Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

当サイトはあなたのお役に立つために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

Broad WiMAXは地下鉄や新幹線・電車内や高速でも使える?

Broad WiMAXは地下鉄や地下、新幹線内や高速道路の車内であってもWiMAX2+の電波が入って高速インターネットが利用できます。

ただし、地下鉄の場合は駅から駅の間の長い距離のトンネル内や新幹線のトンネル内では電波が一時的に途切れることがありますが基本的に電波は途切れること無く繋がり高速データ通信(インターネット)が利用できます。

しかし、Broad WiMAXはWiMAX2+の電波が届きにくい場所でauのLTEの電波を使ってハイスピードエリア通信に切り替えることで高速インターネットができる仕組みになっていますので電波を心配する必要はありません。

地下鉄や地下ではWiMAXが繋がらない、繋がりにくいと言われていたのは過去の話ではいまはほとんどの場所で繋がます

2019年現在、Broad WiMAXは地下で最も快適に利用できるWiMAXになっています。

Broad WiMAXは電波が整備されてほとんどの場所で繋がる

Broad WiMAXのWiMAX2+はUQ WiMAXの電波やアンテナ、設備やアンテナを借りて運用しています。そのため、通信エリアや通信速度、電波の入り具合はUQ WiMAXと全く同じです。

UQ WiMAXは全国各地のWiMAX2+の設備投資に膨大な投資をしていでよっぽどの山間部や人の住んでいない場所でない限りどこでも電波があって繋がるようになっています。

WiMAX2+は高速移動中でも電波をつかんで通信が技術が使われています。時速350キロで移動している状態でも高速大容量通信ができるようになっています。

そのためWiMAX2+の電波を使っているBroad WiMAXは高速道路上でも電車内でも新幹線内でも快適に高速インターネットが使えるのでなにも心配する必要はありません。

地下鉄のホームや構内にもWiMAXのアンテナは設置されていますし、地下のトンネル内にもWiMAXの電波が飛んでいますので走行中の車内でもWiMAXがつながります。

Broad WiMAXは地下鉄や地下でも繋がって快適にWiMAX2+の通信ができる

Broad WiMAXは基本的に地下や地下鉄でも基本的には電波が入って繋がるので快適に高速データ通信ができます。

地下鉄の駅や都営地下鉄や東京メトロなどの主要な地下鉄であればWiMAX2+の電波が整備されているので問題なく繋がります。

Broad WiMAXのWiMAXルーターはWiMAXとWiMAX2+の電波を掴んでインターネットを使うことができます。

ただし、地下鉄の駅から駅の間の長いトンネルでは一部電波が途切れることがありますが今後整備が進んで電波が途切れることもなくなると思われます。

WiMAX 2+がご利用いただける地下鉄・地下駅 最新情報

Broad WiMAXは地下鉄駅構内のホームにアンテナが設置されている

Broad WiMAXは地下鉄構内のホームにWiMAXのアンテナを設置しています。

そのため地下鉄の駅構内(ホーム)でWiMAXは快適に電波が入り高速インターネットが使えます。

Broad WiMAXは地下鉄の走行中でも快適に高速インターネットが使える

Broad WiMAXは地下鉄の走行中の車内でもインターネットを使うことができます

また、WiMAXアンテナは各駅に設置されていて、アンテナがトンネル方向にもつけられているため、走行中の電車内であってもWiMAXの電波を掴んで高速インターネットを使うことができます。

通信速度も東京メトロも都営地下鉄も遅くて10Mbps程度で、速い時で60Mbps程度速度が出ていました。駅に近いほど速度が速い感じです。

そのため走行中の地下鉄の車内であっても高画質なYoutube動画やニコニコ動画などを快適に視聴することができます。

Broad WiMAXは新幹線内でも繋がって快適にWiMAX2+の通信ができる

Broad WiMAXは新幹線のホームでも走行中の新幹線内でもWiMAX2+の電波が入るので通信することができます。

ほとんどの新幹線ではWiMAXが使えますが、北海道新幹線ではまた整備が進んでいません。

また、長いトンネルを通る時にWiMAXが切れることがあるので新幹線内では新幹線内のWiFiを使ったりスマホのテザリングを使うことでインターネットをしたほうが確実です。

トンネル内でない地上を走行中の場合は、新幹線内でもBroad WiMAXは問題なく利用できます。

Broad WiMAXのWiMAX2+は高速移動中でも電波をつかんで通信が技術が使われています。時速350キロで移動している状態でも高速大容量通信ができるようになっています。

Broad WiMAX電車内でも快適に繋がって快適にWiMAX2+の通信ができる

Broad WiMAXのWiMAX2+は地上を走っている電車内やホームでは提供エリア内であれば問題なく繋がります。

通信速度はとても高速で、遅い地域でも30Mbpsを下回ることはありません。

よっぽど郊外の場所や、長いトンネル内でなければ問題ない高速インターネットができます。

障害物や高速ビルの間を抜けるような場所は、通信が切れることはなくても速度低下をして5Mbpsくらいに一時的に遅くなることがあります。

Broad WiMAXは高速道路上でも繋がって快適にWiMAX2+の通信ができる

Broad WiMAXのWiMAX2+は高速道路上でも提供エリア内であれば問題なく繋がります。

東名高速道路や名神高速道路なども問題なく繋がりますが、新東名高速道路はまだ整備中のエリアのため、接続が切れることがあるようです。

そのため、利用者の方は東名高速道路の方を走行することでWiMAX2+の電波が切れることを回避しています。

https://twitter.com/csazukku/status/727071392601010178

Broad WiMAXはauのLTE電波を使って自動的に高速通信を継続する仕組みがある

Broad WiMAXのWiMAXはどのルーターもWiMAX2+の電波とauのLTE(ハイスピードプラスエリアモード)の電波を自動的に切り替えて通信を継続する仕組みに対応しています。

そのため、WiMAXの電波は入らなかったり不安定なエリアに入るとauのLTEで通信ができます。

ただし、auのLTE(ハイスピードプラスエリアモード)では制限あるでずっとauのLTE(ハイスピードプラスエリアモード)で通信するのはおすすめはできません。

  • auのLTE(ハイスピードプラスエリアモード)で7GB/月以上の通信をすると月末まで128Kbpsの速度制限がかかる(1日中)
  • auのLTE(ハイスピードプラスエリアモード)を使うと1005円/月の追加料金が発生する

Broad WiMAXのWiMAXでauのLTE(ハイスピードプラスエリアモード)を使用した場合はこの2つの制限があるのでWiMAXの電波が入らないエリアを移動する時だけ利用するのがいいでしょう。