Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

当サイトはあなたのお役に立つために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

【必見】光回線が開通していないエリアでもWiMAXは利用できる

フレッツ光などの光インターネット回線が開通していない場所やエリアに引っ越した場合でもBroad WiMAXのWiMAX2+ルーターであればエリア内であることがほとんどで高速インターネットが利用できます

京条
対応エリア内かはここで紹介している方法で簡単に調べることができます。

7GB制限なしの容量無制限の使い放題の440Mpsのインターネット回線なので快適に利用できます。

Broad WiMAXのWiMAX2+ルーターはiPhoneやiPad、Androidスマホやタブレット、パソコン(PC)などを同時に10台までインターネットに接続できるので通信費の大幅な節約にもなります。

光回線が開通していないエリアでもWiMAXはほとんどエリア内

Broad WiMAXのWiMAX2+はWiMAXの人口カバー率が99%でau 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)に人口カバー率は100%なので繋がらない場所を探すのが難しいほどどこでも繋がります。

自動的にau 4G LTEの電波に切り替えはされないので手動切り替えは必要ですが、au 4G LTEの電波はスマホやiPhoneなどの携帯が使っている電波を使うので人口カバー率100%のau 4G LTEの電波が繋がらない場所はありません

光回線の東日本と西日本のエリア内かの確認方法

光回線も利用可能エリアがあって日本全国どこでもつかえるわけではありません。

光回線のエリアは下記のサイトから確認することができます。

WiMAXの対応エリア内かを確認する簡単な方法と手順

Broad WiMAXはWiMAXとWiMAX2+とau 4G LTEの3つの電波が使えます。

実際にWiMAXとWiMAX2+、au 4G LTEのエリアマップで電波がある地域が地図で確認出来るようになっているので確かめてみて下さい。

 比較項目 WiMAX WiMAX2+
エリア WiMAXのみ WiMAX

WiMAX2+

au 4G LTE

速度 下り最大 13.3Mbps

上り最大 15.4Mbps

下り最大 1200Mbps(1.2Gbps)

上り最大 10Mbps

地域 日本全国 日本全国
エリア 全国の90%以上をカバー 都市部中心に拡大

全国の99.9%をカバー

ポケットWiFiよりエリアが広い

エリアマップ WiMAXのエリアマップ WiMAX2+のエリアマップ

WiMAXルーターはWiMAXとWiMAX2+の2つの電波とau 4G LTEの電波の合計3つの電波を使ってインターネットに接続できます。

京条
WiMAX2+またはWiMAXのエリア内であれば基本的に高速インターネットが使えます。

au 4G LTEはWiMAX2+とWiMAXの電波が無いエリアで使える電波でWiMAXの電波がある場所だと基本的には使いません。

Broad WiMAXのWiMAXルーターはWiMAXとWiMAX2+の電波は自動切り替えされるので手動で切り替える必要はありません。

Broad WiMAXのサービスエリアを地図から確認する方法

Broad WiMAXのエリアは上記のエリアマップのリンク先から確認することができます。

下の画像はWiMAX2+のエリアを確認している時のマップですが、色がついているエリアはWiMAX2+の電波があることを占めしていて使えます。

東京都や千葉県、神奈川県は人が住んでいるエリアはWiMAX2+はどの場所であっても利用できます。

「LTE」のボタンを押すとau 4G LTEのハイスピードエリアプラスモードの電波がある場所がわかります。

au 4G LTEの電波はauのスマホやiPhoneが使っている電波と同じ電波を使用しているのでauの携帯電話が使える場所であればBroad WiMAXのWiMAXルーターは高速インターネットが使えます

WiMAXはどのプロバイダでもエリアや速度、ルーターの性能は同じ

WiMAXプロバイダはどのプロバイダを選んでもエリアや電波は全く同じです。

すべてのプロバイダはUQ WiMAXの代理店なので使っている電波やアンテナ、WiMAXルーターもすべてUQ WiMAXのものなのでプロバイダが違っても変わりません

そのため数あるWiMAXプロバイダの中では料金が安いBroad WiMAXが一番選ばれています。

【比較検証】WiMAXはどのプロバイダもエリアや電波は全く同じ

異なるのは月額料金や初期費用、WiMAXルーター端末の価格、解約時の違約金です。

理由は、Broad WiMAXを含む全てのWiMAXプロバイダはBroad WiMAXの代理店だからです。使っている回線やアンテナ、設備やWiMAXルーター端末はUQ WiMAXのものを使っているので全く差はありません。

「Broard WiMAX」と「他のWiMAX」の性能の違い
  • 通信エリア: Broad WiMAXも他のWiMAXも同じ
  • 通信速度: Broad WiMAXも他のWiMAXも同じ
  • 電波の入り具合: Broad WiMAXも他のWiMAXも同じ
  • WiMAXルーターの性能: Broad WiMAXも他のWiMAXも同じ
  • 通信速度制限の内容: Broad WiMAXも他のWiMAXも同じ
  • 月額料金: Broad WiMAXと他のWiMAXで異なる
  • WiMAXルーター代金: Broad WiMAXと他のWiMAXで異なる
  • 解約手数料や違約金: Broad WiMAXと他のWiMAXで異なる

そのため、全てのポケットWiFiやWiMAXで最安の月額料金が最安のBroad WiMAXがWiMAXの中で一番選ばれているのです。

Broad WiMAXは回線工事や開通手続きが不要で即日で使える最短利用可能のネット回線

「Broad WiMAX」は即日配送で最短で即日利用開始ができる唯一のWiMAXプロバイダです。即日発送で、最短で翌日からすぐに使えます。

光回線の場合は回線工事や回線開通作業などもあるので申し込みをしてから最短でも1ヶ月程度かかりますがBroad WiMAXはすぐにインターネットが利用できるようになっています。

そのため、ひとり暮らしの方や引っ越しをした人、光回線のインターネットが高いと思っている人に爆発的に選ばれています。

Broad WiMAXは、すべてのWiMAXプロバイダの中で申し込みから使用できるまでの時間が最短で「Broad WiMAXの公式サイトの専用申し込みページ」から申込みをしたら即日発送してくれます。

【即日発送】即日ですぐに使えるWiMAXは「Broad MAX」だけ

WiMAXは月額料金が一番安いBroad WiMAXを選ぶのが損をしない

WiMAXプロバイダは多くありますが、2019年現在一番性能が高くてコスパがいいWiMAXはBroad WiMAXです。

Broad WiMAXはどのWiMAXプロバイダと比べても月額料金最安値で解約金や違約金なし、初期費用無料、通信速度は最速クラス、端末代0円で自分が好きな端末を選べるという好条件のWiMAXプロバイダで「はじめてのWiMAX=Broad WiMAX」というほど選ばれています

Broad WiMAXは月額料金最安の安さでも高性能で、他のWiMAXプロバイダに劣っている部分はありません

Broad WiMAXは月額料金も2年間のトータルコストも最安なので、インターネット回線に詳しい人だけでなくはじめてのWiMAXを契約する人にも爆発的に選ばれているコストパフォーマンスNo.1のWiMAXプロバイダです。

各WiMAXプロバイダの月額料金の比較

プロバイダ名 月額利用料(~24ヶ月目)
Broad WiMAX(ブロード ワイマックス)

※WiMAX業界最安値の月額料金

3,411円
(2か月間は2,726円)
UQ WiMAX 4,380円
(3か月間は3,696円)
GMOとくとくBB 4,263円
(2か月間は3,609円)
BIGLOBE(ビッグローブ) 4,380円
(2か月間は3,695円)
PEPABO WiMAX(ペパボ ワイマックス) 3,609円
(2年間料金はそのまま)
@nifty(ニフティ) 4,350円
(2か月間は3,670円)

WiMAXプロバイダは全部で20社以上あり月額料金が安いメジャーなプロバイダを6社取り上げました。その中でもBroad WiMAXの月額料金は最安です。

京条
しかも期間限定で今だけ初期費用無料キャンペーンをやっているのでさらにお得に高速インターネット回線を持つことができます。