Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

当サイトはあなたのお役に立つために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

【必見】ping値の遅いネット回線はBroad WiMAXで改善できる

ゲームをする時にはping値が高いとラグが発生したり回線が切断されたりますがping値が遅い回線のping値を下げて改善する方法はping値の良い回線やプロバイダに乗り換えるしか方法はありません

なぜならping値は回線の品質を示すものなので回線自体を変更しないと根本的な改善をして向上する事ができないからです。

光回線のping値が良いわけではなく、利用者の増加に対して回線の設備投資がされていないのでping値が100msを超えることがありゲームに必要とされる50msにはとても届かない場合が多々あります。

プロバイダによってはping値が遅い場合があるのでその場合は乗り換えるしか改善方法はありません

その場合の解説方法はping値の良いBroad WiMAXのWiMAX2+の回線に乗り換えることで実際に光回線を使ってる人が爆発的に乗り換えている回線です。

京条
なぜならコスパがナンバー1だからです。

Broad WiMAXは光回線の半額ほどの月額料金にも関わらずping値がどの時間帯でもあっても30msを下回ることなくゲームがオンラインゲームが快適にプレイできる品質があるからです。

光インターネット回線は速度が速くて安定と思われていますが、そうではありません。急増するユーザーにたいして設備投資が追いついていないためping値も悪く(ping値が高く)通信速度もかなり低い場合もあるのが現実です。

京条
光回線がping値が低く速度が速いと言っている人は一部の好条件に恵まれた人です。

ゲームを快適にするにはどれくらいのping値が必要?

では実際にゲームを遅延(ラグ)なく快適にプレイするにはどれくらいのping値が必要なのか気になるかと思います。

基本的には50ms以下であれば問題なくプレイできます。

50ms以上のping値の回線では遅延なくプレイすることは辛くなってきます。特にFPSなどのゲームの場合は遅延によっていつの間にか打たれているなどの現象も発生してきます。

【無料】ping値を改善してping値を下げる方法

ping値とはサーバーから返ってくるレスポンスの速さのことを示します。

ping値はmsで示されて何ミリ秒でレスポンスが返ってくるのかを計測することができます。もちろんping値が小さい方がレスポンスが速いと言うことになるので快適にゲームなどをプレイできます。

  1. 無線LAN(WiFi)ではなく有線LAN接続に変更する
  2. プロバイダと回線を変更する
  3. LANケーブルをカテゴリ6か7などの速いものに変更する
  4. LANケーブルの長さを短くする
  5. 古いルーターやハブを新しいものに買い換える
  6. 電波の弱い場所であれば無線の中継器を設置する
  7. ping値の良いBroad WiMAXに乗り換える

ping値の快適度の基準

  • 1ms~10ms: 超快適にプレイできる
  • 11ms~14ms:かなり速くて書いて快適にプレイできる
  • 15ms~29ms:速いので特に問題はでない
  • 30ms~49ms:普通。50ms以下であればまず問題はでない
  • 50ms~99ms:遅くてラグが発生していろいろな問題が発生する
  • 100ms~:かなり遅くて最悪回線が切断される

ping値が高いと起きる現象や問題

  • 通信が勝手に切断される
  • 画面がカクカクする
  • 画面が止まったり固まる
  • 当たり判定がズレる
  • 操作に対してキャラクターの動画が遅れる
  • コマンドを入力しても入らない
  • アイテムを使用してもすぐに反映されない

ping値の計測・ping値の測定方法

pingの測定方法は、ping値の計測サイトで有名なSPEEDTEST.NETを使います。

パソコンだけでなくスマホやiPhone、PS3やPS4、任天堂SwitchなどでSPEEDTESTのサイトを開いて「計測開始(BEGIN TEST)」ボタンを押すだけで簡単に計測できます。

この計測サイトは測定サーバーは日本各地にあり自動的に自分の住んでいる場所から一番近いサーバーを自動的に選択してくれます。

自分が計測に使いたいサーバーを手動で選ぶこともできるのでゲームのサーバーが大阪や福岡などにあれば手動で選択することもできます。

ping値の遅いネット回線はBroad WiMAXで改善できる

Broad WiMAXは月額3411円で使える月間データ使用量無制限の最大1200Mbps(1.2Gbps)のWiMAX2+インターネット回線です。

通信速度はどれだけ混み合う夜の時間帯であっても30Mbpsを下回ることがなくpingも20ms以下なのでかなり優秀な回線です。

光インターネット回線と比べると月額料金も半額以下なので自宅の固定インターネット回線と使っていたり、ゲーム用の回線として使っている人も多くいます。

また手のひらサイズのモバイル型のWiMAXルーターもあるので外出するときに簡単に持ち運ぶ事ができるので大変便利なっています。

Broad WiMAXはポケットWiFiやWiMAXの中で最安の月額料金

ポケットWiFiは各社から出ていますが、Broad WiMAXは他のポケットWiFiよりも月額料金が安いだけでなく速度制限も甘いので選ぶ人が爆発的に多くなっています。

Broad WiMAXの速度制限の内容は3日で10GB以上使った場合のみ18時〜朝2時まで1Mbpsに制限されるだけでそれ以外の時間は速度制限されません

月額3,411円で月間データ使用量無制限(ギガ容量無制限)で最初の3ヶ月間は2,726円で利用できるのがBroad WiMAXだけの最大のメリットです。

Broad WiMAXは月間の申し込み件数No.1と利用者満足度No.1の確かな実績があります。

各ポケットWiFiの比較

ポケットWiFi 月額料金 制限 制限時の速度
光回線 約8,000円 制限なし 制限なし
Broad WiMAX 約3,400円 3日で10GB 1Mbps(1000kbps)
Y!mobile 約4,000円
Yahoo!WiFi 約4,100円 3日で3GB 128Kbps
ドコモ 約6,400円 月5GB
約8,100円 月8GB

128kbpsの速度制限はYahoo!のトップページを開くだけでも20秒〜30秒程度待たされる速度で動画なんてとても見れない状態になるので128kbsの速度制限があるポケットWiFiは何をするにもストレスが溜まるのでおすすめできません。

各WiMAXプロバイダの月額料金の比較

WiMAXプロバイダは全部で20社以上あり料金が安い順に6社取り上げました。

その中でもBroad WiMAXの月額料金は最安です。

プロバイダ名 月額利用料(~24ヶ月目)
Broad WiMAX(ブロード ワイマックス)

※WiMAX業界最安値の月額料金

3,411円
(2か月間は2,726円)
UQ WiMAX 4,380円
(3か月間は3,696円)
GMOとくとくBB 4,263円
(2か月間は3,609円)
BIGLOBE(ビッグローブ) 4,380円
(2か月間は3,695円)
PEPABO WiMAX(ペパボ ワイマックス) 3,609円
(2年間料金はそのまま)
@nifty(ニフティ) 4,350円
(2か月間は3,670円)

今現在コスパ最強のネット回線はBroad WiMAXです。Broad WiMAXを選んでおけば失敗することはありません。