Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

当サイトはあなたのお役に立つために作成したサイトです。ご自由にシェアください^^

【必見】WiMAXはSIMを挿し替えて他のルーターでも使える?

WiMAXルーターを水没させてしまった、壊れてしまった場合にWiMAXルーターを中古などで購入しやWiMAXルーターに壊れたWiMAXルーターからSIMカードだけで抜いて差し替えればそのまま使うことができます

また端末を紛失したり盗難されたときでもBroad WiMAXの乗り換え特典を使うことで無料で最新のWiMAXルーター端末に乗りかえる方法があります。

ただし、中古で購入したルーターが古いWiMAXルーターだとWiMAX2+に対応していないので、WiMAX2+に対応しているものであることが重要です。

またau 4G LTEのハイスピードエリアモードを使い場合もWiMAXルーターがau 4G LTEのハイスピードエリアモードに対応している端末でないと利用できません。

スポンサーリンク




WiMAXはSIMを挿し替えて他のルーターでも使える

Broad WiMAXに限らずすべてのWiMAXプロバイダのWiMAXルーターはSIMカードに個人の契約情報が記録されているでもし故障や破損、水没などで使えなくなった場合でも、

中古で購入したWiMAXルーターや機種変更などをして使っていないWiMAXルーターにSIMカードを差し替えることでWiMAX2+のインターネットを使うことができます。

「な、なんてエコな使い方なんだ・・・・。」

どのWiMAXプロバイダで契約していたWiMAXルーターであっても関係なくSIMカードを挿入するだけで使用することができます

WiMAXルーターはヤフオクやメルカリなどでたくさん出品されているので適当に状態の良いものを探して購入すればいいです。ただしあまりに古いWiMAXルーターはWiMAX2+の通信方式に対応してないのでWiMAX2+に対応している機種を選択してください。

WiMAXルーターは3つの通信モードに対応

WiMAXルーターはWiMAXのノーリミットモードとWiMAX2+とWiMAXの自動切り替えに対応しているハイスピードモード、au 4G LTEのハイスピードエリアモードの3つのモードに対応しています。

しかし古いルーターはWiMAX2+やハイスピードモードエリアのLTEに対応していないルーターもあるので、購入する時はそのWiMAXルーターがWiMAX2+やLTEに対応しているか確認してから購入してください。

対応してる通信モードはWiMAXルーターによって異なる

現在WiMAXを新規で契約した場合はすべてのWiMAXルーターがWiMAX2+に対応していますが、au 4G LTEに対応していない機種もあります。

たとえばWX03はWiMAX2+には対応していますがau 4G LTEのハイスピードエリアモードには対応していません。

そのためWiMAX2+の電波のないエリアに住んでいたり出張などでWiMAX2+の電波のないエリアに行く場合はau 4G LTEのハイスピードエリアモードに対応しているWiMAXルーターを選んでおきましょう。

他社のWiMAXルーターから違約金無料の0円で最新のWiMAXルーターをもらう裏技

Broad WiMAX以外のWiMAXルーターを使っていてWiMAXルーターが故障したり破損したり水没して使えなくなった場合は、1つだけタダで最新のWiMAXルーターを貰う方法(裏技)があります。

その方法は、Broad WiMAXがやっている「Broad WiMAXの乗り換え特典」を使って現在契約中のWiMAXプロバイダの違約金を負担してもらう方法です。

WiMAXは契約更新月以外に解約すると、違約金として19000円〜9500円もとられます。できれば負担したくない・・ですよね

しかし、WiMAXルーターを紛失したり盗難された場合でも無料で解約して最新機種にする裏技が1つだけあります。

結論を先に書くと、Broad WiMAXの「ご満足保証」という他社の解約金や違約金を負担してくれる制度を使って解約金や違約金を0円にしてWiMAXプロバイダのBroad WiMAXに乗り換えるという方法です。

WiMAXの解約金や違約金を負担してくれるのはWiMAXプロバイダはBroad WiMAX以外にはありません

WiMAXルーターが紛失や故障・盗難時に無料で解約して最新機種にする方法裏技まとめ

Broad WiMAXは他社から乗りかる場合は他社の違約金を全額負担してくれるだけでなく、最新のWiMAXルーターを無料で提供してくれます。

internal-linkBroad WiMAXの「ご満足保障」は解約金が0円に!詳細と注意点と使い方や方法手順まとめ

Broard WiMAXに乗り換えるメリット
  1. 現在契約中の解約金や違約金を全額負担してくれる
  2. Broad WiMAXの初期費用もBroad WiMAXが負担してくれるので無料(0円)
  3. 自分が使いたい最新の端末を無料(0円)で選べる
  4. Broad WiMAXは月額料金がWiMAXプロバイダの中で最安値(トータルコストで)
  5. Broad WiMAXは契約更新月に解約すると解約金や違約金が0円(無料)
  6. Broad WiMAXは解約時にWiMAXルーター端末やSIMカードを返却する必要がない
  7. Broad WiMAXを契約するとWiMAXルーター端末を即日配送してくれるのですぐに使える
  8. Broad WiMAXはUQ WiMAXの設備や電波やアンテナを借りているのでWiMAX最速の速度

>>Broad WiMAXに違約金を負担してもらって乗り換える

今だけ!Broad WiMAXは初期費用無料キャンペーンを実施中

このように「Broad WiMAX」は端末の紛失や盗難時も利用者に優しい対応をしてくれる会社です。

すべてのWiMAXプロバイダの中で「Broad WiMAX」が月額料金最安値で解約金も違約金もかからない爆発的に選ばているWiMAXですが、通常は初期費用が18,857円(税抜)かかります。

しかし、現在は初期費用無料キャンペーンを実施していて「クレジットカードで決済」「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入する」の3つすべてを満たした場合は「Broad WiMAX」の初期費用を無料(0円)にすることができます。

「Broard WiMAX」は他のWiMAXプロバイダと同じで初期費用がかかります。

しかし、「Broard WiMAX」は契約時に下記の条件を満たせば初期費用が無料になります。初期費用が無料になっているかどうかは申し込みを確定する前の料金明細でわかるので確実に初期費用を無料にして申し込みができます。

「Broard WiMAX」の初期費用を無料にする3つの条件
  1. Broad WiMAXの公式ウェブサイトから申し込み契約をしていること
  2. クレジットカードで決済していること
  3. 契約時に「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入すること ※端末が届いたらすぐにでも解約することが可能

Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーンを適用し18,857円の割引を受けるためには安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円)の2つのオプションを契約する必要があります。

この2つのオプションは端末が届いたら解約することができるのですぐに解約しておけば月額料金最安値でずっと高速WiMAXインターネットが使えます。不要であればすぐに解約しておくことでWiMAX業界最安値の月額料金でずっと使うことができるので大幅に節約ができます。

internal-link【保存版】Broad WiMAXの初期費用無料のオプションを解約する方法手順まとめ(端末安心サポート・MyBroadサポート)

どのWiMAXを選んだらいいのか迷っていたら月額料金最安で解約時も解約手数料や違約金が発生しないBroad WiMAXを選んでおけば間違いありません。現状ベストな選択です。

スポンサーリンク