Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

WiMAXはプロバイダによって通信速度やエリア電波の状況が違う?

WiMAXのプロバイダはUQ WiMAXをはじめ20社以上のプロバイダがありますが、プロバイダによって通信速度やエリア、電波の入りやすさ、速度制限や速度制限、繋がりやすさが違う?と思っているかもしれません。

結論を先に書くと、WiMAXはプロバイダで通信速度やエリア、電波の入りやすさ、速度制限や速度制限、繋がりやすさは変わりません。同じです。

その理由は、すべてのWiMAXはプロバイダはUQ WiMAXから電波と回線を借りて運用している代理店なので使っている回線や電波が同じだからです。

そのためどのWiMAXプロバイダ選んでも品質は同じです。月額料金や初期費用、トータルコストやWiMAXルーター端末代が安いまたは無料のWiMAXプロバイダを選択すればお得になります。

WiMAXはプロバイダによって通信速度やエリア、電波や通信制限や速度制限の内容は同じ

結論を先に書くと、WiMAXはどのWiMAXプロバイダを選んでも通信速度やエリア、電波の入りやすさ、速度制限や速度制限、繋がりやすさ、ルーターの性能(良し悪し)は同じです。

月額料金が高いからと言って通信品質がいいわけでもなく、月額料金が安いからと言って通信品質やエリア、電波が悪いわけではありません。

京条
WiMAXプロバイダはどの会社を選んでも品質は同じです。

料金体制やWiMAXルーターの値段、初期費用やオプションはWiMAXプロバイダごとに異なる

しかし、月額料金やキャンペーン、違約金や解約金、初期費用、WiMAXルーターの端末の値段、キャンペーン、端末の配送日数などは異なります。

そのため当たり前のことですが、月額料金とトータルコストが安くて違約金や解約金や初期費用が安くて、WiMAXルーターの端末代が無料またはできるだけ安いプロバイダを選ぶのが得です。

Broad WiMAXはすべてのWiMAXプロバイダの中で一番メリットが多い

WiMAXのプロバイダはUQ WiMAXをはじめ20社以上のプロバイダがあることを説明しましたが、すべてのWiMAXプロバイダの中で「Broad WiMAX(ブロードワイマックス)」が一覧メリットが多いです。

Broad WiMAXは月額料金が業界最安値で大人気のWiMAX2+サービスプロバイダになります。

Broad WiMAXが爆発的に選ばれている理由は下記になります。

Broard WiMAXがWiMAXプロバイダの中で選ばれている理由
  1. 月額料金がすべてのWiMAXプロバイダの中で最安値
  2. 月額料金を契約から2年あいだ毎月600円値引きしてくれる
  3. 初期費用無料キャンペーンを適用させると初期費用が無料になる
  4. 最新のWiMAXルーター端末が無料(0円)でルーター代がかからない
  5. 25ヶ月目の契約更新月に解約すると解約料や違約金ゼロで解約できる
  6. 解約時にWiMAXルーター端末やSIMカードを返却する必要がない
  7. Broad WiMAXは契約後8日以内であれば違約金なしで契約キャンセルが可能
  8. ご満足保障があるのでサービスに満足できなかったら解約違約金で他の回線に乗り換えることができる
  9. 通信制限(速度制限)が緩く使いすぎても快適に使える

このようにBroad WiMAXは他のWiMAXプロバイダと比べてメリットが多く契約しやすく解約もし易い利用者のとを考えてくれているWiMAXプロバイダなのです。

全てのWiMAXプロバイダはUQ WiMAXの設備を使用

Broad WiMAXを含めすべてのWiMAXプロバイダはUQ WiMAXの回線や電波、設備を使ってサービスを運用しています。

そのためどのWiMAXプロバイダを契約しても通信速度やエリア、電波の入りやすさ、速度制限や速度制限、繋がりやすさは同じです。

実際にBroad WiMAXのロゴを見てみると下に「powerd by UQ WiMAX」と記載されています。これはBroad WiMAXはUQ WiMAXの設備を使っていますよ。ということを示しています。そのためUQ WiMAXは「本家本元」の会社と言われていたりします。

WiMAXルーターの端末の性能や良し悪しもどのWiMAXプロバイダで購入したものであっても同じです。

UQ WiMAXはMNO(移動体通信事業者)と言われて、自分の会社で通信設備を持っている会社です。携帯電話会社に例えるとdocomoやau、ソフトバンクが自社で通信設備を持っている会社になります。

Broad WiMAXはUQ WiMAXの電波や通信設備を借りて運用しているMVNO(仮想移動体通信事業者)です。

例えば最近は格安SIMというのをよくCMや新聞などで見かけたりしますがこれはdocomoやau、ソフトバンクのMNO(移動体通信事業者)から回線を借りて安い月額料金で音声通話やデータ通信(インターネット)のサービスを提供しているのと同じです。

具体的にはLINEモバイルやmineo、OCNモバイルONEやIIJmioなどがMVNO(仮想移動体通信事業者)に当たります。

 比較項目 UQWiMAX BroadWiMAX
プラン名称 ツープラスギガ放題 ギガ放題プラン
端末代金 2800円〜 無料
事務手数料 3000円 3000円
月額(〜3か月) 3696円 2856円
月額(4か月〜) 4380円 3541円
2年間合計 96069円 85929円

本家本元のUQ WiMAXを選ぶメリットはある?

UQ WiMAXは本家本元のWiMAXプロバイダなので、通信速度が速かったり、安定していたり、電波の入りがよかったり、エリアが広かったりするというイメージを持っている人が多いですが、

これは全くの間違いで、本家本元のUQ WiMAXとBroad WiMAXなどの他のWiMAXプロバイダは通信速度やエリア、電波の入りやすさ、速度制限や速度制限、繋がりやすさ、ルーターの性能(良し悪し)は同じです。

京条
正直に言うとUQ WiMAXを選ぶメリットはありません

月額料金はBroad WiMAXよりも高いですし、最新機種を選ぼうとすると端末代がかかります(Broad WiMAXは最新端末も0円)

キャッシュバックもUQ WiMAXは3000円分の商品券だけという内容なのでお得度もとても低く他のWiMAXプロバイダに負けています。

ユーザー満足度ナンバー1のBroad WiMAXを選ぶのがベストの方法です。

タイトルとURLをコピーしました