当サイトはあなたのお役に立つために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

Broad WiMAXは現在位置の位置情報確認ができるWi-Fi

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)は位置情報が確認できるWi-Fiです。

Broad WiMAXのWi-FIルーターにWi-Fiで接続するとGPSを搭載していない端末でも位置情報を取得することができます

しかし、通常はGPSで位置情報を取得しますが、GPSを搭載していない端末をBroad WiMAXのWi-Fiルーターに接続した場合でも現在地を割り出す仕組みが搭載されています。

しかし注意点が一つありGPSほど正確ではなく20〜50Mほどの誤差が出ます。

GPSの場合は誤差1〜2M程度なのでかなり正確な位置がわかりますのでGPSが使える端末の場合はGPSを使うといいですし、GPS+Wi-Fiを同時に使うとさらに正確に位置がわかります。

スポンサーリンク




Broad WiMAXはGPSがなくても位置情報が確認できるWi-Fi

Broad WiMAXはBroad WiMAXのWi-Fiルーターに接続したスマホやゲーム機、パソコン(PC)などの端末にGPS(グローバル・ポジショニング・システム)機能がついていなくても位置情報を取得できる仕組みを持っています。

位置情報を確認する方法は実はGPSとWi-Fiの2つがあります。

位置情報を確認する方法
  • GPS(全地球測位システム Global Positioning System)
  • Wi-Fi(無線LAN ワイファイ)

位置情報を確認する方法はGPSが有名ですが、実はWi-Fi単体でも位置情報を確認できます

京条
GPSとWi-Fiでの位置情報の確認での違いは誤差です。

GPSを使った位置情報の確認を行った場合は誤差1〜2mでかなり正確に位置情報を確認できますが、Wi-Fiを使った位置情報の確認を行った場合は誤差20〜50mほどでGPSと比べると現在位置の正確度が落ちます。

GPSとWi-Fiでの位置情報の確認の誤差
  • GPSでの位置情報の誤差: 1〜2m程度
  • Wi-Fiでの位置情報の誤差: 20〜50m程度

誤差20〜50mほどの誤差は実際に歩いている道と1本横の道にいる事になっているようなくらいの誤差です。

京条
逆にGPSで位置情報を確認している時に誤差が多い時はWi-Fiをオンにすると正しい位置に修正されたりします

Wi-Fiで位置情報を確認できる仕組みとは

Wi-Fiを使って位置情報を確認する仕組みは、Googleやアップルがその場所に存在するWi-Fi(アクセスポイント)の情報を集めてその住所とWi-Fi情報を結びつけることで位置情報を割り出しています。

iPhoneやiPad、Androidスマホやタブレットが位置情報を確認する方法は3つありGPS、Wi-Fi、セルID(携帯電話の基地局のID)を使って位置情報を取得しています。

セルIDはdocomo、au、SoftBankなどのネットワークにスマホを繋げている基地局のIDです。このIDによっても現在位置を確認できます。

スマホやiPhoneなどが位置情報を確認する3つの方法
  • GPS
  • Wi-Fi
  • セルID(携帯電話の基地局のID)

また、Googleとアップルは周囲のWi-Fi(アクセスポイント)と住所の結びつけをベータベースとして保管しているのでGPSがなくてもWi-Fiをオンにするだけで周囲にあるWi-Fi(アクセスポイント)の情報から位置情報を取得できるというわけです。

Wi-Fi(アクセスポイント)の情報は自動的に収集されて蓄積されますが、自分のWi-Fiの情報をデータベースと登録されたくなかったらSSIDの最後に「_nomap」とつけることでデータベースに登録されなくなります。

京条
このような仕組みでGPS機能がない端末であっても位置情報の確認ができます。

Broad WiMAXのWi-Fiで位置情報を確認した時の問題点

Broad WiMAXのWi-FiルーターのWi-Fiで位置情報を確認した場合の問題点は1つだけで、

GPSほど位置情報の精度が正確ではないことです。

京条
これ以外にデメリットや問題点はありません。
しまりすさん
Broad WiMAXがあればGPSがついていない端末でもナビやマップが使えるから便利だね

GPS機能がある端末はGPSが優先して使われる

GPSとWi-Fiの両方がついているスマホやタブレット、パソコン(PC)などの端末の場合はGPSが優先して使われます。

GPS機能がオフになっていたりGPS機能が搭載されていない場合はWi-Fiで位置情報を取得します。

GPS機能がある端末でもBroad WiMAXに繋げると精度が向上する

GPS機能があるiPhoneやiPad、AndroidスマホやタブレットなどでもBroad WiMAXのWi-FiルーターにWi-Fiで接続すると現在位置の正確性(精度)が向上します。

特にお店がたくさんならぶ商店街や飲み屋街、屋内などではGPSだけでは現在位置が正確に取得できないことがあります。

その時にWi-FiをオンにするとGPS+Wi-Fiで位置情報を取得できるようになるのでより正確に現在位置を確認できるようになります。

まとめ: Broad WiMAXは位置情報確認ができるWi-Fi

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)は位置情報が確認できるWi-Fiです。

Broad WiMAXはGPSを搭載していない端末であっても位置情報を取得することができます。

ただし誤差はGPSと比べると大きいのでそれを知って使うことが大切です。

GPSとWi-Fiでの位置情報の確認の誤差
  • GPSでの位置情報の誤差: 1〜2m程度
  • Wi-Fiでの位置情報の誤差: 20〜50m程度

GPS機能があるiPhoneやiPad、AndroidスマホやタブレットなどでもBroad WiMAXのWi-FiルーターにWi-Fiで接続すると現在位置の正確性(精度)が向上します。

スポンサーリンク