Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事がお役に立ちましたらシェアやリンクしていただけるとうれしいです(*^^*)

WiMAX2+でau 4G LTEを使った時の月間データ容量制限

WiMAX2+はau 4G LTEのハイスピードプラスエリアモードのLTEオプションがありますが月に7GB制限があります。

au 4G LTEのハイスピードプラスエリアモードを使った場合は7GB+WiMAX2+の月間データ容量無制限(3日で10日制限のみ)となるの?と疑問思っている方も多いと思います。

結論から先に書くと、WiMAX2+はau 4G LTEのハイスピードプラスエリアモードを使ってその月にWiMAX2+とau 4G LTEが合計で7GB以上のデータ通信をした場合は、

WiMAX2+も月間データ容量無制限が外れて月末まで24時間128kbpsの速度制限がされます

そのためau 4G LTEのハイスピードプラスエリアモードを使う場合はWiMAX2+も7GBの容量制限に注意する必要があります。

スポンサーリンク




WIMAX2+はau 4G LTEのハイスピードプラスエリアモードを使うと7GB制限になる

Broard WiMAXのプランの月間データ容量と制限
  • ギガ放題プラン: 月間データ容量の制限はなし
  • ライトプラン: 月間データ容量は7GBまで超えると月末まで128kbpsに速度制限
  • ハイスピードプラスエリアモード使用時: WiMAX2+とau 4G LTE合わせて月間データ容量は7GBまで超えると月末までWiMAX2+もau 4G LTEも128kbpsに速度制限

Broad WiMAXにかぎらず全てのWiMAXプロバイダのWiMAX2+でau 4G LTEのハイスピードプラスエリアモードを少しでも使った場合は、月間データ使用量無制限のギガ放題プランであってもWiMAX2+とau 4G LTE合わせて月間データ容量は7GBまでの制限になります。

また速度制限がかかった時の速度は月末まで24時間128kbpsとなり、au 4G LTEのハイスピードプラスエリアモードを使わなかった場合の1Mbpsと比べてかなり厳しいものとなります。

  • 月間のデータ通信量に上限がなく、通信速度制限(月間7GB超)が適用されません。ただし、LTEオプション対応機種の場合、ハイスピードプラスエリアモードで通信速度制限(月間7GB超)が適用された後は、ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信もその制限の対象となります。
  • ネットワーク混雑回避のため、前日までの直近3日間で「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信量の合計が10GB以上となった場合、「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信速度を翌日18時頃~翌々日2時頃にかけて制限します。

ソース:「UQ Flatツープラス ギガ放題」の速度制限について

au 4G LTEのハイスピードプラスエリアモードは1005円/月のオプション

WiMAX2+でau 4G LTEのハイスピードプラスエリアモードはオプション扱いとなっていて、少しでも使用すると1005円/月のLTEオプション料金が発生します。

これは通常のWiMAXの月額料金に1005円/月のLTEオプション料金が上乗せという形で請求されます。

ハイスピードプラスエリアモードを使わなかった月は1005円/月のLTEオプション料金は発生しないのでハイスピードプラスエリアモードが必要な時以外は使わないようにしましょう。

少しでもハイスピードプラスエリアモードを使うと1005円/月のLTEオプション料金がかかるのでほんの少しだけ必要な時があればスマホのテザリングを使用するのが賢い選択です。

au 4G LTEのハイスピードプラスエリアモードには勝手には切り替わらない

WiMAX2+でau 4G LTEのハイスピードプラスエリアモードはオプション扱いで少しでも使用すると1005円/月のLTEオプションの追加料金が発生することを説明しましたが、

実は勝手にハイスピードプラスエリアモードには切り替わることは無いので心配する必要はありません

WiMAX2+でau 4G LTEのハイスピードプラスエリアモードを使う時は、WiMAXルーターの設定画面を進んで、手動で「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えない限り勝手に通信モードが切り替わることはありません。

また、切り替えようとした時には下記のような注意画面がポップアップが表示されて「OK」ボタンを押さない限り切り替わることは無いので心配しなくて大丈夫です。

ハイスピードプラスエリアモード切り替え時の警告表示

ハイスピードプラスエリアモードに切り替えると追加料金が発生します。
詳細はご契約の料金プランをご確認下さい。
よろしいですか?

[キャンセル] [OK]

WiMAXの電波がない場所に入っても勝手に通信モードは切り替わらない

またWiMAX2+の電波はないエリアに入った時も勝手にau 4G LTEのハイスピードプラスエリアモードに自動で切り替わることも無いので安心してください。

必ず手動でau 4G LTEのハイスピードプラスエリアモードに切り替えないと使えないようになっているので

勝手にau 4G LTEで通信をして1005円/月のLTEオプションの追加料金が発生が発生することはありません

ハイスピードプラスエリアモードは必要な時だけ使う

WiMAX2+はハイスピードプラスエリアモードに切り替えて少しでも使用するとその月は、1005円/月のLTEオプション料金が発生してしまうので本当に必要な月だけハイスピードプラスエリアモードに切り替えて使うようにするのが賢い使い方です。

Broard WiMAXのプランの月間データ容量と制限
  • ギガ放題プラン: 月間データ容量の制限はなし
  • ライトプラン: 月間データ容量は7GBまで超えると月末まで128kbpsに速度制限
  • ハイスピードプラスエリアモード使用時: WiMAX2+とau 4G LTE合わせて月間データ容量は7GBまで超えると月末までWiMAX2+もau 4G LTEも128kbpsに速度制限

WiMAX2+はau 4G LTEのハイスピードプラスエリアモードを使ってその月にWiMAX2+とau 4G LTEが合計で7GB以上のデータ通信をした場合は、

WiMAX2+も月間データ容量無制限が外れて月末まで128kbpsの速度制限がされる。

ということだけ覚えておけばWiMAX2+はとても快適なので思いっきり高速なインターネット回線で動画やネットを楽しめますよ。

WiMAX2+でも月額料金とトータルコストが最安になるBroad WiMAXが人気です。

スポンサーリンク