「預け入れ荷物」の中に入れると荷物チェックを通過できません。

しかし機内に持ち込むことは許可されているため、手荷物としてバックに入れて飛行機に乗れば問題なくチェックを通過して目的地まで持っていくことができます。

 

ANAJAL

ANA
http://www.ana.co.jp/international/prepare/baggage/index.html?menu=limit03

JAL 
http://www.jal.co.jp/inter/baggage/inflight/

Broad WiMAXのポケットWi-Fiの機内持ち込みは「手荷物」

Broad WiMAXのポケットWi-Fiはルーター内部にリチウムイオンバッテリーが内蔵されています。

飛行機ではリチウムイオンバッテリーは危険物扱いなので機内持ち込みにはルールがあります。

京条
Broad WiMAXのWi-FiルーターをはじめとするポケットWi-Fiはすべてリチウムイオンバッテリーが使われています。
Broad WiMAXのWi-Fiルーターの飛行機への持ち込みルール
  • Broad WiMAXのポケットWi-Fiは機内持ち込みできる
  • Broad WiMAXのポケットWi-Fiは荷物預け入れはできない

Broad WiMAXのポケットWi-Fiは機内持ち込みはできるが、荷物預け入れすることはできない。という内容です。

このルールは国内線、国外線共通で荷物チェックで確認されます。

電池の種類 預け入れ 機内持ち込み
乾電池 可能 可能
充電池 可能 可能
リチウムイオンバッテリー 不可 可能

モバイルバッテリーが飛行機の預け入れが不可の理由

モバイルバッテリーが預け入れが不可の理由は、飛行機の貨物室は、人が乗る機内と違って温度の管理や気圧の管理が客室と違ってあまり管理されていません。

リチウムイオンバッテリーが発火したり爆発する理由は、温度変化や気圧の変化に弱いからです。

リチウムイオン電池はあらゆるモバイル機器に使われていますが実はまだ未成熟な技術なのです。

Broad WiMAXのポケットWi-Fiはモバイルバッテリー扱い

Broad WiMAXのポケットWi-Fiが預け入れが不可の理由はWi-Fiルーターはモバイルバッテリー扱いです。

すべての航空会社では事故防止のためモバイルバッテリーとモバイルバッテリー扱いとされるものは機内持ち込みのみ」という規定で決まっています。

また、機内持ち込みする場合でも持ち込める数やバッテリー容量の上限が決められているのでこのルールに従って持ち込む必要があります。

国内線の場合(ポケットWi-Fiルーターの機内持ち込み)

モバイルバッテリーは容量(mAh,Wh)によって持ち込みや個数制限があります。

ワット時定格量(Wh) 放電容量(mAh) 預け入れのルール
100Wh以下 27,027mAh以下 制限なし
100Whを超え160Wh以下 27,027mAhを超え43,243mAh以下 2個まで
160Whを超えるもの 43,243mAhを超えるもの 持ち込み不可

ANAやJALなどの国内線は、100Wh以下の場合は、特に制限なく持ち込むことができます。

100Whを超え160Wh以下のものは、個数制限があり2個までしか持ち込むことができません。

160Wh以上のモバイルバッテリーは機内への持ち込みは禁止されています。もちろん預け入れも不可なので飛行機に乗せることはできません。

京条
ただし、スカイマークだけは「放電容量に関係なく1人に付き2個まで」という制限があるので注意が必要です。

国際線の場合(ポケットWi-Fiルーターの機内持ち込み)

国際線の場合、国によっては日本以上にモバイルバッテリーの制限が厳しい場合があります。

例えば、中国の空港では100Whを超えるモバイルバッテリーは飛行機への持ち込み自体が禁止されています。出張や海外旅行などで中国の空港を使われる方はご注意ください。

僕もヨーロッパへの旅行やネパールへの旅行には、中国の空港を経由する格安航空会社を使用します。なので100Whを超えないこちらのモバイルバッテリーを選びました

Broad WiMAXのポケットWi-Fiのバッテリー容量(mAh)

Broad WiMAXのポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)は機種によってバッテリー容量が異なりますが、だいたい2500mAh〜3500mAhとなっています。

Broad WiMAXのポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)は全機種、国内線でも国際線でも機内持ち込みができます

Broad WiMAXのポケットWi-Fiのバッテリー容量(mAh)
  • W06のバッテリー容量: 3,000mAh
  • WX05のバッテリー容量: 3,200mAh
  • W05のバッテリー容量: 2,750mAh
  • W04のバッテリー容量: 2,750mAh
  • WX03のバッテリー容量: 2,890mAh

ポケットWi-Fi(Wi-Fiルーター)は何台まで機内持ち込みができる?

27,027mAh以下であれば持ち込みの個数に制限はないので27,027mAh÷3,500mAh=7.722なので少なくとも7台は機内に持ち込んで国内線も国際線も移動することができます。

スマホも1台は持ち込みすると思います。スマホはだいたいバッテリー容量は大きいもので3500mAh程度なのでポケットWi-Fi1台分に相当するため

ポケットWi-Fi6台+スマホ1台までは問題なく持ち込みができます。

Broad WiMAXのポケットWi-Fiは機内持ち込みができる

Broad WiMAXのポケットWi-Fiのバッテリー容量(mAh)は機内持ち込みができるバッテリー容量よりかなり小さいのでバッテリー容量を気にしないで何台でも飛行機の中に持ち込むことができます。

京条
全く心配する必要はありません。

Broad WiMAXは今!期間限定で初期費用無料+ルーター無料キャンペーン中

すべてのWiMAXや置くだけWi-Fiの中で「Broad WiMAX」が月額料金最安値で解約金も違約金もかからない爆発的に選ばているWiMAXですが、通常は初期費用が18,857円(税抜)かかります。

しかし、現在は期間限定で初期費用無料キャンペーンとルーター端末全機種無料キャンペーンを実施していて

「クレジットカードで決済」「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入する」の3つすべてを満たした場合は「Broad WiMAX」の初期費用を無料(0円)にすることができます。

「Broard WiMAX」は他のWiMAXプロバイダと同じで初期費用がかかります。

しかし、「Broard WiMAX」は契約時に下記の条件を満たせば初期費用が無料になります

初期費用が無料になっているかどうかは申し込みを確定する前の料金明細でわかるので確実に初期費用を無料にして申し込みができます。

「Broard WiMAX」の初期費用を無料にする3つの条件
  1. Broad WiMAX 専用申し込みwebページから申し込み契約をしていること
  2. クレジットカードで決済していること
  3. 契約時に「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入すること 端末が届いたらすぐにでも解約することが可能

Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーンを適用し18,857円の割引を受けるためには安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションを契約する必要があります。

この安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションは端末が届いたら解約することができるのですぐに解約しておけば月額料金最安値でずっと高速WiMAXインターネットが使えます。

この2つのオプションが不要であればすぐに解約しておくことでWiMAX業界最安値の月額料金でずっと使うことができるので大幅に節約ができます。

京条
2つのオプションをすぐに解約する方法は以下のページで詳しくまとめておきました。
【保存版】Broad WiMAXの初期費用無料のオプションを解約する方法手順まとめ(端末安心サポート・MyBroadサポート)

京条
さらに最新のWiMAXルーター端末が無料になるキャンペーンもやっているのでソフトバンクエアーを含めたどのWi-Fiよりもお得です。
タイトルとURLをコピーしました