Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事がお役に立ちましたらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(*^^*)

【必見】Broad WiMAXはグローバルIPが使えるWiMAX

Broad WiMAXは通常プライベートIPアドレスの割当ですが月額96円のグローバルIPアドレスオプションを使うことでグローバルIPアドレスを貰えます。

そのためBroad WiMAXではグローバルIPアドレスが使えます

ただし、固定グローバルIPアドレスではないのでルーターを再起動するとグローバルIPアドレスが変わりますのでDDNSなどを併用することで不自由なく使えるようになります。

ここではBroad WiMAXでグローバルIPアドレスを使う方法と手順、APN情報などを詳しくまとめました。

スポンサーリンク




Broad WiMAXはグローバルIPが貰える使えるWiMAX

Broad WiMAXに限らずすべてのWiMAXは通常はプライベートIPアドレスですが、Broad WiMAXにはグローバルIPアドレスのオプションがあり

月額96円のグローバルIPアドレスオプションを使うことでグローバルIPアドレスを貰えます

すべてのWiMAXにグローバルIPオプションがあるわけではなくあったとしてもオプション料金が高かったりするのでBroad WiMAXは月額料金自体も最安値なのでコストパフォーマンスが高い利便性の高いWiMAXです。

グローバルIPアドレスオプションがあるWiMAX

グローバルIPアドレスが使えるWiMAXプロバイダをすべて徹底的に電話もして調べましたがこの7社だけでした。

もちろんBroadWiMAXもグローバルIPアドレスオプションに対応しています。

グローバルIPアドレスが利用できるWiMAX一覧
  1. BroadWiMAX
  2. UQ WiMAX
  3. GMOとくとくBB WiMAX
  4. BIGLOBE WiMAX
  5. So-net モバイル WiMAX
  6. @nifty WiMAX
  7. DTI WiMAX

この7社の中では月額料金もグローバルIPアドレスオプションの料金もBroad WiMAXが最安です。

internal-link月額料金を2年間割引してくれるのは「Broad WiMAX」だけ

Broad WiMAXは月額96円のオプション契約が必要

Broad WiMAXに限らずグローバルIPアドレスオプションがある他のWiMAXでも同じですがグローバルIPが欲しい場合には月額96円のグローバルIPアドレスオプションが必要です。

公式サイトでは上記のように案内されています。

グローバルIPオプションは使った月だけ請求される

Broad WiMAXだけでなく他のWiMAXでも同じですが、グローバルIPアドレスオプションは使用した月だけ請求されます。

グローバルIPアドレスオプションの料金の請求
  • 1ヶ月単位で契約(オプション)
  • 利用した月だけ請求される

料金は日割り計算ではなく、契約しているプロバイダのマイページからグローバルIPアドレスオプションを契約することで契約できるので、

グローバルIPアドレスが必要な月だけで契約できるようになっています。

グローバルIPオプションの事前申し込みは不要

Broad WiMAXのグローバルIPアドレスオプションは事前申し込みが不要です。

Broad WiMAXのグローバルIPアドレスオプションの申し込み
  • 事前申し込み不要
  • マイページから必要な月だけ契約する

必要になったらマイページからオプションを追加することですぐにグローバルIPアドレスが使えるようになります。

Broad WiMAXでグローバルIPアドレスを使用する5つのメリット

Broad WiMAXでグローバルIPアドレスオプションを使ってグローバルIPアドレスを使用したときには下記の5つのメリットがあります。

グローバルIPアドレスを使う5つのメリット
  1. 外部からネットワークカメラにアクセスできる
  2. 自宅サーバーを公開できる
  3. 自宅のパソコンにリモート接続できる
  4. 自宅のファイルサーバーにアクセスできる
  5. グローバルIPアドレスが必要なゲームが使える

通常、WiMAXはプライベートIPアドレスが割り当てられるので外部からアクセスすることはできませんが、グローバルIPアドレスを使用すると日本中のどもからでも、海外からでも自宅のカメラやサーバーやパソコンにアクセスできるようになります。

Broad WiMAXでグローバルIPアドレスを使うときの3つの注意点

Broad WiMAXでグローバルIPアドレスオプションを使ってグローバルIPアドレスを使用する場合には下記の3つの注意点があります。

1.グローバルIPの割当は固定IPアドレスではない

Broad WiMAXに限らずすべてのWiMAXでグローバルIPアドレスオプションを使ってグローバルIPアドレスを割り当てられた場合は、そのグローバルIPアドレスは固定のIPアドレスではありません。

たとえば、ルーターを再起動したり数時間で自動的にグローバルIPアドレスは自動的に変わります。

2.ルーターを再起動するとグローバルIPアドレスは変わる

Broad WiMAXに限らずすべてのWiMAXでグローバルIPアドレスオプションを使ってグローバルIPアドレスを割り当てられた場合は、

WiMAXルーターを再起動したり一度圏外になって電波が復帰した場合などはIPアドレスが変わります。

IPアドレスが変わるということは、グローバルIPアドレスに直接アクセスしているといきなり接続できなくなるので注意が必要です。

3.グローバルIPアドレスオプション料金は2ヶ月後に請求される

Broad WiMAXのグローバルIPアドレスオプションは利用した次の翌月ではなく翌々月に請求されます。

たとえば、9月にグローバルIPアドレスオプションを利用した場合は利用料金の請求は2ヶ月後の11ヶ月になります。

Broad WiMAXでグローバルIPアドレスを使用する時のAPN設定内容と設定方法

Broad WIMAXでグローバルIPアドレスオプションを使用するときにはWiMAXルーターにログインして下記のプロファイル(APN)を設定する必要があります。

Broad WIMAXでグローバルIPアドレスオプションを使用する方法手順
  1. パソコン(PC)やスマホ、タブレットなどのブラウザを開く
  2. http://192.168.100.1またはhttp://192.168.179.1のアドレスを入力して開く
  3. 設定ページログインする(ユーザー名:admin, パスワード: IMEI番号の下5桁の数字)
  4. プロファイルの設定を開く
  5. プロファイルの設定画面の「新規」ボタンを押す
  6. 下記のプロファイル(APN)を設定する
  7. 「保存」ボタンを押して設定を保存する
  8. 作成したプロファイルを選択する
  9. 完了
プロファイル名(任意)globalip
APN(接続先情報)wx2.uqwimax.jp
ユーザ名global@wx2.uqwimax.jp
パスワード0000
認証タイプCHAP
IPタイプIPv4

ブラウザで入力するアドレスがどちらかわからない場合は、両方試してみたらどちらか片方繋がります。

京条

APNがwx2.uqwimax.jpになっている理由は、Broad WiMAXはUQ WiMAXの回線や設備を借りて運営しているWiMAXだからです。

internal-link【比較検証】WiMAXはどのプロバイダもエリアや電波は全く同じ

internal-linkUQ WiMAXとBroad WiMAXは速度やエリアは同じ?知らないと損!Broad WiMAXの真実

DDNSを使えばWiMAXでグローバルIPを完璧に使える

Broad WiMAXに限らずすべてのWiMAXでグローバルIPアドレスオプションを使ってグローバルIPアドレスを割り当てられた場合は、WiMAXルーターを再起動したり一度圏外になって電波が復帰した場合などはIPアドレスが変わります。

そのため、IPアドレスが変わることで突然外部からアクセスできなくなったりします。

それを解決するには自動的に変更されたグローバルIPアドレスに対応できるダイナミックDNS(DDNS)を使うことで解決します。

無料で使える人気のダイナミックDNS(DDNS)は下記の3つです。

無料で使える人気のダイナミックDNS(DDNS)
  • 「ieServer」
  • 「mydns」
  • 「No-IP」

どれも無料で使えて簡単に使えるのでグーグルやヤフーなどで調べて使ってみてください。

Broad WIMAXのグローバルIPアドレスオプション+ダイナミックDNS(DDNS)でグローバルIPアドレスが必要なことはすべて完璧に利用できますよ。

京条

僕も使っていますが一度も不具合が起きたことがありません。

Broad WiMAXはau 4G LTEでもグローバルIPアドレス割当となる

Broad WiMAXのグローバルIPアドレスオプションは利用した場合は、au 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)で割り当てられるIPアドレスもグローバルIPアドレスになります。

そのためDDNSなどを併用することでau 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)でも不自由なく使えるようになります。

Broad WiMAXで割り当てられるIPアドレスはIPv6ではなくIPv4

Broad WiMAXのグローバルIPアドレスオプションで割り当てられるグローバルIPアドレスはIPv6ではなくIPv4になります。

IPv6のIPアドレスは16進数表記なのでわかりにくいですが、IPv4は最大値が255の10進数表記なのでわかりやすいのです。

比較項目IPv6IPv4
IPアドレスの数多い現実的にほぼ無限大あまり多くない
既に枯渇気味
アドレスの長さ128bit32bit
利用度の高さIPv4からの乗り換えが進んでいる主にこちらが利用されている
ブロードキャストなしあり
IPアドレスの割当手動、自動、DHCP

v6

手動、自動、DHCP

v4

アドレス表記16進数10進数
IPアドレス例2001:380:e01:a::1192.168.100.1

Broad WiMAXはグローバルIPアドレスが利用できる最安最速のWiMAX

Broad WiMAXはグローバルIPアドレスが利用できる月額料金が最安で通信速度がWiMAXで最速のWiMAXです。

グローバルIPアドレスの使用をフレッツ光などの光回線でやろうとしたら月額10000円以上の月額料金がかかります。

Broad WiMAXは無料のダイナミックDNS(DDNS)と組み合わせることで固定グローバルIPアドレスと同じように利用できますので自宅の固定回線として利用できるコストパフォーマンスがよいインターネット回線です。Broad WiMAXを選んでおけば間違いありません。

WiMAXは月額料金が一番安いプロバイダを選ぶ

WiMAXには多くのプロバイダが存在しますが、速度やエリア、通信速度制限の内容、繋がりやすさなどは全く同じです。

そのため料金が安いWiMAXプロバイダを選ぶのが損をしないとだけ覚えおきましょう。

WiMAXプロバイダは全部で20社以上あり、その中でもBroad WiMAXの月額料金は最安です。どのWiMAXプロバイダもUQ WiMAXの電波は回線、設備を使っているのでエリアや通信速度や電波の入り具合などは全く同じです。

プロバイダ名月額利用料(~24ヶ月目)
Broad WiMAX(ブロード ワイマックス)

※WiMAX業界最安値の月額料金

3,411円
(2か月間は2,726円)
UQ WiMAX4,380円
(3か月間は3,696円)
GMOとくとくBB4,263円
(2か月間は3,609円)
BIGLOBE(ビッグローブ)4,380円
(2か月間は3,695円)
PEPABO WiMAX(ペパボ ワイマックス)3,609円
(2年間料金はそのまま)
So-net WiMAX4,379円

(1〜36ヶ月目まで同一料金)

@nifty(ニフティ)4,350円
(2か月間は3,670円)

Broad WiMAXはWiMAXで唯一月額料金を毎月600円割引してくれる最安のWiMAXプロバイダで、月額料金が最安なので損をすることなく使っているだけで何もしなくても節約ができます。

スポンサーリンク